ひえとりソックスお店 utatane

くつしたの重ね履きで温かくナチュラルな暮らしへ

Utataneの電話番号

冷えとり靴下/天然繊維/シルク 人気冷えとりソックス通販専門店


冷えとり関連の記事

腹巻で冷えとりをしましょう!

「腹巻で冷えとり」



体の「冷え」を感じている女性、沢山いますね。




毎度言っておりますが冷えとり健康法で言う「冷え」とは、体の上半身と下半身で温度差であり、
上半身が熱く、下半身が冷たくなっている状態を「冷えている」と言います。


上半身と下半身の温度差は、約5度~6度あると言われていますので脇下の体温が36度ならば、足は30~31度ということになります。



そのため下半身を温かく上半身を涼しく「頭寒足熱」の状態にすることが、冷えとりの基本です。



冷えをとることで、体が本来持っている自然治癒力が正常に働きはじめる、という感じですね。



冷えとりのグッズはいろいろありますが今回はその中の1つ「腹巻き」をご紹介します。





見出し

1 腹巻の素材
  
  2 腹巻の選び方と使用方法

  3 腹巻の5つの効果
 ①万病を治す
   ②心を温める
 ③ダイエット効果
 ④美肌効果
 ⑤良質な睡眠

          4 腹巻で体の毒出しを
  ①春は肝臓の季節
  ②夏は心臓の季節
  ③秋は肺の季節
  ④冬は腎臓の季節
  ⑤1年に4回 消火器の季節

まとめ 腹巻を活かして、自分らしい快適な生活を!



1 腹巻の素材





腹巻きの効果を最大限に高めるためには、腹巻きに使われている繊維が大きく関わってきます。


知名度があるお店やメーカーから販売されているからと「これは良い」と安易に手にせず、素材をチェックするようにしてください。



素材は、大きく分けると、シルク、綿、麻、ウールなど天然素材のものと、化学繊維のものに分かれます。


なぜ、素材に気をつけるのかというと、化学繊維は、石油や石炭、天然ガスを原材料に人工的に作った繊維なので、たとえば天然素材のウール(羊の毛)のように、
毛自体が体温を調整したり、紫外線から体を守るなどを目的としているため保温性、保湿性に優れている特徴があるのに対して化学繊維はそういう機能性はありません。



そのため、作った熱を放出できずに蒸れて、逆に体を冷やしてしまう素材も多く、季節によっては腹部に汗かぶれを起こすこともあります。



冷えとりではおなじみ、天然素材の代表的な繊維としてシルクがあります。


シルクは天然繊維の中で最も細く長いため、繊維と繊維の間にたくさんの空気を含むことができ、その隙間の空気の断熱効果により高い保温性があります。


綿の約1.5倍の吸湿性、放射性があるため、汗をかいてもさらりと身につけられます。


また、人間の皮膚と同じたんぱく質(18種類のアミノ酸)から構成されているため、「第二の肌」とも言われるほど肌にやさしい素材。


そのため、絹の腹巻は、汗ばむ季節に身につけても、かゆみが起きたり、汗冷えしたりしにくいのです。


また、天然繊維、特にシルクは、体の毒出しを手伝ってくれます。


この毒出しについては、後ほど詳しくお伝えしますね。


冷えとり時に履く、靴下やレギンスなどと同じ考えで、腹巻も素材をまずは、意識して選んで見てください。




2 腹巻の選び方と使用方法





素材以外にはフィット感も意識して選ばれると良いです。


腹巻は、きつすぎず、緩すぎず、体に適度にフィットするものを選びましょう。きつすぎると内臓を圧迫してしまいます。


また、使い方として直接肌に腹巻きをするのと服の上から着る場合があります。


直接素肌に腹巻を付けたい場合は、シルクなど肌に優しい天然素材のものがいいでしょう。


シルク素材は、1年を通して心地よく着けることができます。


ウール素材の腹巻きの場合は、素肌に当てるとゴワゴワしたりチクチクしたりする場合もあり、
また、重ねて空気の層を作ることでより温かくなるためインナーの上から着ることをおすすめします。秋冬におすすめしたい素材です。


