ひえとりソックスお店 utatane

くつしたの重ね履きで温かくナチュラルな暮らしへ

Utataneの電話番号

冷えとり靴下/天然繊維/シルク 人気冷えとりソックス通販専門店


冷えとり関連の記事

冷えとり専門店のutataneのレギンスを履いて足を温めよう



こんにちは。
冷えとりソックスのお店Utatane高橋です。


足の冷えにお困りではありませんか?足先が冷えて痛い、ジンジンする、なんだか頭も痛いし、生理のときは体調が優れないなど 女性は特に悩みがたくさんあると思います。


調子のいい日は月に何日あるのか・・・・数日ですよね。今回は、そのような足の冷えに悩み、 冷えとり健康法を実践している方に読んでいただきたい内容です。


冷えを軽減する方法には半身浴や適度な運動、保温性のある靴下などさまざまありますが、 その1つに「utataneの冷えとりレギンス」というアイテムがあります。こちらは冷えとり靴下と合わせて是非履いて頂きたい商品です。


これからその「utatane冷えとりレギンス」について解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。


※冷えとり健康法は半身浴+冷えとり靴下重ね履きが基本ですのでシルクレギンスはあくまでプラスアルファ―のアイテムのご紹介となります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


体の仕組み



「utatane冷えとりレギンス」の効果を解説する前に、まずは体の仕組みを学んでおきましょう。 体の仕組みを理解しておくことで、足の冷えの原因や「utatane冷えとりレギンス」への理解も深まります。


足の血液の流れや役割について



日常生活において足は非常に大切な役割を担っており、人間は毎日足を使って立ったり座ったり、歩いたり走ったりしています。


よく使われる足だからこそ、その分血液が必要です。心臓はいつもポンプのように動いており、温かい血液を足へと送り込んでいます。 この血液には酸素や栄養がたっぷりと含まれており、足はそれをエネルギーとして使っているのです。


心臓から届く血液があるからこそ、足を動かすことができ、結果的に足は温かい状態になります。足に届いた血液は心臓まで戻らなければなりません。


足の血液を心臓に戻す役割は、第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが果たしてます。 ふくらはぎの筋肉が収縮することで筋肉がポンプのようになり、足の血液を心臓へと戻してくれますので ふくらはぎは足の血行に欠かせない存在なのです。




リンパの流れや役割について



足には血管のようにリンパがたくさんあります。リンパとは、毒素や老廃物の除去、免疫の役割を担う管のような器官です。 簡単に言い換えるならば、足のお掃除屋さんとも言えます。


両足のリンパ系はつま先から足を上がっていき、股関節を通りすぎてお腹で1つの管となります。 そしてまたお腹を上がっていき、左静脈角と呼ばれる場所へ行きつきます。左静脈角とは首のつけ根の左辺りの所で、リンパはそこで毒素を排出します。


このリンパ系のおかげで足の毒素が排出され、健康な状態を保つことができています。



足が冷えるとなぜいけないのか?



では、足が冷えるとなぜいけないのでしょうか?足が冷えている状態というのは、心臓が温かい血液を足まで送り出せておらず、 血流が滞っている状態といえます。


血行が悪いと足先が冷え、ジンジンするような感覚が生じます。また、血行が悪いとリンパの流れも悪くなります。 リンパは毒素の排出や免疫に関わるので、リンパの流れが鈍くなると足先が痛くなったり、 頭痛や生理痛が悪化したりするなど全身的な体調不良の原因にもなります。


このように、足の冷えはさまざまな体調不良の原因となるのです。



冷えとりレギンスの効果



 

足の冷えは万病の元だということがわかりました。そこで当店で冷えとり靴下とともにお勧めしているのが、「utatane冷えとりレギンス」です。 なぜ「utatane冷えとりレギンス」が足の冷えに効果があるのかというと冷えとり靴下重ね履き併用することで高い保温性があるからです。


「utatane冷えとりレギンス」は天然シルク100%でできており、足首から下腹部までを優しく覆ってくれます。 刺激の少ない薄手素材となっており、足首のところに若干フィット感があるためオールシーズン重ね履きできます。


ズボンの下に重ね履きすることで空気の層ができ、じんわりと足を温めてくれます。 足を温めるということは、血行が改善してリンパの流れも良くなるので、冷えとりアイテムとして優れています。


また、レギンスが足首から下腹部までの下半身全体を包み込んでくれ、 皮膚が弱い方や化学繊維のパンツなどを直に履きたくない方は1枚インナーとして履いて頂くと気持ちよく快適に過ごせます。


以上のように、「utatane冷えとりレギンス」が冷えとり健康法のアイテムのひとつとしてお役に立つと思っています。



まとめ



体の仕組みから「utatane冷えとりレギンス」について解説していきましたが、いかがだったでしょうか? 「utatane冷えとりレギンス」の高い保温性が足を温めてくれる上に、下半身を常に半身浴の状態に保てるような役割を果たしてくれます。


「utatane冷えとりレギンス」は天然シルク100%の優しくも丈夫な素材でできており、 もちろん足の冷えがない方にもおすすめの商品です。気になった方はぜひ購入を検討してみてください。


シルク100%のレギンスはこちらから確認できます ⇒ 【 商品はこちら 】

冷えとり健康法は効果があるの?

こんにちは。

ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。


私自身も「冷えとり健康法」をして効果を感じ、多くの人に実践してほしいと、 冷えとり健康法の記事を配信したり、自分が納得いく靴下やインナーを販売する形で広めていく活動をしています。


たとえば、このような商品ですね。




【冷え取り健康法とは?】進藤義晴先生が推奨している健康法で、冷えが色々な病気を起こす原因となるため、冷えを解消しようとする方法です。


多数の書籍を書かれており、方法としては、

  • 半身浴
  • 靴下の重ね履き
  • 食べ過ぎない

がメインとなります。私の周り(知人・友人、お客様)は実践されて効果を感じ 色々な症状が改善されたと報告を受けていますが、中には効果が出ない人もいらっしゃいます。



なぜ、効果を感じる人と感じない人がいるのか?



私は医者ではないので医学的な知識は乏しく、また冷えとり自体東洋医学に属するものなので効果を立証するようなエビデンスはありません。 しかし自分の体で7年程度試した(実験した!)結果続ければ効果はあると感じています。


では、なぜあまり実感しない方がいるのでしょうか。


これは、私が直接冷えとりをされた方にお聞きしたことですが、効果を感じない人は、 単純なことですが半身浴・靴下の重ね履きを毎日続けることが出来ず、途中で止めてしまう方に多いです。


また、冷え取り健康法を実践すると改善する前にめんげん(好転反応)というのがだいたいどなたでも起き、一時的に体調が悪くなったりするので、 「この方法をやってから体調が悪くなった」「続けるのが怖い」と止めたい気持ちが高まり、止めてしまう方が多くいらっしゃいます。


私が主催している「冷えとりチャレンジ企画」というのがあります。 そこでは、冷えとりのアドバイスと靴下を提供して、冷えが改善するか試していただいたいのですが、一人の方は10日前後、 体調を崩されてしまいました。


連絡が途絶え、こちらから連絡をしたところチャレンジ企画を止めたいですと申し出がありました。


私はこの症状がめんげんだなと感じていたので、「もう少し頑張ってみませんか?これは、めんげんの可能性があるので少し継続してみましょう。」と伝え 、重症感はなさそうだったため続けていただくことになりました。


その後どうなったかというと、体調も改善し、冷えを感じることは少なくなってきたようでした。 このように効果を感じないとおっしゃる方は、効果が出ないと早めに判断して止めている方に偏っていると感じています。



効果を実感する人の特徴



ダイエットでも同じことをしていても成功する人・しない人がいるのは、 私はどれだけ、ダイエットという行為を無意識下でできるかが成功の鍵を握っていると思っています。


人間は普段、意識的に決断をしているのは5%しか無く、残り95%が無意識に決断をしていると言われます。 殆どが無意識に行っていることで、逆に言えば、たったの5%しか意識的に決断を下せないとも言えます。


意識的に決断していることはどのくらいありますか。


家のこと、子供のこと、仕事のこと、人間関係のこと。たぶん1日に目一杯、意識的に決断をしていると思います。 現状にダイエットや冷えとりなど意識的な決断をする事項が増えたらどうなると思いますか。


「そんな余裕がない・・・」と頭がパンクしてしまうと思います。キャパオーバーなヘトヘトな状態で意識的な判断なんてできないですね・・・ だからこそ、ダイエットや冷えとりの内容を「無意識で決断できる領域に移動をしてあげる」ことが必要になります。


もっと簡単に考えるとなんか気持ちいいな、という感覚を持つようになると自然に生活の中に取り入れている、という感覚になると思います。 毎日ルーティーンに加わる感じですね。


そもそもお風呂に入るという行為は冷えとり以前からしていたと思いますのでそれを半身浴に変えて頭寒足熱を意識するだけ。 冷えとり靴下は素足で寝ている方には最初面倒に感じますが、シルクの靴下を履いた時の感覚が気持ちよすぎて毎日履きたくなり、 自然に日常に取り入れることができます。(私はそうでした。)


冷えとり健康法に興味を持った方は少なからず、どうにもならない不調があったり薬や病院では症状を繰り返すので意味がない ということをすでにお分かりになっている方がほとんどだと思います。


普段から長続きしないと感じている場合でも、「今度こそ体の不調を根本的に治すぞ!という意気込みで、まずは1ヶ月間程度頑張って続けてみてください!


※<注>重症感のある症状が出た場合には病院などに行き適切な処置を行って下さい。


冷えとり健康法は、どんな効果があるのか?



冷えとりをすることで、冷え性やその他の例えば、生理痛、アトピー、花粉症などは改善するのでしょうか。 冷えとり健康法を実践して効果が出た方の意見を見ていきましょう。



「足が軽くなった気がする」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足がむくむ。足が重く、足から気持ち悪さが全体に伝わり気持ち悪くなる。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:靴下の重ね着、家にいる時も履く。ゆっくりお風呂に浸かる。ストレッチ

●実践されどのような効果がありましたか:

ストレッチを定期的にすることで足が軽くなった気がする。風呂上りにストレッチすることが習慣化することになった。 また、やり方やより効果的な方法を意識的に調べるようになった。自分の体の硬さを知るきっかけになり、体を柔らかくしたいと思うようになった。
YouTubeも健康サポート系の動画をお勧め欄に出るようになるため、自分の生活を意識するようになってきた。 健康を意識する頻度が増えると、必然的に自分の食事にも気をつけるようになってきた。


「夜冷えを気にせずにぐっすり眠れるように」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:夏場でもつま先が冷え切って、なかなか作業ができなし。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:腰だけつかる半身浴。絹の靴下の重ね履き。冷えない食事を食べる。

●実践されどのような効果がありましたか:

腰だけ使う半身浴というのを聞いて、お風呂場で実践をしてみたら、 短時間だけでものすごい汗が出て、夜冷えを気にせずにぐっすり眠れるようになって楽になった。

新陳代謝も上がったのか、肌の調子もよくなった。 たくさん眠れるようになったからか、朝起きた時にも、つま先の冷えがそこまで気になることが少なくなった。

冷えないようにショウガをたくさん入れたり、食事や冷えを取るといわれているお茶に気を遣ったからか、 普段の体温が少し上がった。


「肩こりや腰痛も軽くなりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:冬はいつもしもやけになります。 寒くて、指がかじかんでしまい、字が書けません。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:食事にて、生姜を毎日取り入れるようにしました。靴下の重ねばきをしました。

●実践されどのような効果がありましたか:
風邪がひきにくくなり、免疫力がついたと思います。足の冷えが少し改善されて、睡眠の質が良くなりました。

寒くて、ウィンタースポーツに行くのに気が重かったのですが、しもやけがひどくならずに、楽しめるようになりました。 寒くて行動するのが億劫だったのが、意欲的に行動できるようになりました。

職場が寒かったのですが、厚着しすぎる事なく過ごせるようになり、肩こりや腰痛も軽くなりました。 そこからくる頭痛も軽減されたと思います。


「疲れが取れないこともなくなり」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:50代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:疲れやすいのに、夜は足が冷たくなってなかなか眠れませんでした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
30分ぐらい半身浴を行い、冬でも汗をかくこと。
5本指ソックスを含め、3枚の靴下を重ね履き。夏でも冷たいものは極力避けて、常に腹八分目を心がけました。

●実践されどのような効果がありましたか:

夜寝る時に、足がポカポカするようになりました。 また普段、なかなか汗をかかない体質だったのが、少しウォーキングをしただけで、かなり汗ばむようになりました。

そのおかげか気分もスッキリ。朝起きた時に疲れが取れていないこともなくなり、仕事も最後までしっかり頑張れるようになりました。

新しいことを始めようかなという意欲も湧いてきました。無駄に厚着をするも必要もなくなり、 夏のクーラーもそのままでへっちゃらです。


「長年不妊でなやんでいましたが」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:代謝の悪さ。恐らくそれらが原因で長年不妊に悩まされた。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
半身浴やホットヨガ、靴下などで末端を温める、食事改善等

●実践されどのような効果がありましたか:

冬場は足が氷のように冷えて寝辛かったのですが、だんだんと末端が冷えなくなり、ぐっすり寝れるようになりました。

また、代謝が良くなったおかげで、今までは夏場でも汗が中々出なかったのですが、汗がでるようになりました。気持もスッキリしました。

代謝が良くなったので、痩せやすくなった気もします。 あとは、長年不妊でなやんでいましたが、冷えが改善され代謝が良くなったからか、その後妊娠をし、子供を授かることができました。


「生理痛が少しだけだけど改善した」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足の先まですごく冷えて、夜寝ることができなかった。生理痛も重たかった。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

食事の改善で、和漢食を中心にした。体をひやす食べ物(果物、砂糖、夏野菜など)は少なめにした。冷たい飲み物はやめて、温かい飲み物に全て変えた。

●実践されどのような効果がありましたか:

実践して、半年くらいで足の冷えが改善されて夜の寝つきがよくなった。冬場はブランケットを足に追加していたが、それがなくなった。

寝つきがよくなったことで、夜熟睡できる時間が増えて、朝も気持ちよく起きることができるようになった。

毎回3日近く腹痛と下痢で悩まされた生理痛が少しだけだけど改善した。生理痛が改善することで、 生理中のトイレ回数も減って仕事のパフォーマンスもよくなったので、職場のお局様に嫌な顔をされることが減って嬉しい。


「冷えやのぼせの症状が改善」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足元が特に冷え、いつも冷たかったです。
また、足元が冷えているせいで、頭の方はのぼせてしまい、顔が真っ赤になったりしていました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

靴下の重ね履きをしました!綿、絹、の5本指を重ね、その上からまた靴下を履くというものです。 また、食事の改善をしました。陰の食材はとらないように、陽の食品を積極的にとるなどしていました。

●実践されどのような効果がありましたか:

対策をして、冷えやのぼせの症状が改善されたことで、冬場が怖く無くなりました。

いつもキンキンにつま先が冷え、顔は火照って暑くて、辛かったので……。 身体の方は、冷えが改善されたことにより浮腫んだりもしにくくなり、代謝も上がったように感じます。汗をかきやすくなりました。

やはり、身体の調子がいいと心も明るくなります。 冷えの症状が強いと、 何となく鬱々とした気持ちになっていたのですが、調子が良くなったことにより、性格も明るくなったようなる気がします!


「生理痛が改善され」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:40代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:生理痛が一番ひどく、他に腰痛や風邪のひきやすさ、頭痛も悩みでした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

絹と綿の靴下の重ねばき、温めた手て冷えた箇所をなで温める、お灸をする、布ナプキンにする、腹巻きをする。

●実践されどのような効果がありましたか:

実際に冷えを意識してとっていこう!と決めてから意識が身体にむいたこともあり、 症状は急には改善されませんでしたがそれでもじわじわとお腹の冷えが気にならなくなってきたり、 生理痛が改善され頭痛、生理痛薬を飲む回数が減っていき今ではたまにしか飲まずに済んでいます。

ですので気持ちも前よりは随分と楽になり、でかける際も薬を忘れると不安なので外出前のチェックは 財布、携帯、薬、と用心していたくらいだったのが今ではそこまで常に不安ということもなくなりました。



「毎日続けることで良いことばかりです」

----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:
夏場の暑い時期でも足先、手先が冷えていました。クーラーをつけると更に冷えてしまって、常に靴下を履かなければいけない状態でした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

半身浴を行いました。半信半疑で始めた半身浴でしたが、毎日続けることで冷えが改善されました。冷えが改善された今も半身浴を続けています。

●実践されどのような効果がありましたか:

半信半疑で続けた半身浴でしたが、毎日続けることで良いことばかりです。 半身浴は体のしんからあたたまります。そして、今まで汗をかける体質ではなかったのですが、半身浴をすることで汗をかけるようになりました。

こんなに汗がでることに自分でも驚きです。半身浴にはリラックス効果もあるので、 のんびりゆっくりと半身浴することでスッキリします。代謝もよくなり、冷えも改善されました。冷えがなくなった今でも半身浴はやめられません。


「冷えずにこれまた快適に過ごせるようになった」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:50代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:がくがくブルブルとなることがたまにあった。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:まず半身浴から始めて、身体の芯を温めようとした。
●実践されどのような効果がありましたか:

以前は布団からも出るのが億劫だったが、初めてからは外気に触れてもそれほど温度差を感じず、なかなか快適な時間を送れるようになった。

また靴下など履けたり着れたりするものはすべて二重に履いているおかげか、 なかなか体が冷えずにこれまた快適に過ごせるようになった。また時間がある程度あるときは半身浴を心がけるようになり、 身体を芯から温めようとした結果、無駄な時間が少なくなり、ご飯も朝昼晩ととても美味しく食べれるようになった。


「体の冷えがなくなったことで体が軽く感じられ」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:20代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足先の冷えがひどく、夜なかなか眠れなくて悩んでいました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:日中靴下の重ね履きをすることと、半身浴をしました。
●実践されどのような効果がありましたか:

日中靴下の重ね履きをすることで、足先の冷えが気にならなくなってきました。 以前は足先が冷えすぎて痛みを感じていたのですが、そのようなことがなくなり、生活がしやすくなりました。

また、半身浴をすることで体が内側からポカポカしてきて、夜寝るまで体が温かいのが実感できました。 体の冷えがなくなったことで体が軽く感じられ、アクティブに生活できるようになりました。

今までは休みの日に家の中で過ごすことが多かったのですが、冷えが完全されてからは積極的に外に出たいと思うようになりました。


「夜にスムーズに寝れるようになりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:冷え性が年々ひどくなり、夜、寝る前に足が冷えてしまうと絶対に寝れなくなり悩んでいました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

湯船にゆっくりとつかること。お風呂から出たあとは、足が冷える前に靴下を履くこと。冬は2枚履き、夏は1枚履きで、足を締め付けないゆるゆるの靴下を履く。

冷え予防のヨガをする。生姜湯を飲んだり、生姜をなるべく食べるようにしたり、根菜類など体を暖めるものを食べる。

●実践されどのような効果がありましたか:

対策をするまでは、一度足が冷えてしまうと絶対に眠れなくなり、こたつの中で足を暖めたり、もう一度お風呂に入って足を暖めたりと、大変でした。

しかしお風呂からの靴下で、足の冷えが改善され、夜にスムーズに寝れるようになりました。

対策をするまでは足が冷えたらどうしよう不安になったり、冷えてしまったあとは寝れずに睡眠不足になったりと、しんどかったですが、 靴下を履きだしてからは冷えがなくなり、不安もなく、睡眠もしっかりとれることで心も体も楽になりました。


「いつも冷たかった下半身が全然冷えてない事に気づきました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:お尻、太もも、足がいつも冷たくて困っていました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
  • 入浴剤をいれて半身浴
  • 根菜を積極的に食べる、スープを1日1回飲む
  • 生野菜を控える、小麦粉を控える、白米を控える
  • 生姜入りのお茶を飲む
  • マッサージと適度な運動、ストレッチ
  • 5本指ソックスの上からニットの靴下を履く
  • お腹までの毛糸のパンツ

●実践されどのような効果がありましたか:

始めたばかりの時はあんまり効果が実感できませんでしたが、冷え以外の面で体調は良くなりました。 夜ぐっすり眠れるようになったり、体を動かすのが苦じゃなくなりました。 スープを毎日飲んでいたので、食後は体が温かかったのですが、1時間もしたらすぐにお尻が冷えてしまっていたのを覚えています。

ところが1ヶ月を過ぎたくらいの時だったと思うのですが、急に体が軽く感じるようになり、いつも冷たかった下半身が全然冷えてない事に気づきました。 前までは夏でもひやっとしていた足先に温もりがある事に気付いて自分でもびっくりしました。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖


以上、冷えとり実践者さんたちにアンケートをしてみた結果となります。
回答にもありましたが、冷えとり健康法もすぐに効果がでるというよりは、続けることで徐々に効果が出てくるように思います。 また、症状の改善や体の変化は100人いれば100通りあり皆さん違いますのでその事を頭の片隅に置いて実践していただければと思います。

私が取り扱っている冷えとりグッズもありますので興味があれば。

【 ⇒ 商品をみる 】

ヒートテック系やモコモコの靴下では、冷えとりできない理由


こんにちは

ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。



冷えとり健康法の創始者である、進藤義晴さんは、冷えは万病の元とおっしゃるように冷えが改善すれば、
健康上の問題はほとんど解消するように思っています。


嘘だと思うような、白髪問題、薄毛問題も。


冷えとり健康法と聞いて皆さん思い浮かべるのが「靴下の重ね履き」ですね。そして、「肌に接する部分は、シルク(絹)にすること」色々な書籍やサイトで言われていますが、なぜ、天然素材のシルク(絹)なのでしょうか。



近年、ファストファッションがブームになり、その中でもユニクロから毎年のようにヒットアイテムが生まれています。ヒートテック、エアリズムなど凄く大衆のニーズを汲み取った素晴らしい商品だと思いますが、冷えとりを長年している方から見れば、化学繊維の素材を使用した肌着はなぁ・・・と少し敬遠してしまいます。



なぜ、化学繊維の素材を敬遠してしまうのか。

今回は、身につける素材(天然素材・化学繊維)の重要性について知って頂きたいと思いますので、
気になる場合は、最後まで読み進めてください。



以下、書かれている内容です。


●冷えとりには「毒をためない素材」が必要

①植物繊維

②動物繊維

③再生繊維

④半合成繊維

⑤合成繊維


●冷えとりには天然素材が必要

①特徴

②通気性

③吸湿性(吸毒)

④放湿性(排毒)


●【参考】愛用する「絹」素材のおすすめアイテムは?

②絹のレッグウォーマー

③絹の腹巻



冷えとりには「毒をためない素材」が必要




冷えとりは、下半身を温かくすることで、上半身と下半身の温度差を無くし血液の流れを良くする事というのは、ご存じだと思います。


そのために必要な事として、靴下の重ね履き、暖かそうなものを着用すれば良いと、イメージすると思います。


確かにヒートテックやモコモコの靴下、裏起毛のスパッツを着用すれば温かいような感覚にはなりますが、肝心な毒素が体の外に出ず、体内に押し戻してしまいます。


過去の私も同じで、素材のことは気にかけず、温かそうな洋服を選んでいました。


しかし、冷えとりには、何枚重ねるという重ね着した枚数よりも着る服の素材が何か?ということが最も重要となります。進藤義晴さんの本を引用して、説明します。



私たちの体は、いつも少しずつ、『毒』を出しています。そうやって、「病気」を防いでいるのです。皮膚の表面でも『毒出し』が行われるので、皮膚呼吸を妨げないような衣服を身に着けることが、肝心です。冷えをとる服装のイメージは「富士山」

①「下半身」を重ね履きして、足元を温めます(常に)・背中の下部
②ゆったりとした、体を締めつけない服装
③天然素材を身に着ける


裾野に植物が生い茂り、頂上は裸でいる「富士山」のイメージです。

書籍:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴・進藤幸恵
発行元:PHP研究所
発売日:2011年11月
引用ページ:冷えとり実践法「衣・食・住」88ページ


進藤義晴さんや冷えとりを推奨する方の書籍では、身につける素材は天然素材をおすすめしています。では、どのような天然素材を着用したら良いのか。




冷えに良いのは、「天然素材」?毒が溜まらない素材とは!