冷えとりは、下半身に比べて、上半身を薄着にするのがポイントです。


肌にあたる部分は、天然素材に、風がよく通るようゆったりとしたしめつけない服を着ます。


その日の気候や気温に応じて、腹巻を上手に活用してください。


腹巻は服の外に響かないため、冷えとりとして取り入れやすいところもいいですね。





3 腹巻の5つの効果





頭寒足熱を意識するためには、冷えとりではおなじみの靴下の重ね履きやレギンスを日々履くことをおすすめしていますが、
プラスアルファとして、腹巻でお腹まわりを温めると、足元までより血液が行きわたりやすくなります。


全身の血の巡りが良くなることで、健康や美容に嬉しい効果がたくさんあります。


ここで、5つの効果をご紹介します。




① 万病を治す


冷えとりは、万病を治すと言われています。


頭痛、腰痛、肩こりなど慢性的な体調不良から、ヘルペス、アトピーなどのアレルギーや皮膚病、不妊症や生理不順など様々な症状にの緩和に役立ちます。


病院に行くまでではないけどなんとなく体に不調を感じている方は、まず冷えとりを実践してみましょう。


腹巻は、免疫力をあげるために取り入れやすいグッズの1つですので靴下と合わせて着けるとよりよいと思っています。


② 心が温まる


冷えとりを実践し、頭寒足熱の状態を保っていくと、足元だけでなく心も温まるという方が多いようです。


心が温まるということは、安心に繋がるのですね。これは、あくまで個人の感覚的なものですが


少しのことでクヨクヨ気に病んだり、イライラすることが多かったり、いつまでもメソメソすることがある、という人は、冷えとりをしてみましょう。


「病は気から」と言われるように、心の持ちようが上向きになり、運気が上がっていく人も多くいます。




③ダイエット効果 


お腹や太ももが冷たいという方はいませんか?


冷えとりで血の巡りをよくしていくことで、体温も上がっていきます。


体温が1度上昇すると、基礎代謝が10~13%アップすると言われています。


基礎代謝が上がると、エネルギ―消費も上昇することから、脂肪を燃焼できる体になり、痩せにくい体質の人はダイエット効果にもなると思います。




③ 美肌効果 


肌荒れの原因の一つは、腸の働きが低下して起こる下痢や便秘です。


腹巻で腸を温めることで腸の機能が向上し、老廃物が排出され、冷えによる下痢が緩和されるだけでなく、便秘にも効果を発揮します。


また、冷えを改善することで血流が良くなり、栄養が血液と一緒に体内を循環し、シミ・しわ・たるみなどの肌の老化が解消され、美肌効果が期待できます。


④ 良質な睡眠


冷えと眠りには、自律神経が関係しています。体が冷えていると体温を逃がさないように、
活動神経である「交感神経」が優位に働き、寝ている間もリラックスできず、眠りが浅かったり、夜中に何度も目が覚めるといったことがおこります。


腹巻をプラスして、効率的に体を温めることで自律神経が整えられ、良質な睡眠をとれるようになります。





4 腹巻で冷えとりをして、体の毒出しを





  