化学繊維の洋服でイメージしやすいのはユニクロでいうと体を温めるヒートテックです。どのような素材が使われているかというと、レーヨン、アクリル、ポリウレタン、ポリエステルを組み合わせて作られています。


人工的に作られた化学繊維の服とは逆に、植物や動物の毛を元に作られた天然素材のものもあります。


「冷えとり専用靴下」の記事でも解説しましたが、人間が日々体内の毒を外に出す生命活動をするうえで、毒出しを促す「素材」と促さない素材があり、化学繊維は毒出しを促さないのに対して、天然素材は排毒、吸毒(シルク以外は排毒ができない)ができる素材なため、冷えとりには天然素材を使用することが絶対条件です。


もう少し、進藤義晴さんの言われている言葉をみていきましょう。自身の書籍でこのようなことをおっしゃっています。




絹・綿・麻・毛など天然素材を選びましょう

化繊は毒の排出を妨げます。かぶれる人がいますが、それは化繊を身につけているから皮下に毒がたまり、それを出そうと炎症を起こしているためです

また、体を締めつける服装も、皮膚からの毒出しを妨げます。血管が圧迫されると循環が悪くなるので注意してください。衣服は常に体と「不即不離(ふそくふり)」になるような、ゆったりとしたデザインのものが良いでしょう。

安い化繊の服を着て体調を崩すより、良質な天然素材を着て快適に病気を防ぎましょう:


引用元:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴
発行元: PHP研究所
発売時期;2011/10/18
対象ページ:P90


素材の種類



「天然素材」
人工的に作られたものではない繊維・化学的な加工がされていない

①植物繊維:植物が主とした、天然なもの:綿・麻
②動物繊維:動物を主とした、天然素材:絹・羊毛・カシミヤ


「化学繊維」
人工的に作られた繊維

③再生繊維:綿やパルプを化学的に作り変えた繊維
 レーヨン・キュプラ・ポリノジック

④半合成繊維:天然物質と化学物質を混ぜて作られた繊維
 アセテート・トリアセテート・プロミックス

⑤合成繊維:石油が原料の合成繊維
ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリ塩化ビニル・ポリウレタン

などがあります。私の経験でも進藤先生がおっしゃることが合っているなと思うことがあります。


以前は寒い時期にユニクロのヒートテック「極暖」や「超極暖」を愛用していました。確かに熱がこもり温かく感じますが、これを着る必要があるのは氷点下~℃とかの地域で外で活動する時間が長いという条件下限定だと思いました。


そのまま外から室内に入ると汗がどっと出てしまい体温調整も難しくなります。


温暖化が進む日本では以前よりも冬の寒さがないため、また室内は暖房器具もありますのでこのような化学繊維による熱の封じ込めは必要ないように思います。


今考えてみると、ヒートテックやエアリズムは、体にピッタリとくっつき、汗をかくけれど、汗がなかなか引かない悪循環でした・・・


進藤義晴さんの言葉をかりると、「皮下に毒がたまった状態」でした。いつも、体が苦しいような感じ。肌に触れるインナー類は天然繊維にすると気持ちよさも実際の体への負担も格段に変わります。



冷えとりには天然素材が必要



服の素材の特徴からも、冷えとりには「天然素材」が必要不可欠な理由について解説します。


――――――――――――――――――――――――――

「天然繊維」の特徴
絹:保湿性がある・吸水性がある・肌触りが良い・光沢がある
綿:吸水性がある・放湿性がある・強くて丈夫・熱に強い
麻:吸水性がある・乾きやすい・汚れが落ちやすい・強くて丈夫・光沢がある
毛:保湿性がある・吸水性がある・弾力性ある・乾きやすい・燃えにくい

弱点:シワになりやすい・シミになりやすい・摩擦に弱い・縮みやすいなど

「化学繊維」の特徴
強くて丈夫・熱に強い・摩擦に強い・変形しにくい・シワになりにくい など


――――――――――――――――――――――――――

天然素材の中でも絹は優秀で、保湿性があり、または通気性もあるので長時間履いても蒸れることはありません。尚且、体内から出る毒素を吸い出し、更には排出もしてくれる素晴らしい素材です。


なぜ、ここまで素晴らしい機能が備わっているのかというと、絹の元になっている繭(まゆ)の特性を知るとで見えてきます。


絹は、蚕(かいこ)がはき出したタンパク質で、できた天然素材です。蚕は、60時間をかけて「繭玉(まゆだま)」を作ります。繭玉から取れる絹糸の長さは「1200~1500m」にもなります。


その長さに、驚きますね。


また、繭玉は、幼虫が外敵に襲われないように、紫外線や湿度からも、幼虫を守っているのです。そして、繭玉の「タンパク質」が、人間に一番近いタンパク質だから、人間の体に優しい繊維と言えるのです。


だから、吸水性(吸毒)と保湿性があり、「夏は涼しく、冬は温かい」素材なんですね。


映画「南極物語」に出演した俳優の高倉健さんも、劇中に「シルクの下着」を着用して、その温かさに感激したと伝えられています。


冒険家の植村直己さんも、南極冒険には、シルクニットの下着・マフラー・手袋など「シルク」ずくめで、寒さから身を守ったほどです。南極の極寒でも、絹は寒さから守ってくれるなんて、本当に心強いと感じました。


このように絹には、冷えをとるために必要は「温め」「吸毒・排毒」が備わっているからこそ、冷えとりを推奨する方、医師の方が肌に直接あたる素材に絹をおすすめしているのです。


私も日頃から、絹素材の肌着を着用するようににしています。靴下、インナー類。素材の効果というのも意識していますが、着用した人しか分からない、ヌクヌクした肌触りやサラサラした肌ざわりが病みつきになります。


進藤義晴さんの本で推奨されていた5本指靴下の履き方も、素材について深く知らない方からすれば、あまりしっくり来ないかもしれませんが、素材の特徴を知ると、大きく共感できると思います。



①絹の靴下:吸水性(吸毒)がある
②綿の靴下:吸水性(排毒)がある
③絹の靴下
④綿の靴下


引用元:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴
発行元: PHP研究所
発売時期;2011/10/18
対象ページ:P96

蚕が幼虫を守るために、作り出す絹に感謝して、いつも絹を身に着けて毒を外に出していくことが理想です!



【参考】愛用する「絹」素材のおすすめアイテムは?



冷えとり靴下やインナーは基本中の基本なので省き、それ以外のアイテムを紹介します。


①絹レッグウォーマー

②絹の腹巻


「天然素材」の絹が体に良いと聞いても意外に身近に無かったり、高価なイメージを持たれると思います。私も冷えとりを本格的に始めるまでは、絹についてよく分かっていませんでした。


そんな中冷えとりを行っていく中で「下半身を温める」ことを、第一に考えて、「靴下の重ね履き」「シルクレギンス」を欠かさず身に着けています。


ふくらはぎは、下半身の血流を、上半身に戻すポンプの役割をしていますから、重点的に温めています。私の場合は、冷えで、ふくらはぎがいつも冷たく固かったんですが、シルクレッグウォーマーをするようになり、夕方になると出てくる強い冷えが、治まりました。


また、人間はお腹の下にある「丹田(たんでん)」が、体の中心です。丹田が、冷えていると体がつらくなるので、常に温めた方が良いと思いシルク100%の腹巻を1年中するようになりました。


こちらは化学繊維と違い素肌に着けられることや、熱がこもらず自然な温かさが感じられることが利点です。種類が、豊富なので、あなたに合うものが、見つかると思います。



まとめ



今回は素材について解説してみました。冷えとりと着用する素材には密接な関係があり、今現在、化学繊維の靴下を着用している場合は、天然素材、特に絹の靴下を着用してみてください。


きっと1日履いただけで、天然素材の効果が分かると思います。私のお店でも絹素材の商品を取り扱っていますので、温かさ・肌触りを体験していただけたら、嬉しいです。


素材の特徴を活かして、「冷え」を取り除く生活を手に入れて下さいね。



私のお店でも絹素材の靴下、インナーを取り扱っていますので、興味のある方は御覧ください。

【 絹素材の靴下 】
【 絹素材のレギンス 】
【 絹素材のインナー 】

聞いたことある!「ヘナ」ってなに??




聞いたことある!「ヘナ」ってなに??

ナチュラルなヘアカラー「ヘナ」で
白髪対策と地肌のクレンジングをしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは。冷えとりソックスのお店Utatane高橋です。



これは個人的な考えですが、年齢を重ねても美しい印象の人に共通するのは


「髪」と「肌」がきれいでツヤがあること、
そして「姿勢」が良い、ということだと思っています。


これらは清潔感を感じさせる部分ですよね。


その中で今回は髪の毛に着目してみようと思います。




私の髪の歴史

今年38歳になる私の髪は、これまで様々な長さ、パーマ、カラーを試し、

その時代の流行やおしゃれっぽく見えるスタイルを意識してきました。



35歳以降はそこまでお金をかけて髪をわざわざ痛めつけていることやパーマ液、

化学的なカラー剤のにおいを我慢してまで行うことに疑問を感じ始め、

最低限のケアにはとどまっていましたがそれでも年に数回のカットとカラーを継続的にしていました。



食事等は化学的なものを除外することができますがヘアケアだけは限界があると思っていました。


そしていよいよカラーをやめようかなと・・・・そんな時に白髪問題に直面しました!

年齢の割にはかなり少ないほうですが、

やはり何か自分で自然なケアができないかなと思っていたときにinstagramで毛髪診断の方がヘナを勧めるライブを偶然拝見し、

今回初めて自分でヘアカラーリングをヘナでしてみようと思いました。



「ヘナ」ってなに?



私のヘナのイメージは「白髪だけがオレンジに染まる白髪染め」というかんじで


結構オレンジのラインが目立つ年配の方がいると、「あ、この人ヘナやってるんだな」みたいに思っていました。



ヘナは植物100%のヘアカラーで、インドやエジプトなど熱帯地方で自生する植物で、日本では沖縄で自生しています。

インドでは昔から薬草として使われていて髪にはトリートメントとして使用しているようです。

この植物を粉末状にしたもので染めるため化学物質はゼロでダメージも無いということですね。




ヘナのメリットデメリット



ナチュラル100なのは素晴らしいことですが、ナチュラルなものはその分値段が高かったり手間がかかったり効果が出にくかったり・・・


デメリットもあると思いますのでそのあたりを簡単にご紹介します。


(メリットの方がだんぜん多いと思いました!)



メリット

1.化学物質ゼロで髪にも体にもダメージがありません。

2.通販やドラッグストアでも売っていますし値段はセミロングなら1回1000円から2000円くらいなので
  自分でする手間はありますが美容室で頻繁に白髪染めをするより断然お得です。

3.白髪がない方でもトリートメント代わりに使用することができます。

4.へアカラーの「ジアミン」にアレルギーがある方も使用できます。
(ジアミンの入っているヘナもあるので注意してください。)

5.カラーやパーマのやり過ぎによる薄毛や傷み対策に良いです。

6.一度は色が入ると抜けることがないので、数回やればかなり定着します。

7.地肌の毛穴のクレンジング、デトックスになります。

8.ヘナナチュラル(オレンジ色)のローソニアという色素の成分は体の毒素排出を促し、また子宮にも良いと言われています。



デメリット

1.カラーバリエーションが少ないです。
  ナチュラルヘナはオレンジ系になりインディゴが混ざっているものはダークブラウンやブラック系になるというざっくりした感じです。

2.薬草に使われるくらいなので、畳のような青臭い感じのにおいが1~2日くらい残ります。

3.普通のカラー剤と違い置く時間が長いので時間が必要です。
  2~3時間、もしくはそのままタオル被って寝て次の日の朝洗う(!)くらいでもいいみたいです。

4.ヘナの後に明るい髪色に変えることは難しいです。
(できるとしたらかなり強いブリーチをしないといけない・・・)




実際に染めてみた


私の髪の毛は通常のカラーをしていて、白髪はちらほら生えてるかな、くらい。


今回はナチュラルバランスさんの「ナチュラルブラウン」100gを購入して


実際に初めてセルフで染めてみました。ヘナはシャンプー後の濡れた髪に使用します。


 
長さはセミロングですが多めなので、全部を染めるのに70g程度をぬるま湯で溶いて髪にたっぷり塗っていき、


ラップで全体をカバーしてから最低でも2時間くらいは置くといい見たいですが私は念のため4時間置きました!



当然植物100%なので、皮膚がつっぱったりひりひりするということは全くありませんが、

しいて言えば、それなりにくさいというか、ヨモギのような畳のようなにおいが頭からしてきます・・・



よくぬるま湯で洗って乾かしたら完成です。


シャンプーしたい気持ちはやまやまですが、
ヘナは地肌のクレンジング+トリートメントになるのでここは我慢して当日はぬるま湯のみです。


洗い流した後に思ったのは、思ったよりきしまないということ。

多少乾かしにくさはありましたが以前より全体的にダークに、また艶も出たように思いました。




ヘナ後の感想


ビフォー

アフター






 
ビフォーアフターではっきりした変化が写真ではわからず申し訳ないのですが

個人的には全体的にワントーン暗くなり、ツヤが出てまとまったと感じ、

また地肌の爽快感もありました。


また、白髪に関しては、真っ黒になる、ということではなくうっすら染まるという感じになりました。

白髪の多い方はヘナカラーだとオレンジになるので、インディゴ(藍)の分量の多い

ダークブラウン系にするのがおススメです。


においはそれなりに残り、

2日くらいで消えましたが自然の匂いなので化学的な異臭とは全く違い不快感はありませんでしたので

今後1か月おきくらいに染めてみてトリートメント効果を実感できたらとおもっています。



このようにセルフで白髪染も含めたカラーリングができたら

美容室ではカットだけで済みますし今後は化学染料の毒を体内に入れなくて済むと思うと嬉しくなりました。



古くから薬草として使われ、現代人の美容にも役立つヘナ

低価格でクレンジングとトリートメントを害なく行うことができるとても素敵な植物だと知ることができました。





毎日のナチュラルなヘアケア


余談になりますが、毎日のヘアケアに関しては数か月前から継続して行い、


効果を実感していることがあります。


それはオイルケアです。


 
私はNOWのアルガンオイル一択なのですが、


天然100%のオイルを洗った髪になじませておいて、乾かしたらそのあと毛先に追加してつけるというものです。


これだけでつやつやになりよみがえります。


天然のオイルは無香料でべたべたせず、また顔などに付着した場合にも安心です。


外部から体内に入る毒というのは考えている以上に多いものです。

是非これからは自然なケアに取り組んでみてください。


冷えとり靴下についてのおはなし

こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。

この記事をご覧になっているということは、冷えとりについて興味がある方だと思います。 冷えとりを知って間もない方だと、なぜ、冷えとり健康法は、靴下を履くのか疑問になっているかと思いますので、 今回は『冷えとり専用靴下』についてお話していきます。

そもそも、


冷えは、なぜ起こるのか?