腹巻は、お尻からバストの下あたりまでをカバーします。できるだけ広い範囲をカバーできる腹巻を使用しましょう。


そこには、腸、肝臓、すい臓、腎臓、そして女性は子宮など主要な内臓が集まっています。腹巻をすることで内臓の冷えをとることができます。


冷えとりは、東洋医学の考え方がベースです。冷えによってできた毒は、体全体を巡り、五臓六腑すべてに影響します。


日本には四季があるように、五臓六腑と季節は、深い関わりを持っています。


春は肝臓、夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓、それぞれの毒出しが盛んになります。


腹巻でカバーできる内臓も含まれていますね。





① 春は肝臓の季節


解毒器官である肝臓の働きが活発になるため、「解毒の季節」となります。


肝臓が悪い人は、怒りっぽく攻撃的になります。


その毒が腎臓へ行くと臆病な気持ちになります。


腎臓にたまった毒は肺へ流され、肺が悪い人はメソメソクヨクヨ悲観的になります。


さらにその毒が消火器に回ると、優柔不断になります。五臓六腑の働きと感情は、繋がり合っているのです。




② 夏は心臓の季節


日本の夏は、蒸し暑さが特徴です。


こうした湿気に弱い臓器が、消火器です。

消火器に毒がたまると、何とか楽になるために腎臓を攻めたり、心臓に助けを求めます。


しかし、心臓は夏に毒出しをするので、この毒をあまり受け取ることができません。夏は、心臓のためにもあまり食べ過ぎないほうがいいのです。


この時期は、汗をかくことで少しでも多くの毒を出すといいでしょう。


③ 秋は肺の季節


肺は、たまっている毒素を出すことによって病気を治そうとします。

呼吸をする時は、腹式呼吸を心掛けましょう。

息を吸うのは鼻からです。


鼻で空気を温めて湿気を与えることにより、乾燥と冷気を嫌う肺を守ります。


肺の毒を出すことを意識して、吐く息にも注意をします。

慣れてきたら、鼻から吐くようにしていきます。


下痢や便秘気味の人、皮膚病の人は、肺や大腸と関係しているので、秋は特に毒出しに努めてみてください。


④ 冬は腎臓の季節


腎臓は、骨と関係が深く、骨に障害が出やすくなります。


冬の間、腎臓の働きが活発になりたまっている毒を出していきます。

例えば、腰痛、腰の冷え、各部位の関節痛から起きやすいのは、腎臓と関わりが大きい部位だからです。


また、冬は風邪をひきやすくなります。

風のウイルスは、冷えと乾燥を好みますので、なるべく湿気のある温かさを体に与えていくことが大切です。


⑤ 1年に4回 消化器の季節


1年間に4回、各季節が立つ前に土用があります。


立春(2月3日頃)、立夏(5月5日頃)、立秋(8月8日頃)、立冬(11月8日頃)の前約2週間が土用の時期です。

季節の変わり目はすべて、消化器の毒出しの季節となります。


胃やすい臓は、次の季節に備えて、土用の時期に疲労物質など毒を体の外に出そうとするのです。


季節の変わり目に体調を崩す人は、消火器の不調とも言えます。

この時期は、食べ過ぎに注意しながら冷えとりをして、心と体を整えてください。





まとめ 腹巻を活かして、自分らしい快適な生活を!





いかがでしたでしょうか。


今回は、冷えとりのグッズの中の1つである腹巻の効果と、東洋医学の観点から各臓器の毒出しについてお伝えしました。


日本には、春夏秋冬、四季の変化がありますね。各季節をそれぞれ味わい、楽しく過ごすためにも、冷えとりはおすすめです。


根本的な治療や対策は、自分が鍵を持っています。


それぞれのペースでムリなく続けていきながら体も心も温めて、自分らしい快適な毎日を過ごしていきましょう。


始めよう冬の冷えとり【冬は腎臓の毒出し季節】





冬の冷えとり【冬は腎臓の毒出し季節】







朝晩がひんやりする季節になりました・・・今年の立冬は11月6日なので暦の上ではまだ秋なのですが、そろそろ冬に向けて準備を始めるときですね。



冷えとり健康法では、冬は「腎臓」の毒出しの季節と言われています。


腎臓には、血液をろ過して老廃物を排出し、水の代謝を調整する働きがあります。



この時期は腎臓の働きが活発になり、溜まっている毒素を出して病気や不調を直そうとします。




腎臓の毒素は腎臓と関わりのある部位へ運ばれて行き、何かしらの症状を発します。




腎機能が低下すると、身体を温める力が落ちて水の代謝が悪くなり、冷えやむくみが強くなります。


これは、腎臓が冬の寒さによる「冷え」と「乾燥」に弱い臓器であることと関連しています。



たとえば、「冷え」が進むと、からだの節目や関節、古傷が痛むことが多くなります。



この「冷え」に「乾燥」が重なると、体内で水分がうまく供給されなくなり、足首がむくむ、鼻水や目やにが多くでる、お腹が気持ち悪い感じがするといったことが起きてきます。



さらに「乾燥」が進むと、背骨や腰が水分不足で固くなってしまいます。


そのため、転んで骨折しやくなったり、腰痛や腰の冷え、肩こりなどの様々な症状が出やすくなります。



さらに、中医学における腎臓には、精を宿す「腎精」という役割もあります。


この「腎精」は、人の成長や成熟、老化にかかわっており、成長ホルモンや性ホルモンと深く結びついています。



そのため、「冷え」が進んで腎機能が低下すると、女性の場合は生理痛や生理不順に悩ませられることも多くなってきます。



さらには生きるためのエネルギーである「腎精」が減るので、中耳炎や耳鳴りだけではなく、難聴になったり、白髪が増えたりといった老化現象までもが進んでしまうのです。



また、この時期は「冷え」により代謝機能が落ちるとともに免疫力が低下して、不調を起こしやすくなります。



半身浴で身体の芯から温まり、頭寒足熱の状態を保てれば過ごしやすくなりますね。




冬は秋に引き続き肺の働きも悪くなり、冷たい空気を吸うことで咳が出やすくなります。



咳・鼻水・発熱も毒出しの症状なので、無理に薬で抑え込むのではなく、半身浴や靴下の重ね履きを徹底して症状を出し切るようにしましょう。





冬の冷えとり対策





腎臓は人間の身体の中で一番冷えやすい臓器といわれていますので、冬は特にしっかり冷えとりをすることが大切になります。




―半身浴





冬の半身浴ははじめは肩が冷えたりするのでやりにくいと思うかもしれませんが、そんな時は半身浴中肩にタオルなどをかけて入ったりするなど工夫して入ってみてください。



体が芯から温まれば上半身の空気が冷たいことが心地よく感じられるようになります。



温度は38~40度のぬるめのお湯に20分程度つかるのがいいでしょう。



このとき、湯船で温まりながら白湯で少しずつ水分を補うと、体内からも温めることができます。


一口ずつ口に含みながらゆっくりと、時間をかけて少しずつ、がコツです。これで水分の吸収が高まります。




―足湯




病気、体調不良で半身浴はハードルが高い、という方に足湯がおススメです。



冷えとり健康法では足首から下を温めることが重要ですので、足湯であっても十分効果があります。



疲労感も抜けやすいので一日の終わりに行ってみてください。


足裏が楽に入る大きさの洗面器やバケツに、入浴温度よりやや高い温度(ちょっと熱いと感じるくらい)のお湯を両足のくるぶしがつかるくらいまで入れて、筋肉の緊張がゆるんでいくのを感じてみてください。



このとき、身体を支えている足の三点を意識すると、蓄積疲労に冷えが重なって固くなってしまった身体を効果的に柔らかくするのに効果的です。



足→アキレス腱→膝→背骨という順序で身体がポカポカ温まり、こわばった筋肉がゆるみ弾力を回復して整ってくると同時に活力がよみがえり、
重心がさがって身体に安定感が出てくるのが感じられるでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。




―冬の食養生


冬は気温が下がるためのどの渇きを感じにくく 「冷え」や「乾き」により実際は水分が不足しているのに水分を吸収できないでいることがあります。



この時期は温かくて消化の良いスープや鍋物を積極的にとり、確実に水分を摂りましょう。



また冬だけに限りませんが、乳製品や砂糖など腎臓に負担をかける食べ物はできるだけ控えることが大事です。



同時に、腎臓を補う食品、特に黒豆、アズキ、黒米など利尿作用や活血化瘀(かっけつかお)作用のあるものや、
ヤマイモ、サトイモ、レンコンなどの腎精補充効果のあるネバネバ系の根菜類を積極的に摂ることをおすすめします。