という根本的なところを理解することで、靴下を履く理由が見えてくると思いますので、そこからお話していきます。 冷えとり健康法でいうところの「冷え」というのは、手足が冷たいから冷えということではなく、 上半身に比べ下半身が冷えていることの温度差が「冷え」という認識になります。

多くの人は、手足が冷たいから冷えと思っていると思いますし、冷えは女性特有の症状とも思っているはずですが、 上半身と下半身の温度差をいうので、男性でも十二分に冷えの可能性があるということになります。

また、これはすべての人に当てはまりますが、心臓に近いところが基本的には温かくなり、離れるにつれて冷えていく 傾向にあるため、上半身が温かく下半身は冷たいのが、一般的な状態になります。 なので、何も対策などをしていない場合、スタートはすべての人が冷えの症状を抱えているということになります。

こちらの冷えチェックをしてもらい、該当するものがあれば「冷え」がある状態と言えますね。




上半身と下半身の温度差が冷えなので、 夏・冬関係なく冷えはある



冬は気温が下がるため暖房をつけますが、つけるだけでは暖かい空気は上のほうにいってしまい、実は足元は温まっていません。 人間の体と同じで空気も温かい空気は上にいき、冷たい空気は下にいく性質があるからです。

逆に、夏は暑さのため急速に冷房をつけることで空気が冷えますが、冷たい空気は下のほうへと流れ、 足元を冷やしてしまうことになります。エアコンのつけっぱなしが当たり前になり、移動するときも、 仕事も、プライベートも24時間エアコンの中にいる現代人は冷房により、夏は更に冷えになるのです。


冷え解消のためには『頭寒足熱』を意識する





頭寒足熱とは、頭を冷えして足を温めるということで、不眠の方に対しても昔から「頭寒足熱」を意識することでよく 寝れるということも言われています。


またイシハラクリニック内科医副院長の石原新菜先生もこのような 事をご自身の書籍でおっしゃっています。


「下半身には、胃腸、肝臓、膵臓、脾臓、膀胱などの重要な臓器のほか、生命力に直結した子宮や卵巣も内蔵されています。 また、腸は免疫細胞であるリンパ球の70%以上が存在する免疫の中枢ですし、 消化管から脳腸ペプチドと呼ばれるホルモンが分泌されることから、お腹が脳の働きにも深く関係していることが分かっています。 下半身が冷えて血のめぐりが悪くなると、さまざまな症状が表れます。」



書籍:「冷え」をとれば9割治る
発行所:株式会社海滝社
発刊:2014年11月26日
対象ページ:P75


意識して下半身を温めようというのが冷えとり健康法となります。そこで重要になるのが、今回の記事のメインテーマでもある、 「冷えとり靴下」です。


冷えとり専用の靴下ってなに?



足というのは、冒頭から説明してきた通り、冷えるべくして冷えています。下半身が冷えることで血管が収縮してしまい、 血液の流れが悪くなり循環しなくなります。コップの中に水を入れたまま置いておくと、腐ってしまうように血液も 「流れ」がない状態では、栄養と酸素が全身に行き渡らず、毒素が体中に溜まってしまいます。

靴下を履く目的は、


 ・足を温め血液の流れを良くすること
 ・足の指は毒素を排出する部位なので、毒素の排出を促す
 ・常に体を半身浴している状態にしておく(頭寒足熱)


この3つが目的です。では、温かいモコモコの靴下を履けばいいのか。 ヒートテックの靴下を履けば良いのか。と思う方も多いと思います。履かないよりは履いた方が良いです。

しかし、化学繊維の入った締め付けのある靴下では、汗や老廃物がこもって外に出ず、 せっかく出たものを再度取りこんでしまうので良いとは言えず、その効果はあまり見込めないので、 冷えとり健康法の開発者である進藤義晴先生が推奨しているのは、化学繊維の靴下ではなく、 シルクやオーガニックコットン等の天然繊維100%使用した靴下を履くが効果的となります。

更に、ただ履くだけではなく、重ね履きすることが大事になります。


靴下の重ね履きと素材



重ね履きは基本的には4足(4枚重ね)を推奨しますが、外気温や冷えの度合いを考慮して、 それ以上枚数を重ねても大丈夫です。たとえば、冬はウールを加えたり、最後に履くものに化学繊維 (もこもこ靴下)でも大丈夫です。

4足目までは、シルクの5本指→綿(もしくはウール)の5本指→シルクの先丸→綿(もしくはウール)の 先丸の順で履くことが基本です。履く順番にも意味があり、冷えとり健康法を生み出した進藤義晴さんはこのように言っています。


足の裏は直接内臓とつながっていて、最も汗腺が発達し、冷え・食べ過ぎ・ 循環障害の毒が多く出るところです。一日にコップ一杯くらいの汗が足の裏から出ているのです。 いつも温かくし、靴下が濡れたらこまめに取り換えてください。

①一番下に絹の五本指の靴下を履く
②次に木綿又は毛の五本指靴下または指なし靴下を履く
③その上に絹の指なし靴下を履く
④その上に好みの靴下を履く



引用元:万病を治す冷えとり健康法
著者:進藤義晴
発行元:農文協
ページ数:115ページ


保湿性や排毒、吸毒効果のあるシルクを一番内側に履き、綿もしくはウールを重ね、更にシルク、綿・ウールを重ねていくことで 毒素を外へ外へ出していくように生地の特性を考え重ね履きをすることが大事になります。

もう少し素材の特性についてお話します。


素材を選ぶ



素材選びは、シルク5本指は必須ですが、2枚目、4枚目などはお好きな天然繊維を選ぶとよいでしょう。 市販の靴下は基本的に伸縮や強度のためにナイロンとポリウレタンという化学繊維が入っているため、 冷えとり専用の靴下の購入が必要になります。


・シルク

蚕の繭から作られるタンパク質でできた天然繊維で、アミノ酸が多く含まれているためヒトの皮膚にも優しい素材です。 吸湿性にも優れていて、蒸れない上に、動物性たんぱく質で人の体内の毒を外に出してくれる効果があると言われているため 必ず1枚目にシルクの5本指靴下を履くことが大事です。


・ウール

ウールといえば冬に着用するイメージなので、夏には暑いのではないかと思われがちですが、 ウールこそ年間通して素肌に着けるのにもってこいの素材です。 ウールは繊維の内部に水分を保ち、肌に触れる面は蒸れを受けにくく、無駄な汗もかきにくいのです。

そのため通気性がよく、夏でも着用していると涼しいのです。


・コットン

ご存知の通り綿花から作る植物性の天然繊維で、肌触りが良く、汗をしっかり吸って外に出し、 保温性もしっかりあります。洗う程にしっかりしてくるので、生地の傷みが気になる方にはぴったりの素材です。


信じられないと思いますが、毒素により靴下が破れます



<
<

冷えとりを続けていくと冷え取り靴下が破れます。期間はいろいろで1週間で破れる人もいれば3年破れていないよ、 という人もいて人それぞれ。また、破れ方や場所も違います。「私は歩き方が悪いから」とか「冷えとり靴下って薄いからね」とか おっしゃる方もいますが、摩擦などの破れであれば4枚目が破れるんじゃないかな、と思いますが、 いつも破れるのは1枚目のシルク素材の靴下です。

なぜ破れるのかというと、シルク素材は毒を吸い取ってくれるからです。 実際に私も何枚も毒素により破れてきましたが、穴を見てみると・・・破れる、というより 「溶ける」という表現に近いです。

体から出た毒が強くてシルクが負けちゃうってことですね。皆さんはどの部分が破れるのでしょうか。 ちょっと大まかですが見ていきましょう。


<靴下が破れる場所と内臓の関係>

●親指 ⇒消化器・肝臓
●人差し指 ⇒肺・大腸
●中指 ⇒心臓・小腸
●薬指 ⇒肝臓・胆のう
●小指 ⇒腎臓・膀胱・生殖器の関係、子宮、卵巣などの婦人科系
●かかと ⇒小指と同様
●足の甲 ⇒消化器
●くるぶし ⇒腎臓

冷えとり靴下は、続けていくことで、どんどん破れる場所・素材も変わってきます。 なんとなく冷えとり健康法をやるのも良いですが、破れ方を観察していき「この部分の毒が強いのかしら?」と 記録をしていくのも楽しいかもしれません。


まとめ



今回は、冷えとり健康法でも靴下にスポットを当ててお話しましたが、 冷えとりは上半身と下半身の温度差を無くすことですので、 より効果を発揮するには靴下だけ履くのではなく、半身浴とセットで実践することが重要になります。

冷えとり=靴下、と思っている方も多く、冷えとりの批判をされている記事を見たことがありますが、 内容をよく読むと靴下だけ重ね履きすればいいと勘違いしています。

冷たい体、冷たい足に冷えとり靴下を履いただけでは冷えとり健康法を実践しているとは言えません。 良くわからないまま始めるのではなく進藤義晴さんのご著書に一度目を通し、 忠実に実践していくことで理解が深まるかと思います。

もちろん、冷えの一番の原因「食べすぎ」を意識した生活を送っていることが大前提とはなりますが。 冷えとりに関する食事や半身浴については、こちらで詳しく書いていますので、気になる方がいれば合わせてお読みください。

【関連記事】

・おすすめ:「「冷え」ているから「食べすぎる」!?食事のバランスが冷えを起こす

・おすすめ:「万病の元となる冷えを半身浴で改善


冷えとり靴下の効果は、自然療法の部類になるので履いてすぐに温かくなる、冷えがなくなるといった効果を感じるものではありませんので、 ゆるく続けていくことが大事です。ぜひ、焦らず気長に続けて行ってくださいね。

Utataneでは冷えとり健康法についてサポートも行っていますので分からないことがあれば、 気軽にご連絡ください。

冷えとりチャレンジ企画で冷えが改善。どのようなサポートをしたのか?こちらをご覧ください。

マレーシアの華僑から学ぶ「冷え対策」の大切さとは?

こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。
今日は、知人から聞いた冷え対策がとても興味深かったので経験をわかりやすい記事にして頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



マレーシアで学んだ冷え対策





暑い季節だと特に忘れがちになる「冷え対策」。10年前は冷え対策のことを考えたこともありませんでした。私が「冷え対策」を生活の一部に取り入れる習慣ができたのはマレーシアに行ってからのことです。

「え?マレーシアって常夏の国じゃなかった?」

って思った人もいるのではないでしょうか?マレーシアは亜熱帯地方で、一年中暑い国です。それなのにマレーシアにいる華僑(中国系マレーシア人)は「冷え対策」を徹底しています。

これは華僑たちは移住したときに一緒に持ち込んだ、漢方や食文化を今でも大切にしているからなのです。マレーシアには薬局もあり、今では中華系だけでなくマレー民族、インド系の人々も漢方薬局に通っているほどに、浸透しています。


漢方医学では「冷えは病の一種!」



マレーシアにいる華僑が暑い国にいながらも「冷え対策」を徹底している理由は、漢方では「冷えが病の一種」と考えられているからなのです。



「漢方医学では“冷え”を1つの病態として考えます。
つまり西洋医学では治療の対象とはみなされない“冷え性”は漢方薬で治療可能なのです。



引用:飯塚病院の漢方診療所のホームページより(https://aihnet.com/kanpo/medical/thistime/hiesho.html)


体幹が温かく保つことで、免疫力がアップするので、病気になりにくいと言われています。 とくに女性は冷えが原因で婦人科系の病気になりやすいですし、生理痛などの問題も起こりやすくなります。

そのためか、中国系マレーシア人の女性は特に冷えを意識しているイメージです。


マレーシアの華僑は昔からの食文化を大切にしている



漢方というと、「漢方薬」をイメージする人が多いですよね。しかし、「漢方薬」飲むことだけではありません。 食材を選ぶ時の意識から漢方の考え方を取り入れることができるのです。

野菜、果物などの食材は「体を冷やすもの」「体を温めるもの」があります。例えば、きゅうり、スイカなどの夏野菜には体を冷やす効果があるものが多く、 冬に収穫される野菜や根野菜は体を温める効果があります。

食材の特徴を理解し、体を冷やさないように意識することで日常生活の中に漢方の考え方を取り入れることができるのです。 その点、中国系マレーシア人は食生活を意識している印象を受けます。と言っても、カロリーを詳しく計算したり、 栄養学を必死に勉強したりしているわけではありません。

昔から受け継がれてきた知恵に基づいて、体を冷やす食材、体を温める食材を把握していて上手に組み合わせています。 冷える食べ物ばかりを食べ過ぎて体が冷えないようにしていますし、反対に体を温めるものばかりを食べ過ぎて体に熱が篭らないようにも注意しています (暑い国なので)。


体を冷やさないように気を付けている点は? 