また、同じ根菜類のにんじん、ごぼうなども陽性の食品なので冷えとりに効果が期待できます。


ただし、食べ過ぎには注意してくださいね。満腹になると血が胃に集中してしまい、血流が悪くなってしまいます。



甘いものを控え、よく噛んで、消化器に負担をかけないよう、冷えとりでは常に腹八分目をおすすめしています。



―服装


冬のファッションも頭寒足熱が基本です。下半身を温かく保つには、最低4足の靴下の重ね履きに加えて、レギンスやレッグウォーマーがおすすめです。


レギンスも靴下と同様、一番内側は絹にして、その上に綿やウールなどの天然素材、と重ねてみてください。


きついストッキングやガードルなどは、ほとんどが化学繊維で蒸れることにより冷えの原因となりますし、その部位の血流が滞ってしまうため避けましょう。



Utataneの冷えとり重ね履き靴下セットはこちら。
Utataneのシルクレギンスはこちら。
Utataneのウールレギンスはこちら。

どんなときでも、締め付けないゆったりしたものを使うことをおすすめします。


また、腎臓のある腰回りを中心に血行を良くするよう、腹巻や温かい素材のパンツでしっかり守ってあげることを心がけましょう。


お腹、腰回りを温めるだけで、かなりポカポカしてきますよ。電子レンジで温めるホットピローや、さくらんぼの種を温めるチェリーピローなどもおすすめです。


そのほか充電式の湯たんぽも安価なものがありますので是非調べてみてくださいネ。




まとめ





もうすぐ冬本番。これからますます冷え込みが厳しくなりますが、冬は気温が下がり夏と違って温めることに違和感がなくなり冷えとりがしやすい時期でもあります。



定番の半身浴、靴下の重ね履き、足湯などを毎日実践し「頭寒足熱」を心がけて生活しましょう。



そして一年で一番毒出しが盛んになる解毒の季節である「春」に向けて、冬の今のうちにしっかり冷えとりをしていきましょう。


冷えとりグッズで体も心も温めて、健やかな毎日を!



「いつも頭痛がして、仕事に集中できない」


「毎月生理痛がきつくて、寝込んでいる」


「眠りが浅くて、夜中によく目が覚める」



こんな風に、原因のはっきりしない症状で悩んでいる女性は多いようです。



実は、すべての病気の原因は、身体の「冷え」からきています。



この「冷え」をとる「冷えとり健康法」を実践することで、身体が整い、毎日を健やかにすごすことができます。



これは、愛知県で耳鼻科医をされていた進藤義晴先生が東洋医学の観点から開発された、身体の「冷え」をとり、万病を予防する健康法です。



これからご紹介する「冷えとりグッズ」を使用することで、「冷え」をとることができるのです。




この記事では、

1 身体の「冷え」の原因

2 健やかな毎日をすごすための「冷えとりグッズ」

3 「冷えとり」の嬉しい効果

4 心配しなくて大丈夫!瞑眩(めんげん)について
についてお伝えします。





身体の「冷え」とは?