私自信マレーシアに住む中で、華僑の友達から「冷え対策」について何度も言われてきました。初めは「うるさいな」と思っていたことも否めないのですが、 彼女たちと時間を多く過ごすうちに私の生活にも少しずつ浸透していくようになりました。

例えばこのような点です。

1、オレンジジュースを飲まない(生理中などは特に)
2、朝から冷たい飲み物は飲まない
3、生野菜をあまり食べない
4、生姜をニンニクをいつも料理に使っている

詳しく解説していきます。


1:オレンジジュースを飲まない

中国系マレーシア人によるときゅうりが体を冷やすのと同じように、オレンジは体を冷やす食べ物とされています。 それで生理中、妊婦さん、出産したばかりの人はオレンジジュースを飲まない人が多い傾向にあるようです。

以前、友達が赤ちゃんを出産したので「ビタミンCをとってもらいたい、あっさりした飲み物が欲しいだろう」と思いオレンジジュースを持ってきました。 すると友達から「私、しばらくはオレンジジュースを飲めないんだよね」と言われました。

私が「え?なんで?」と聞くと友達は「体を冷やすから」と即答。20代の若い女性の間でも、体を温める必要があるという意識があるのだなと 感心した出来事でした。


2:朝から冷たい飲み物は飲まない

多くの中華系マレーシア人は朝から冷たい飲み物は飲みません。特に朝起きて一番に飲むのは「白湯」。その後も、常温の水を飲んでいます。
朝から冷たい飲み物を朝から取り入れると、胃腸などの内臓の働きを弱くするという考え方から来ています。 反対に、温かい白湯を飲むことで、胃腸をゆっくりと活発化させていくと考えられているのです。

暑い国なのでゴクゴクと冷たい水を飲みたくなるのですが友達は「冷たい水をゴクゴク飲んだら、胃が一気に冷えて弱くなってしまうからダメ」 言っていました。どうしても飲みたい場合は、昼以降ゆっくり飲んでいるように感じます。


3:生野菜をあまり食べない

中国料理では生野菜を食べる文化があまりありません。レタスやきゅうりなども炒めて食べています。レタスやきゅうりを炒めて食べることに 初めは抵抗がありましたが、慣れればそれはそれで美味しいものです。

彼らが知っているか知らないかは定かではありませんが、体を冷やす野菜を大量に撮るときは、体が急激に冷えないように調理して食べる習慣があるので、 胃腸が健康に守られているのかもしれません。


4:生姜やニンニクを多く取る

マレーシアにいる華僑はとにかく生姜やニンニクをいつも料理に使っています。しかも大量にです!スーパーや市場へ行くと生姜や ニンニクが山のように盛られて売られています。
特にマレーシアではのBengtongという街の生姜がピリッと辛くて良質な生姜だと大人気です。Bengtongジンジャーパウダーというベントンの生姜がパウダーに なったものも売られていて、生姜湯を飲んだり料理に使ったりしています。

日本人に比べて明らかに多く生姜やニンニクを摂取しているので、自然と「冷え対策」につながっているように感じます。


漢方は煮立たせて飲む



ちなみにマレーシアでは漢方は薬ではなく、お茶として飲むパターンが多いです。漢方薬を煮立たせてお茶を作り、そのお茶を飲むのですが、 薬が嫌いな子供から、お年寄りまでどの年齢層の人も飲みやすく便利な方法だと思います。

もちろん、漢方薬を煎じて粉状にし、粉薬として飲む方法もありますが、主流の飲み方は気軽にお茶として飲む方法です。


体に熱がこもりすぎないための対策法は?



しかし、マレーシアは暑い国なので、体を温めるだけでは熱中症になります。体の熱を発散させながら、体の体幹は冷えないように気をつけているのです。 彼らの知恵は日本の夏バテ対策のヒントにもなるように感じます。


1、涼茶と言われる漢方のお茶を飲む

マレーシア人が好んで飲むのが「涼茶(リャンチャ)」です。



涼茶も漢方の一種で、いろいろな葉っぱを煮出してお茶を作り飲みます。 いろいろな葉っぱについてはすごく奥が深いようで、漢方薬局に行くといろいろな種類の葉っぱが売られていて みんなは自分の症状に合わせてブレンドしてもらい、自分でお湯をに立たせて飲んでいます。

涼茶の味も甘いものから苦いものまでバラエティーにとんでいるので興味深いです。体に熱がこもったときは、涼茶を常温で飲み、 熱中症にかからないように気をつけているのです。


日本では麦茶が体を冷やす効果があるので、時には常温で飲んでみるなどできるでしょう。また、ビワ茶、よもぎ茶、ドクダミ茶など古くから 日本で飲まれているお茶もデトックス効果がありますので、生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか?


2.生野菜を食べるときは生姜入りのドレッシングなどを!

夏バテ防止にきゅうりやトマトなどの夏野菜をたっぷり食べたいですよね。でも生野菜をあまりにも大量に摂取しすぎると体を冷やすことになります。そのときは生姜やニンニクなど、体を温める効果のあるものをドレッシングとして取り入れることで、冷え対策し、バランスを保ちましょう。


3.朝は白湯、常温の水などを飲むようにし冷たいものは避ける

マレーシア人に見習って、朝起きたらお白湯を飲むようにして見るのはいかがですか?起きたばかりの体をゆっくりと目覚めさせることができますし、 朝早く胃腸をびっくりさせずにすみます。暑くて耐えられない…というときは昼から冷たいドリンクを飲むようにしてみましょう。


4:体幹を鍛えるピラティスなどをする

華僑は朝早く公園に集まって体操をやっています。日本で言うラジオ体操のようなものでしょうか? 私たちもラジオ体操で適度に体を動かすことで、体を中から温められます。特にピラティスは、体幹をしっかりさせるので、おすすめです。



まとめ



漢方って聞くととても難しそうに感じますが、マレーシアに住んでいる華僑は漢方を生活に上手に取り入れています。 難しく考えるのではなく、「ドレッシングに生姜を使う」「朝は冷たいものを飲まない」など、ちょっとしたアイデア次第で「冷え対策」は可能です。

私自信、彼女たちの生活の知恵を取り入れることで、朝から元気に活動できています。気負わず、できることから始めていくのがいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上いかがでしたでしょうか。
知人から聞いて、現在の冷えとりに+アルファで取り組むと面白いかなと思いました。

ぜひ、食事を考える際の参考にしていただければ幸いです。

「冷え」ているから「食べすぎる」!?食事のバランスが冷えを起こす


こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。

この記事をご覧になろうとしているあなたは、「冷えとりと食事」についての情報をお探しなのではないでしょうか。この記事では、「体(冷え)の仕組み」「食べすぎと冷え」「冷えとりに効く食事」「経験者のオススメの食事~①ショウガ湯、②人参ジュース、③小豆入り玄米」について解説していきます。

もし、このようなことを知りたい!お探しなら、是非この記事を最後まで読んでみてください!あなたの疑問や知りたい情報をまとめていますよ。悩みや疑問を解決するために、活用していただけたら幸いです!


冷えと食事は、関係があった?「冷え」ているから、「食べすぎる」



「冷えとり」に悩んでいると、外側から治そうと考えがちですよね。例えば、「カーディガンを羽織る」「お風呂に入る」など思い浮かびます。でも、「冷え」は「身体の内側(内臓)」からきているって、知っていますか?

「これが本当の「冷えとり」の手引書」進藤義晴・進藤幸恵 引用より



東洋医学の古典には

「草根木皮(そうこんもくひ):漢方薬など、これ小薬」
「鍼灸、これ中薬」
「飲食衣服、これ大薬」

が、あります。要するに、「治療法・健康法の中で【飲む・食べる・着ることなど日常生活を正しくすることが、最大の薬】ということ」

「なんだ、こんなこと?毎日やっているよ」と思いますよね?

でも、「正しく生活しています」と胸を張っていえるでしょうか。どんな技術や知識・薬より、「正しい生活が何より大事」だと、進藤義晴さんは訴えています。私も、今までの生活を思い返すと、「冷え」を呼ぶ生活をしていたなと反省しました。

ここから、「冷え」と「食べすぎ」の関係を紹介します。始めに、「冷え」の仕組みについて、簡単に解説しますね。

進藤義晴さんの上記の本から、引用しています。


「体には「自然治癒力」があり、常に正常に戻ろうとする力を秘めている」
「自然治癒力で元に戻ろうとしているのに、それを邪魔する要素=「冷え」があると戻れない」

「邪魔なもの(冷え)をとり、後は体に備わっている力にまかせればいい」


すなわち、「冷え」をとれば、病気などの症状は、自然に「治る」ということです。すごく「シンプル」だと思いませんか?自分の体に、治る力があると思うと、勇気が出てきます。

もう少し補足しますと、「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」は、ご存じですか?「常に頭が涼しく、足元は温かくすること」が、体にとって良い状態のことです。

体の上半身は、重要な臓器(心臓・肺・肝臓・消化器(膵臓・脾臓)・腎臓)脳も24時間常に働いています。これにより、頭や胴体は、発する熱によって温かい。しかし、内臓が少ない下腹部・足元は、いつも体温が低く冷えている。

東洋医学では、「陰陽2種の気が、体内を循環していれば、健康!循環が乱れて滞ると病気になる」考えです。「陰の気は下から上に上り、陽の気は上から下へ下る」性質をもっています。

陰の気は、冷たいところが好き・陽の気は、温かいところが好き!足元が、冷たくて、上半身が温かいと、陰の気が上がらず、陽の気が下がらず、気が巡らなくなる。気が巡らないことは、血が巡らないことと同じことです。

こうした「体の上下の温度差」の状態が、「冷え」です。「冷え」の状態が、悪化すると「病気」の症状が出てくるようになります。いかに、「冷え」が恐ろしいものか、わかりますね。

次に「食べすぎ」は、良くない理由は食べすぎると「悪玉コレステロール」が増える・「血中コレステロール値が上がることで、「血液が粘っこくなる」コレステロールがたまると、血管の壁が厚くなって通り道が狭くなり、血の巡りが悪くなる。そして、末梢まで血液を送るためには、血圧を上げる=高血圧にもなるわけです。

進藤義晴さんは「病気のほとんどは、食べすぎが原因」で起こると語っています。

私たちが何気なく毎日とっている食事は、見直す必要がありそうですね。「食べすぎ」にならない注意点は、

①よく噛んで食べること
ろくに噛まないで食べると、せっかくの栄養が十分に体に入らない

②早食いしないこと
早食いすると、なかなか満腹にならず、多く食べてしまう

③食事をする時は、食事に専念すること

「ながら食べ」は、内臓にいくはずの栄養が、テレビやスマホを見ていると、頭にいってしまうそうです。つい忙しく食べてしまう習慣は、やめた方がいいですね。

進藤義晴さんによると、「冷え」は「食べすぎ」に関わっている。冷えて、消化器が調子を崩すと、「食欲が狂って、たくさん食べたくなる」んだとか。

調子が悪い時ほど「ドカ食い」するのは、このためですって!身に覚えがある方は、多いはず!私にも、当てはまり言葉も出ません。ストレス解消に、ドカ食いなんて、今すぐやめた方がいいでしょう。

食事は、よく噛み「腹八分目」を心がけると、体が正常に戻り、無理なく食べすぎがおさまります。私も、「腹八分目」を実践していますが、「どうしても食べたい」欲求が出てこなくなりましたよ!


冷えとりに効く食事とは・・・



http://education-lab.starbrain.jp/blogs/post16918/

あなたは、「マクロビオティック」という食事法を知っていますか?歌手のマドンナさんや欧米などのスーパーモデルが良い食事法だと話題になりました。

でも、「マクロビオティック」は、日本人の桜沢如一さんが提唱した食事法です。石塚左玄の「食物養生法」と中国の「易」の陰陽を組み合わせた「玄米菜食」自然に則したものですよ!「マクロビオティック」の基本理念は3つ!