身体の「冷え」とは、上半身と下半身の温度差のことを指し、上半身が熱く、下半身が冷たい状態のことです。


私たちの身体は、37度前後ある上半身に対して、下半身は下にいくにしたがって低くなり足元は31度以下になっています。



この「冷え」のために、血管が縮んで血液の巡りが悪くなります。


そうなると、内臓の働きが悪くなり、老廃物が溜まって、免疫力も低下し、病気の発生へ繋がります。

「冷え」により内臓の「毒出し」ができないため、病気になるのです。



アトピー性皮膚炎、糖尿病、心筋梗塞など、すべての病気は「毒出し」と言えます。



東洋医学には、陰陽2種の気が体内を循環していれば健康、循環が乱れて滞ると病気になるという考えがあります。



陰の気は下から上にあがり、陽の気は上から下にくだる性質を持っています。



陰の気は冷たいところが好きで、陽の気は温かいところが好きなのです。



したがって、足元が冷たく上半身が温かいと、陰の気は上へあがろうとせず、陽の気は下へくだろうとせず、気の巡りが悪くなるのです。



気と血は、同時に巡るとされており、気の巡りが悪ければ、血の巡りも悪くなります。

この身体の上下の温度差ができてしまった状態が「冷え」なのです。



冷えとりの原則は、「頭寒足熱」です。「頭寒足熱」とは、文字通り頭が寒く、足が温かい状態をさします。



この状態になれば、血液の循環が良くなり、本来私たちの体にある自然治癒力が働きはじめます。

「頭寒足熱」の状態にするのが、「冷えとり健康法」です。





健やかな毎日をすごすための「冷えとりグッズ」





「冷えとり健康法」は、「下半身を温める」というシンプルな方法です。


仕事や子育て中で忙しい方でも、毎日の生活の中に簡単に取り入れることがでる「冷えとりグッズ」を8つご紹介します。


① 靴下

足裏は、内臓と直接繋がっていて、冷えや食べすぎの毒を多く排出しています。

毒を吸いとってくれるシルク・綿・毛など天然素材のものを選びましょう。


4枚以上の重ね履きが推奨されています。


1. まず絹の5本指を履く


2. 毛(または絹)の5本指を重ねる


3. 絹の先丸を履く


4. 毛(または綿)の先丸を重ねる




Utataneのビギナーさん4足重ね履きセットはこちら!


② レッグウォーマー

靴下の重ね履きをして、さらにレッグウォーマーを履くことで、足元が心地良く一層温かい状態を保てます。


オフィスやカフェなど足元が冷える場所でも重宝します。素材は、シルク・綿などの天然素材のものを選びましょう。



③ レギンス

靴下の重ね履きをして、レギンスを履くことで、足全体を覆う形になります。


さらに、レッグウォーマーを重ねると、保温力も高まります。

素材は、シルク・綿などの天然素材のものを選びましょう。













できるところから取り入れて、冷えとりファッションを楽しんでくださいね。




④ 腹巻

お腹~腰回りも大切な臓器が集まっているところです。


夏もお腹周りが冷えている方は多くいます。シルクや綿の天然素材のものを使って、優しく温めてください。

保温性・吸収性にも優れていて、肌に優しい素材です。




Utataneのシルク腹巻はこちら!



⑤ 湯たんぽ


寝るときに足元を温めるのは、湯たんぽが最適です。


自然に冷めていく陶器製のものが理想的です。

ゴム製の湯たんぽは持ち運びに便利なので、出先で役立ちます。


また、オフィスワーク中、エアコンで顔は熱いのに足元が冷えてしまうという方は、湯たんぽで足元を温めましょう。



⑥ 布ナプキン(布ライナー)

会陰にあたる部分も、綿・ネル・シルクなど天然素材のものを使って温めましょう。

会陰、膣を大切にすることで、その奥にある子宮を大切にすることにも繋がります。


女性の身体は、子宮などの構造上、男性よりも「冷え」を自覚しやすくできています。


不妊や生理痛・生理不順に関して悩んでいる方が多いのですが、こうした悩みのほとんどは、「冷え」が原因で起こるのです。

布ナプキンで身体を「冷え」から守ってくださいね。



生理日以外にライナーを使われている方も、天然素材のものを使用するようにしましょう。



Utataneではオーガニックコットンのおりものシートなど 販売しています。



Utataneのオーガニックコットンライナーはこちら!



⑦ インナー

肌に直接ふれるインナーも、絹や綿などの天然素材のもの、できるだけ締め付けの無いものを選びましょう。


天然素材の心地よさを直に感じることができます。

最近は、自分で紐の結びが調整できる「ふんどし」を愛用する女性も増えてきています。



Utataneの天然繊維インナーはこちら!