①一物全体(いちもつぜんたい)・・・ひとつのものを丸ごと食べる

②身土不二(しんどふじ)・・・暮らす土地の旬のものを食べる

③陰陽調和(いんようちょうわ)・・・すべてのものに「陰」「陽」があり、陰陽のバランスがとれた状態=中庸が重要

体にも、食事やすべてのものに「陰」「陽」が関係していることがわかりましたね。>もう少し「陰陽」について、詳しく説明します。

食べ物には、

①体を冷やす食べ物(陰性)上に上って伸びる・熱帯地域で採れる食材は、体の熱を下げる働きがある・・・きゅうり・なす・トマト・果物など

②体を温める食べ物(陽性)地中に向かって伸びる・寒い地域で採れる食材は、体内を温める働きがある・・・にんにく・人参・ごぼう・かぼちゃ・じゃがいもなど

③中庸なもの・・・陰陽のバランスをとる:穀物・海藻類・豆類など



上記を知れば、「冷えとり」には、体を温める食材を積極的にとれば良いことが分かりますね。ただ、体を温めたいと、偏りがちはオススメしませんよ。何事にも「バランス」が必要だと覚えておきましょう。


冷えとり経験者がオススメする食事は・・・



私が、効果があった食事を3つご紹介します!

①ショウガ湯
②人参ジュース
③小豆入り玄米

①ショウガ湯
朝目覚めて白湯を飲んだ後に、飲んでいます。材料は、「すったしょうが」「はちみつ」「お湯」「シナモンパウダー」の4つです。

全てを混ぜて飲むと、体が温まりますよ!是非試してみて下さいね。

②人参ジュース
材料は「人参1本」「レモン4分の1」「りんご4分の1」「水200ml」をミキサーで混ぜて、朝食前に飲んでいます。体の細胞が元気になってきて、1日快適に過ごせますよ!

③小豆入り玄米
毎日、米ではなく、「小豆入り玄米」を土鍋で炊いて食べています。玄米は水でふやかしたり、土鍋で炊くと蒸らしたり、と手間はかかります。

ですが、冷えが和らぐ・腹もちがよい・便通スムーズ・肌がキレイになる・良い睡眠がとれるなど、メリットが多いので、続けていますよ。

小豆は、女性にとって必要な栄養分がたっぷりあるので、入れると「赤飯」のような味わいが楽しめます!私は、若杉友子さんのレシピで作っています。「長生きしたけりゃ肉は食べるな」の本を参考にして下さいね。

「陰陽を取り入れた【食養】について」や「冷え」についても、わかりやすく解説していますよ。



私は3つの方法で、以前より「冷え」が和らぎました。参考にして頂けたら嬉しいです。


まとめ



「冷え」と「食べすぎ」などで食事には、密接な関係がありました。「冷え」は、あなたが食べたものから、きていると言っても過言ではないですよ。

「陰陽」の食養にも、気をつけて、バランスよく食事を楽しみたいですね!体に「入れる(食べる)」の重点を置くのではなく、「出す(排便)=毒出し」をしてから、「食べる」を意識することが、体にとって調和がとれる状態です!きっと、体も、心も軽くなることでしょう。

あなたの「冷え」が楽になって、「温かい生活」が過ごせますように。この記事が、「冷えとりの食事」の参考になりましたら、幸いです。

“冷えとり”と“冷え性対策” 違いってなに?


こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。


毎年暑い季節になると、店舗や施設の冷房がききすぎて体調管理が難しいという声があちこちで聞こえます。テレビ番組や雑誌でも“冷房対策”という言葉で毎年といって良い程、冷えについて特集が組まれています。



今年はコロナの影響で、ドアや窓を開放した状態で施設や店舗で冷房をきかせる 影響で場所によっては更に冷えを感じる季節になり、体調不良を抱えている方はより体調管理が難しい季節になりそうです。


冷えることで、体調が思わしくないと感じてらっしゃる方は元々冷えを体にためやすいのかもしれません。


そういった方にも、冷えを体感し易い暑い時期こそ冷えとりをお勧めしたいのですが【冷えとり】と【冷え性対策】の違いってご存知ですか?


「えっ、冷えとりと冷え性対策って違う」の?と思われた方へその違いや、冷えの仕組みや影響についてお伝えしたいと思います。


(今回の記事に関しまして進藤義晴氏(〜幸せになる医術 もっとちゃんと女性のための「冷えとり」生活〜2012 年 9月 26 日 PHP 研究所発行)、石原結實氏(〜“体の冷え”を取るとなぜ、病気が治るのか どんな体の不調も万病も改善できる!〜200 年 3 月 10 日三笠書房発行) の著書も参考にしております。)



体にたまった冷え=「水毒」をとるのが【冷えとり】



夏に冷えを感じ易い要因の一つとして、冷房にあたり冷たい飲み物をとる機会が増えることが挙げられます。熱がこもらないよう、または熱がこもった体を冷やすことで熱中症予防になり、冷やすことが必要なケースがあります。


冷やすことが必要な場面以外で、不必要に冷やされた冷えが体から逃れにくくなる方がいます。不必要に冷やさないように冷房が効いている部屋でストールを巻いたり、カーディガンを羽織ること、室内だけでなく外でも素足で過ごさないようにすることが【冷え性対策】です。


冷え性対策ももちろん、必要なことで対策しておくと体調が安定し易くなります。


このような冷え性対策とは違うのが【冷えとり】です。


全身に冷えはたまると言われていますが、特に下半身に冷えがたまりやすいと言われています。下半身に冷えがたまり易い要因として、下半身には熱を産生する臓器がないことが理由だとも言われています。


その結果、下半身より上半身の方が冷えている状態が生じてしまいます。


頭寒足熱という状態が体調を安定させるには良いと言われていますが、その逆転現象の頭熱足寒が起こってしまいます。その影響により、体の巡りが悪くなり耳鳴り・めまい、高血圧、生理痛や子宮内膜症などの体調不良を来すことがあります。


冷えがたまる状態として、体の余分な水分が毒となり不調を来すと言われています。この状態を東洋医学的には「冷え=水毒」と捉えるそうです。

冷えを取り除くことで、上半身下半身の体温のズレを整えるのが【冷えとり】です。


進藤義晴氏は著書でこのように述べています。


"冷えを「とる」ことで、体が本来もっている自然治癒力を正常に働かせ、健康に生き生きと暮らせるようにするのが、「冷えとり」です。"


冷えとりの方法は様々にあり、それらを実践することでかなりの時間を要する場合もあり、個人差はありますが不調が改善したという方もいらっしゃいます。



冷えの影響は全身におよぶ!






冷えると良くないということをお伝えしてきましたが、具体的にどのような仕組みで冷えがたまるのでしょうか?


まず、冷えの影響についてイメージし易い例を挙げます。石原結實氏はこのように著書で述べています。


"寝冷えをすると下痢(水様便)をしてお腹が痛むなどということはよく経験することです。"


これは水分を外に出して体を温め(水分は外に出たぶん、身体は温まる)、「冷え」から逃れようとする身体の反応です。 冷えて風邪をひくと鼻水が出るということも日常で良く見受けられます。


このように「冷え」「水」「痛み」は互いに関連しあっている現象なのです。

これは漢方的な考えにも一致しています。こちらの例を基に冷えると体に負担がかかることをご想像頂けたらと思います。下痢や鼻水など 具体的な冷えを感じたら予防・対処しようと考えますが、気がつかない冷えもあると言われてます。

普段、暑がりで汗をかきやすい方や足元が暑いと感じておられる方も体の中に冷えを抱え>ていると言われています。 特に女性は、体の構造上冷えをため易いと言われています。熱を産生させる筋肉量が少なく、脂肪の割合が多いことです。

他に冷えの原因として、外気温によるもの以外に食べ過ぎやストレスが関連していると言われています。食べ過ぎることで胃腸に負担がかかるだけでなく、 老廃物が体に溜まり易くなり冷えると言われています。

ストレスで冷える仕組みは、ストレスがかかり過ぎている状態では交感神経が優位になり、交感神経が優位になるということは、 血管が収縮している状態になるので冷えると言われています。

ストレスというと“大人事“と思われることが多いのではと思います。幼い頃でしたら家庭の中でストレスを感じることがあるでしょうし、 学校の中でもストレスを感じることはありますよね。

子供の頃からの環境や状況により、冷えをため易い体質になっていることもありますが これは意外と見過ごされ易い点かと思います。子供にも冷えが生じることで不調を来すことがあるという捉え方もできます。



冷えが体にどんな影響を与える?






足先や下半身が冷たいと感じる方は、「冷え」を抱えています。また、足が温かいとしても上半身と比べ温度が低ければそれは「冷え」があるということになるそうです。


下半身が冷える理由は、運動不足やホルモンバランスの乱れなどから毛細血管まで血液が回りにくくなり、寒いところにいることで毛細血管が縮み、 血行が悪くなり熱を発する内臓からは程遠い足先に血液が届きにくくなったことが原因です。

足が冷えることで陰と陽の気の乱れも生じ、健康に悪影響を及ぼします。


・頭痛や肩こり

冷え性の原因は、血液の循環が悪いこともあげられます。血液の循環が悪いと、肩こりや頭痛を引き起こしやすくなります。頭痛や肩こりは、何をするにもやる気が出なくなってしまいます。


・睡眠障害

手足が冷えてなかなか寝つけず、慢性的に睡眠不足になっているという方は多いようです。睡眠は、1日の疲れを回復させる為に大切なものです。
また、人は睡眠を取ることで免疫力をあげたり、記憶を定着させます。しっかりと睡眠をとらなければ、日中にだるさや眠気、集中力の低下など生活に影響を及ぼします。


・肌トラブル

冷え性になるということは、臓器や細胞の働きが悪くなるということです。 臓器や細胞がうまく機能しなくなると代謝が悪くなり、肌のターンオーバーの機能に影響を及ぼす為、肌トラブルが起こりやすくなります。

きちんとターンオーバーされないお肌には、角質が溜まってしまい、吹き出物ができやすくなります。また、色素沈着しやすくなるのでシミが増えます。


・不妊症

体全体の気血の流れが悪くなると、当然、子宮や卵巣などの婦人科系にも影響があります。子宮や卵巣の血流が悪くなるとうまく機能が働かなくなり、不妊症になってしまう恐れがあります。

また、月経不順や月経痛がひどくなったりします。


・痩せにくくなる

冷え性により基礎代謝が下がります。体が冷えると、老廃物を排出しにくくなるので水分や脂肪が溜まりやすくなります。 溜まった水分や脂肪はむくみ、セルライトになり、痩せにくくなる原因になります。


・浮腫
水は身体にとって大切なものですが、多すぎると様々な症状を引き起こします。
浮腫むことが原因で引き起こす症状が高血圧

・目まい・吐き気
足の浮腫による痛みや歩行のしづらさも生じることがあります。

・精神的な症状
イライラやうつ病の要因にもなると言われています。冷えることにより、
身体の不調をきたすことをきっかけに精神的な不調を来すという考えもあります。

上記した内容は、ごく一部です。ですが、全て冷えが原因とは言いきれないですので、一要因になり得ると思ってご参照頂ればと思います。 また、冷えをとることでこれらの不調が改善される可能性があると捉えて下さい。


冷えとりのキーワード「頭寒足熱」「腹八分目」「心地よく行う」



進藤義晴氏の著書(〜幸せになる医術 もっとちゃんと女性のための「冷えとり」生活
2012 年 9 月 26 日 PHP 研究所発行)を参考にしながらご紹介します。

様々な冷えとりの方法はありますが、手段を広げすぎて自分でもよく分からなくなってしまうことがあります。 それは、きっと体の不調を良くしたいという思いを強くもっているからそうなるのではないでしょうか。

そんな時に思い返して頂ければと思うのが「頭寒足熱」「腹八分目」「心地よく行う」というキーワードです。特に、心地よく行う、 穏やかに行う心の部分が大切だと思います。

早く改善したいという思いから、体の声をきかずに行うとかえって良い変化が出にくくなると言われています。 それは、目に見えない「心」が体の巡りに影響するからです。心や気持ちというのは脳にあると言われています。 体の声に耳を傾けながら素直な気持ちで冷えとりを行うことが大切です。

腹八分目は、文字通りに行ってみることからスタートされても良いと思います。冷えとりや体の為に摂ると「良い食べ物、摂ると良くない食べ物」を 調べてみると、たくさんの情報が出てきます。

それを見ただけで、体調改善への興味が薄れてしまいませんか?はじめから食材にこだわれそうにない方は、食べる量をいつもより減らしてみようかなと 意識するところから始めることをお勧めします。その意識をもたれるだけでも体が変化していくのを感じることがあります。