⑧ あずきカイロ

綿・ネルなどの天然素材の布を筒状にして、その中にあずきを入れた「あずきカイロ」です。


電子レンジで、40秒前後温めて使用します。あずきは、水分をたっぷり含んでいるため、湿熱による優しい温かさがあります。



オフィスワーク中、子宮あたりに置くと、お風呂に入っているようなじんわりした温もりを感じながら仕事ができます。




小豆カイロはこちらで購入できます




「冷えとり」の嬉しい効果





ご紹介した冷えとりグッズを使用することで、身体の調子が整うだけでなく、その他の嬉しい効果もあります。



① お肌の調子が整う

身体の子が整ってくると、自然にお肌の調子も整い、しっとりした綺麗な素肌になってきます。


体重が減ったり、ぐっすり眠れて睡眠の質も高まったり、疲れにくくなったりと嬉しい効果を感じることができます。



② 心が整う

少しのことでイライラしたり、クヨクヨ気に悩んだりするとう方は、まず「冷えとり」をしてみましょう。

心の冷えも「毒」になるのです。



足元を温めると、心も温かくなってきます。

心が温まるということは、安心に繋がるのです。


「病は気から」と昔から言われていますが、「冷えとり」でそれを実感することができます。





心配しなくて大丈夫!瞑眩(めんげん)について




最後に、「冷えとり」をすることで、身体に起こる好転反応についてお話します。

瞑眩(めんげん)と言われる症状です。


個人差があり、1年後、2年後に症状が出る方もいれば、あまり症状を感じない方もいて、様々です。


顔や首、両腕、下半身、背中、お尻、足の裏など人によって症状のでる部位も違います。


アトピー性皮膚炎にようになったり、皮膚がただれてかゆくなったり、頭痛や吐き気がしたり、これも人によります。


瞑眩がでてくるのは、毒をだす力がでてきたためです。

「冷えとり」により、自然治癒力が働きはじめ、今までため込んだ毒を強くだそうとしています。


「大丈夫かな」と不安を感じる方もいるかもしれませんが、怖がらないでくださいね。


身体が正常に働きはじめた印です。真の健康に繋がると捉えて、自分の身体とゆっくり向き合う時間にしてください。


めんげん症状についてはこちらでまとめています。


合わせてご確認ください。



めんげん症状について

まとめ




「冷えとりグッズ」の基本は、シルク・綿などの天然素材です。

なぜなら、保温性に優れ、身体の毒出しを手伝ってくれるからです。


季節に関わらず、下半身、特に足元を一年中温めて「頭寒足熱」の状態にしていきましょう。


身体を温めることで、心も温かくなってきます。

心が温かくなると、不安が軽減し、前向きに人生を歩みだすことができます。


自分を大切にすることは、まわりの人や自然を大切にすることにも繋がります。


あなたがくつろいで、毎日を心地よく過ごせますように。


▽参考文献
・新版 万病を治す冷えとり健康法 (進藤義晴 農文協)
・幸せになる医術 これが本当の「冷えとり」の手引書 (進藤義晴 進藤幸恵 PHP)
・幸せになる医術 女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活 
(進藤義晴 進藤幸恵 PHP)

秋の冷えとり! 秋は肺の毒出し季節

秋の冷えとり! [秋は肺の毒出し季節]




まだまだ暑い日が続きますが、今年は8月7日から暦の上ではもう秋です。


少しずつ朝晩が涼しくなり、寒暖差が出始める頃ですね。でも、秋という季節はこの「寒暖差」が曲者なのです。



秋になると、日中はまだ暑いのに朝晩は驚くほど冷え込むので、気温の急激な変化に対応しようと身体は体温調節に必死です。


特に、夏の冷えとりをキチンとしていないと、夏の間の冷房や冷たい物の摂りすぎで自律神経が弱っているところに、
秋の長雨や低気圧の影響も相まって自律神経が乱れ、血の巡りが悪くなりがちです。


こうなると、疲れやすくだるい、疲れやすい、食欲がなく胃がもたれる、よく眠れない、立ちくらみやめまいがする、頭痛や肩こりがする、便秘や下痢などといった夏バテに似た不調が続きます。


これがいわゆる「秋バテ」です。



このような秋バテだけではなく、冷えとりでは秋ならではの季節の注意点がいくつかあります。


この記事は、立秋が過ぎたら注意すべき秋の毒出しと冷えとり対策についてです。





秋は「肺」の毒出し季節ー「皮膚」「大腸」「粘膜」との密接な関係




冷えとりでは、秋は「肺」の毒出し季節です。


東洋医学では「肺は皮毛に生ず」として、呼吸器に皮膚を含めています。


つまり、肺の機能が正常ならば皮膚病にならず病気にかかりにくくなり、肺の機能が弱まると皮膚に病気が現れやすくなると考えられているのです。


肺は乾燥や冷気を嫌う臓器です。


そのため、秋から冬にかけて冷えが進み肺の水血が不足してくると、肺に溜まった毒はのどや鼻から咳や鼻水だけでなく、
ぜんそくやアレルギー症状、皮膚の乾燥に伴うかゆみや湿疹、アトピーの悪化などの形で排出されます。