初めて冷えとりを行いたい方でも取り入れ易い、半身浴や足湯の方法について一部ご紹介します。

・半身浴、または足湯や湯たんぽ:半身浴のポイントは上半身は涼しく(腕や手も湯船に入れないこと)、 最低 20 分できればそれ以上長く入ると好ましいです。

湯の温度は、気持ちいいと感じてのんびり入っていられる温度が適度で、肌がピリピリする温度は高すぎます。 注意点は、長時間入る時はお湯の温度の下がり過ぎに注意し、追い焚きや湯を足したりして下さい。 また、お風呂から出た後は冷めないようにすぐに靴下を履くことや、足の指の間の水分もタオルで拭き取ると良いでしょう。

入浴が苦手!という方もいらっしゃいます。半身浴をして体が辛い時は無理しないで下さい。入浴が苦手な人方、怪我や時間の都合で入浴できない方は、 足湯や湯たんぽの活用も代用できます。

足湯は、深いバケツに湯を入れ、こちらも心地良さ+長くつかっていられる湯温で行います。お湯から上がった後は、 半身浴と同じように冷やさないように靴下を履くなどを行って下さい。

湯たんぽは、段ボールや木の箱に湯たんぽを入れ、毛布やブランケットなどをかけて行います。足は布と湯たんぽの間に入れます。 こちらの方法は、急な来客があった時に一回一回足を拭いて靴下を履かなくて行うことができます。

冷えとりには絹の靴下の重ね履きが良いと聞いたことがあるかもしれません。 これは、半身浴の代わりの方法と思って頂ければと思います。絹の靴下の重ね履き(天然繊維100%の靴下の重ね履き)は、 半身浴をされて「温めると心地いいかも」と感じた方が次に取り入れる方法としてお勧めします。


化繊の混じった靴下は、きつくて血行が悪くなったり蒸れてしまって汗で冷えてしまうことがあります。 そうならない為に、絹・毛・綿の天然素材で作られたゆるゆるの重ね履き用の靴下を用いると良いと言われています。

温かさを保つ為・蒸れない為に絹や綿、毛素材の靴下を何枚でも重ね履きをすると良いそうです。

(天然繊維100%の靴下を重ね履きするのが良いそうです。)興味をもたれた方は、まずは絹の(天然繊維の)靴下を試してみられてはと思います。

最初からはりきって買って、やっぱり合わないとか続かないと思われたらもったいないですので、履き心地を確かめてから複数枚購入し 重ね履きをされてみてはと思います。(まずはシルク5本指靴下から始まる4足重ね履きセットを購入して試してみるといいと思います。)


冷えとりの前に不調の原因を知る



ことから冷えとりの良いところや冷えとりを行うことのメリットをお伝えしてきましたが、 ここにきて冷えとりを行って頂く前に注意して頂きたいことをお伝えします。

特に、我慢できる程度の体調不良の原因が「冷え」だと思われないことです。はっきりと自覚できる不調であれば、 すぐに受診に行かれると思います。

この記事を読んでくださった方の中で、 恐らく今まで体の不調を感じられてきて内科などを受診され検査や治療をしても特に悪い所が見つからず 悩んできた方もいらっしゃるのではないかと思います。

その上でお読み頂いた方以外の方は特にご注意頂ければと思います。

「何となく不調」という感じ方をされている方は、受診するまでもないなということで冷えとりをされることもあるかもしれません。 ですが、「何となく不調」という状態をそのままにして時間が経ち、思わぬ病気が進行していた方のお話を伺ったことがあります。

不調をそのままにせずに治療していたら、ここまで悪化していなかったという事例もあり、治療機会を逃してしまうこともあります。

不調を感じている方はまず、医師に相談したり検診を受けられて、問題ないと判ってから冷えとりをされるとより安心ではないでしょうか。

記事を読んでくださり興味をもたれた皆さま、冷房などで冷えを感じ易い夏の季節だから
こそ【冷えとり】をスタートされることをお勧めします。

万病の元となる冷えを半身浴で改善

半身浴


半身浴が体にいいと言われる理由をご存知ですか? それは半身浴には体調不良の原因となる冷えを改善してくれる効果があるからなんです。


こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。


体温が下がると免疫力が低下したり、老廃物が溜まってしまったりと健康的な体から遠ざけてしまいます。


この冷えと病気の関係について、医師である進藤義晴先生は本を通じて注意を促しています。進藤先生によると「冷えは万病のもと」と言われるように、 あらゆる病気の原因は冷えによるものと言われています。


それぞれの著書で言われる半身浴と靴下の重ね履きこそが冷えを解消する方法であり、その中で、今回は半身浴にスポットを当ててお話したいと思います。 半身浴がなぜ必要なのかというと、半身浴によって体が温まり冷えをとり除くことで、体調を良くすることに繋がるのです。


冷え性は体質だからと放って置かず、毎日の習慣に半身浴を取り入れて健康な体を手に入れましょう。



なぜ半身浴が冷えの改善になるのか



進藤義晴


そもそも冷えが起こる原因は上半身と下半身の体温のずれにあります。体が冷えると体内の血の巡りが悪くなり、比較的臓器が多く集まる上半身に熱がこもって、 下半身の体温が低下していくという偏った状態になってしまうのです。


これを東洋医学では「上熱下寒」と言うのですが、放っておくと体の老廃物はいつまでたっても排出されず、 便秘や免疫力低下を引き起こす原因になってしまいます。


そのため冷えを改善するには体の上下の体温をバランスよく保つ必要があります。 みぞおちから下の下半身をじっくり温めることで滞った血の巡りが良くなり始め、全身に血を流すことができるのです。



私自身の半身浴の体験談



冷えとり健康法を知り、始めたのは29歳ごろ(現在37歳)です。症状としては、


・生理痛、それに伴う頭痛

就職を機に忙しくなり生活や食事のリズムが崩れてひどくなりました。生理や気象の影響で頭痛がひどくなりそのたびに頭痛薬を常用していました。


・足の冷え、朝起きたときの足と顔のむくみ

特に寒い時期に足がむくんで一回り太くなっていたり、顔がパンパンにむくんでいました。


・突然出来た眉間から鼻にかけてのかぶれのような皮膚病

突然出来てからかゆかったり化粧ができないことに困り、皮膚科で処方されたステロイドの薬で抑えていましたが治っては出来、の 繰り返しで根本的に治ることがありませんでした。


・肌の状態が不安定で、ストレスや食事によりすぐに肌が荒れていました。

特別大きな病気などとは無縁でしたが、いつも疲れていたり、頭が重かったり、いわゆる不定愁訴というか、なんとなくの不調がずっとありました。


女性は皆さん少なからず似たような症状を一つはお持ちで、 「まあ、いつものことだし市販の薬飲んだり我慢したりしてやり過ごせばいいや・・・」と諦めている場合が多いです。


薬害を安易に考えていますが、化学的なものを体内に入れているわけなので長期的に考えると問題が無いはずがないんですが・・・



半身浴(冷えとり)を続け症状は改善傾向に



今あげたものの症状の改善は時期はバラバラで治った度合いもそれぞれですが、私の場合は冷えとりして数か月~1年の間に 割れるような頭痛、歯茎が一気に3か所くらい腫れる(激痛)股関節にシコリのようなものができる、わきにシコリのようなものができる。

半身浴をすると太ももに真っ赤な湿疹が沢山出来る、などの毒出しの症状がでて、すべて薬などを使用せずに、毎日冷えとりをしながら 通り過ぎて収まるのを待ちました。


眉間に合った皮膚病に関しては一時的にひどくぼろぼろの状態になりましたがそれでも薬を我慢していて、 あるときお風呂の中で剥がれてその奥からツルツルの皮膚が現れ、元の肌よりもきれいになり、それ以降その皮膚炎は現在までできていません。


体重は変わらず、足首や顔のむくみが取れたため、見た目的にはすっきりやせた印象になりました。


その後も冷えとりを継続し、特に大きく体調が崩れることはありませんでしたが 2018年に頭くらいから咳が出始めて毎日咳が出続けて呼吸も苦しくなってきたため病院で検査を受けたところ「喘息」と診断されました。


一日中咳が止まらなかったため数か月ステロイドの吸入をせざるを得ませんでしたが これまで冷えとりを続けてきたので「ステロイドは毒!」とあまり思いませんでした。


既に、薬などの毒をしっかり外に出せるからだになっているという自信があったからだと思います。


結局ステロイドは数か月でやめて病院へ行くのもやめ、鍼・漢方と冷えとりを強化して1年くらいで症状がおさまり、今に至っています。


以上が主な症状改善の内容です。
今後また深い部分の毒出しがあるかもしれませんが、現状は気象の変化による頭痛、生理前の不調が少しある、というくらいです。


冷えとりの考え方を基準にしているので、基本的に薬はNG、小さなことで病院にはいきませんが (行っても対症療法なのでそれに対する薬が出るだけ)症状重篤な場合や不安になってストレスになる場合、 また血が止まらないなど外科的な治療が必要な場合には病院に行くことが大切だと思っています。


また、冷えとりをしているから不自然なものをすべて拒否する姿勢はとらず、 薬が処方されてそれが必須な場合(例:抗インフルエンザ薬など)指示通りに服用し、 「私は普段冷えとりをしているから薬を外に出せる体になっているし大丈夫!」という状態で過ごしていくことが、 ストレスなく、楽しく冷えとり生活していくコツだと思っています。




全身浴に勝る半身浴のメリット



冷えとり

体を温め血行を良くするという点では半身浴と変わらない全身浴ですが、どうして半身浴が冷えの改善に効果的なのでしょうか。 入浴後の体温に関しては、長い時間の半身浴と全身浴にさほど差はありません。


しかし半身浴はリラックス効果が抜群に高いことがわかっています。東京ガス都市生活研究所調べでは入浴による心拍数の変化を見ると、 半身浴の心拍数は全身浴に比べて明らかに少ない結果となりました。


(参照:東京ガス都市生活研究所調べ「快適バスライフの調べ」-ウチコト 半身浴VS全身浴どっちが良い?効果と違いを徹底実験比較)


半身浴は下半身をぬるめのお湯でじっくり温めるため、心臓の負担も軽減され心拍数もゆるやかに動くというわけです。 これにより副交感神経が活発化され、体が冷えて狂ってしまった自律神経とのバランスを保とうとしてくれます。


副交感神経が優位になることのメリットとしては疲労回復、質の良い睡眠、免疫力の向上などがあり、 健康に嬉しいことが盛りだくさんなのです。あまり体に負担をかけずに冷えを改善したい健康目的の方には、断然半身浴の方をおすすめします。



半身浴の正しい方法



冷えとり 半身浴

半身浴が冷え改善に働きかける構造を理解したところで、次は正しいやり方を紹介します。



1.お湯の温度は38〜40度に設定する


お湯は少しぬるいと感じる38〜40度に設定しましょう。それ以上高くすると長く入ってるうちにのぼせてしまうので注意です。



2.20〜30分程、みぞおち下あたりまで浸かる


少し掛け湯をしたらいざ、お風呂に浸かります。半身浴は心臓に負担がかからない胸下のみぞおちあたりまで浸かるのがベストです。 上半身が冷え切ってしまわないように上半身の水滴を拭き取り、肩に乾いたタオルをかけておくと良いです。


時間は20〜30分程度、体がポカポカしてきてじんわり汗をかいてきたなというくらいまで入りましょう。


さらに簡単に取り入れられる効果アップ方法を紹介します。



【白湯を飲む】

冷えとり 白湯

入浴中にこまめに水分を取ることは汗による脱水症状を防いでくれますが、それだけでなく体中の毒素を排出してくれるデトックス効果にも期待ができます。


デトックス効果にはむくみ改善・美肌など美容効果もあります。常温水でも良いのですが、なるべく自分の体温より高めの水を飲むことでさらにデトックス効果を上げることができるので、白湯がおすすめです。


入浴中に冷めてしまって白湯を飲むことが難しい場合は、入浴前に一杯の白湯、入浴中は常温水を飲むなどしても効果はあります。



【リンパマッサージ】

リンパマッサージ

半身浴中は時間があるので、さらに血流を良くするためにはリンパマッサージが効果的です。 特にリンパが集中しているのは、耳の後ろのくぼみ・脇・膝の裏・鼠蹊部です。これらの部分を親指を使ってゆっくり指圧して上げましょう。


10回ずつ程でも体の温まり方が全然違い、デトックス効果によってむくみも改善されてお風呂上がりには体が軽くなることを実感できると思います。



半身浴をしてはいけない場合



医師

体質改善のために半身浴は毎日するのが望ましいですが、状況によっては逆効果をもたらしてしまいます。



1.食後


食後は消化のために胃に血液が集まります。そこで半身浴をしてしまうと血液が循環してしまい消化不良をもたらしてしまいます。 便秘を引き起こすなど悪影響を与えるので、できれば1時間は入浴を避けるようにしましょう。



2.飲酒後


飲酒後も危険です。食後同様、アルコール分解に働く肝臓の働きを妨げてしまいます。さらにアルコールの利尿作用によってただでさえ 脱水症状のリスクが高い状態にあります。そんな時に汗をかく半身浴は絶対に避けるべきです。



半身浴を至福の時間に



バスグッズ

全身浴と違い時間を要する半身浴は、手間がかかり面倒に思ってしまうかもしれません。続けることで効果が出る方法からこそ、 自分にとって毎日の楽しみの1つにしたいですよね。


半身浴が至福の時間となるおすすめの方法は入浴剤を入れることです。入浴剤を入れることで香りを楽しみながらリラックスできる時間を過ごせます。 最近では発汗作用、疲労効果をもたらす成分が入った入浴剤が多くありますが、その中でもおすすめのものを紹介します。


クナイプ バスソルト ジンジャー&シトラスの香り



バスグッズ

販売元

香りのいい多くのバスソルトを出しているクナイプの製品です。様々な種類の中でも特に半身浴におすすめなのが、ジンジャー&シトラスの香りです。 クナイプは香りが強いものが多いのですが、こちらはシトラス系の香りの中にほのかにジンジャーを感じられる爽やかな香りです。


さらにしょうがの成分によって発汗作用が促され、心が癒されるとともに体も温めることができる万能なバスソルトです。



きき湯 ファインヒート リラックスナイト



バスグッズ

販売元

炭酸成分による血行促進が特徴であるきき湯シリーズの中でも、特に健康に特化したのがファインヒートです。 通常の約4倍の高濃度炭酸に、体を温める効果のある成分を配合することで体を芯から温めることはもちろん、入浴後の体温も保つことができます。


疲労回復・代謝促進・リラックス効果の全てを同時に叶えることができる優れた入浴剤です。 香りのシリーズも多いので自分に合った香りを楽しんでください。


このように半身浴は体の芯から温め冷えを改善してくれる健康法です。 原因不明の体調不良は冷えからきていることもあるので、まずは半身浴で血行を良くし、老廃物を流してみましょう。


また体調不良の自覚がなくても、冷えを改善することで自分の本来の健康状態に気づけるかもしれません。 健康な日常を手に入れて毎日を生き生きと過ごしたいですね。手軽にできる体質改善、今日から取り入れてみませんか?

冷えとり健康法の提案者、進藤義晴さんの本で私は健康になった


冷えとりの本



こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。

冷えとりが健康に良いと聞いたけど、実際に体調改善に効果があるのか?専門家の意見が聞きたいと思っていませんでしたか。

実は私もその一人で、冷えとりで体調が良くなると聞き、本当なのかずっと不思議でした。しかし、今回紹介する進藤義晴さんの本を読み実践することで嘘のように体調は改善していきました。

今回は冷えとりをされた方の実体験を踏まえ、推奨する進藤義晴さんの冷えとり健康法の本について解説したいと思います。


冷えとり歴4年の経験者が、「冷えとり」を始めた理由とは・・・



冷えとり本



私は、子供が2人いる主婦です。
冷えとり経験者であり、10年前から「冷え」にずっと悩んできました。冷えとり歴4年で、現在も「冷えとり」を続けています。

息子を出産する時、「子宮筋腫があるから、気をつけるように」と医者に言われたものの、生活を変えることもなく時はすぎました。10年後、生理の時の出血量が、新生児のオムツでも足りないくらいに。その間は、外出するのもためらうくらいの出血量で、憂鬱でした。

そして、あまりの出血量に怖くなり、医者へ行くと、


「子宮筋腫が成人のこぶし程大きい」
「すぐ子宮ごと摘出した方がいい」


と、すぐに手術を勧められました。後でわかったことですが、私の子宮筋腫は大きすぎて、エコーでは全貌はわからないほど。2回の子宮筋腫を小さくする注射をして、手術当日やっと、担当医が子宮筋腫の全貌を知るくらいでした。

無事、子宮ごと筋腫を摘出する手術は成功しました。

通常、子宮筋腫の手術は、筋腫が小さければ、お腹にメスをいれることはしません。ですが、私の場合は、筋腫が大きすぎたので、へその下から縦にメスが入った開腹手術でした。麻酔がきれると、想像を絶するほどの痛みが襲ってきます。

何とか入院生活を過ごして退院できました。

「手術をすると、身体は冷える」と聞いていましたが、実際の現実も、同じでした。足の冷えが、尋常ではないのです。いつも、足の感覚がないほど、冷たく床に足をつけられないくらいです。

一番の悩みは「夏での冷房の冷たさ」足が冷えているのに、更に冷える。いつも、長袖のカーディガンが手放せない状態でした。そして、冷えると「お腹が痛くなってくる」んです。食べすぎなどではなく、お腹の内側から、シクシク痛くなる感じです。

お風呂で温まったつもりでも、脱衣所にくると「もう寒い」要は、身体が温まっていない状態でした。寒いから、ヒートテックの化繊の温かい下着をつける、まだ寒くて厚着する。

汗をかいて、着替えずに過ごして、また冷える。の繰り返しだったと思います。
だから、体調はいつも良くなく、「あれしなくちゃ、これしてない」と焦ってばかりで、頭に血が昇っていたんですね。

そんな時に出会ったのが、「冷えとり」の本でした。本棚の本から、「取りなさい」と言われた感覚で、「冷えとり」とのご縁だったんでしょう。今では、とても感謝しています。


私が救われたオススメしたい本をご紹介します



私を「冷え」から、救ってくれたご縁のあった本を紹介します。
そして、今も読み返すオススメの本は

「これが本当の『冷えとり』の手引書」著者 進藤良晴・進藤幸恵


進藤義晴先生



著者の進藤良晴さんは、耳鼻咽喉科の先生でした。医学の知識があり、説得力があります。
そして、進藤良晴さんの素晴らしいところは、「症状が出ているところに注目するのではなく、身体全体をみて、いま出ていない未病を改善すること」を訴えていることです。

私もそうでしたが、「ここが痛いから、薬」「ここが悪いから薬を飲もう」と薬に頼ってばかりではいけない、自然治癒力を活かすこと!

そのためには、その最善策が「冷えとり」だと伝えています。「冷えとり」ですることは、とてもシンプルです。たった2つだけ!

  • 5本指くつしたを重ね履きする
  • 半身浴する

最初の感想だと「え~これだけ?本当に大丈夫なの?」と思いませんか?私も同じでした。半信半疑です!それでも、「やってみる」ことが大切です。


お金や時間の手間は、かかりません。ダメだったら、「やめればいい」だけです。
お金がかかって損することはないですよ。

いまのお悩みの「冷え」が少しでも抑えられたら、嬉しいですよね。そんな考えから、始めてみてくださいね。私も半信半疑で始めています。要するに、大切なことは、「とりあえず、信じてやってみる」につきます。

2~3日では、結果は出ませんよ。効果が感じられるまで辛抱してやってください。

すると、身体が温かくなってきます。体調が良くなると、心が変わってきます。マイナス思考が、プラス思考になっていくんです。

だんだん、身体の声が聞こえてくるようになりますよ。例えば、「あれ、今日は右肩が痛いな」とか「左の足の甲が重いな」と感じます。 あなたの痛いところ、悪いところを身体が教えてくれる感覚ですね。そんな時は、いつもより多めに靴下を履いたりして、身体を気遣っています。

以上が、経験者の感想です。

「冷えとり」の本は、あらゆる身体の症状にあうと断言しています。詳しいことは、本を読んでみて頂くと、納得されると思います。

私が驚いたことは、「いま症状がでている部分だけ治しても、治ったことにはならない」でした。
「 痛くないなら、治ったんでしょ」って思いますよね。でもそうではなくて「身体は巡っているから、たまたまそこが弱っていて、症状が出ただけ」なんです。

根本的に治さないといけないところは、「自分の思考・考え方」ということ!


『病気になったのは、あなたの責任です』
『冷えた身体は、あなたのせいです』


と突き付けられました。反論できないほど、正論ですね。

考え方を変えると、


『病気のあなたは、病気も治せる』
『冷えた身体を、あなたは治せる』


ということです。それならば、健康な身体を、冷えない身体を手に入れませんか?

あなたの心がけ次第で、可能ですよ。手術で冷え切った身体だった私は、4年すぎて現在でも、毎日5本指靴下を欠かしません。靴下を履くことも、半身浴=お風呂も、毎日私達がやる行動ですよね。

だから、ほんとうに簡単なことなんです。何も、運動や苦しいダイエットをするわけでは、ないんですから!「冷えとり」をする前の私の体温は、「35.8度」と低体温でした。だから、いつも寒くて、やる気も起こらない・疲れている状態でした。

でも現在は、平均「36.5度」その日の状態で、上下しますが、36.度から下がることはありません。以前は、足が冷えきっていて、常に「紫色」で、触ると氷のように冷たい!冷えているのは足先だけではなく、足首・ふくらはぎ・太もも・お腹も冷たかったです。

1番温かいお腹が冷えているから、下半身は冷え切っていて、足先は感覚がないほどでした。5本指靴下を4枚履いても、温かく感じられず、5枚履いていました。それ以上は、くつしたが履けず、返って血が止まってしまう感覚で諦めていました。

でも、続けていると、足が痛く感じるように!やっと血が巡ってきたと思いました。最近では、足を触ると、ほんのり温かく感じています。私がそうでしたが、皆さん「冷え」を軽んじている気がします。確かに、冷えの処方箋ってないし、仕組みもよくわからないですよね。

でも、「冷え」が「病気」に変わる!としたら、どうですか?
病気になりたくないから、未然に防ぎたいですよね。「冷え」は、あらゆる病気の根源だと、進藤良晴さんは言っていますが、病気を経験した私も、同じ考えです。

「冷え」だけでは、すぐ病気にならなくても、長い時間がたてば、病気を引き起こす元だと思います。だから、「冷えとり」は続けることが、大事なのです。

今では「冷える状態」は少なくなり、「温かい生活」を手に入れました。でも、これからもずっと「冷えとり」を継続していくつもりですよ。

寒く感じたら、靴下をもう1枚重ねて、半身浴を長めにするだけ!対応策をわかっているから、実行すれば安心です。靴下を洗濯する時は、「いつもありがとう」と感謝して、靴下の指をキチンと直して干しています。

以前は、「5本指なんて、干す時に指を出すのも面倒くさい!」と考えて履いていませんでした。心は、状況次第で変わるものですね。何事も「感謝の心」が大切だとわかります。

冷えとりの本に「5本指くつしたを履くと、身体も温かいし、心も温かいね」とありましたが、私も同感です。身体も心も温かい生活を、手に入れることができますよ。


まとめ



「冷えとり」の本は、身体を良くするだけでなく、心や考え方も前向きにする指南書だと、私は思っています。是非、「冷えとり」をしたことがない方や興味がある方は、試しにやってみることをオススメします。

そして、私のように「身も心も温かい生活」を手に入れて、人生を楽しんで頂きたいと思います。この記事が、冷えとりでお悩みの方にお役に立てましたら、幸いです。

新規会員登録

お客様からの商品評価レビューはこちら

税込8,000円以上送料無料

Q&A

Twitterのアイコン facebookのアイコン Instagramのアイコン

utatane Amazon店

utatane Yahoo店

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休業日

お問い合わせ:平日10時~17時まで
(電話に出られないこともございますのでその際はメールをお願いします。)
土日祝日は定休日です。
※午前9時までのご入金確認で
当日出荷になります!

tel:03-3866-8188
cellphone:090-9155-0662
mail:info@utatanestore.jp

オーナー紹介

当店のHPをご覧いただきありがとうございます。


私自身20代後半に体の不調が出てきたことをきっかけに偶然本で冷えとり健康法に出会い、いままで続けてきました。
今では頭痛や生理痛等解消でき冷えとりのすばらしさを実感しています。
ですがそれと同時にまだまだ冷えとり用のアイテムが少ないと感じており以前仕事で関わりのあった国内ニット工場にお願いして2014年からシルク等高品質素材を使ったニット製品の企画、販売を始めました。企画と販売を1人で行っているため色々と至らない点があるかと思いますが冷えとりを実践する女子たちのために一生懸命がんばっています!


冷えとり健康法を実践されている皆様により安心で着心地良い商品を提案させて頂ければと思っています♡


ブログでは新商品のご案内や再入荷、時々プライベートなこと等随時更新しています。よろしくお願いします!


プロフィール
紀子
1982.10.09生まれ



店長日記はこちら >>

冷えとりのキーワード

冷えとりQ&A

冷えとり関連の記事

絵解説



めんげん体験談

めんげん体験を募集しています。
>>こちらへ

ページトップへ