実際私自身、35歳になるころ急に喘息になり、特に秋以降の冷たく乾燥した空気を吸うことで悪化が顕著なため注意しています。


肺は「大腸」や「粘膜」とも密接な関係があります。


特に、この時期は空気の乾燥により皮脂腺や汗腺が閉じやすくなるとともに身体から老廃物が出しづらくなりなってしまいます。


そのため、便秘になりやすいと言われています。この季節は特に注意して冷えとりをして毒出しすることが大切です。




秋の冷えとり対策




秋には、秋バテと肺の毒出しがメインの冷えとり対策が必要です。


とは言っても、秋の冷えとりの基本ももちろん「頭寒足熱」。下半身を暖かくし、上半身を涼しくするよう心がけます。


靴下の重ね履きは、定番アイテムです。暑いと感じても、靴下の枚数は極力減らさないようにしてください。


むしろ、体調が悪いときは、靴下の重ねばきの枚数を増やしましょう。


素材は1年中同じですが、排湿効果と保温力が高く毒出しも手伝ってくれる絹と天然素材の綿が望ましいです。絹→綿→絹→綿と最低4枚は重ねて履くことをおすすめします。



そして引き続き半身浴がおすすめです。特に、咳や鼻水がでてきたなと思ったときは、半身浴の時間を長めにとりましょう。


やや温めのお湯に20分ほどつかっていると、毒出しが進み副交感神経も優位になるので、秋の冷えとりに効果てきめんです。


また、秋の冷えで身体が冷えてくると、足の第三指と第四指の間がくっついてきます。そこで、この足指の間を開いてあげて足湯をするのもおすすめです。


足を温めてあげることで、骨盤が締まってきて冬場に冷えない身体にもなります。


骨盤が締まると、冷えによる卵巣の機能低下や生理痛といった女性特有の症状が緩和され、一年を通して多少楽に過ごすことができるようになります。


また、この時期は、夏の間当たり前のようにかいていた汗がだんだんかけなくなってくるため、行き場をなくした汗がむくみとなって現れます。


大腸にも水がたまりやすく、さらにすすむと膀胱炎になったりします。



そのため、毎日30分程度の散歩など軽めの運動をして汗をかくことで、むくみを防ぐだけではなく、血流を改善し、自律神経の機能を回復させることもできます。


また、秋だからこそ、水分補給をこまめにして肺がいつも潤っている状態にすることも大事です。


この時期にしっかり水分を摂らないと、身体が冷えやすく寒さを感じる体質になってしまいます。風邪をひいたり肺炎を起こしたりするのは、水分補給が足りない事も理由のひとつです。


私自身夏でさえも水分をしっかりとることが苦手なタイプですので気を付けないといけません・・・





秋の食養生




秋は食欲の秋、実りの秋。


食べ物が旬を迎え、とにかく美味しくて栄養価も高いものがたくさんあります。この時期は、肺を潤わせる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。


食事に気を付け、旬のものを手作りして食べている方は、意識しなくとも摂取できているかと思います。


肺を潤す食べ物には、大根、かぶ、キャベツ、しろねぎ、梨など、空気が乾燥してくる季節に採れるものがあります。


たとえば大根は、肺を潤すだけでなく、身体の余分な熱を取り去り、咳や痰を改善する働きがあります。


かぶは消化を助ける働きもあり、秋バテで弱った胃腸のサポートにも適しています。


しろねぎは、血の巡りをよくする効果が期待できるため、身体の冷えを取り温めます。


梨に含まれているアスパラギン酸やクエン酸は、疲労回復が期待できると言われています。


さつまいもやかぼちゃ、じゃがいもなどの根菜も、身体を温めて免疫力を高める効果があります。


また、不足しやすいタンパク質やビタミン、ミネラルは意識して摂るようにしましょう。


豚肉、レバー、納豆、まぐろ、かつおなどは、疲れを和らげ自立神経を整える働きのあるビタミンB1を多く含むので、この時期におすすめ食材です。



旬の食材を食べることは大事ですが、食べ過ぎは身体を冷やす元となるので腹八分目がいいでしょう。


冷たいものを控えて、「温かいものをよく噛んで食べる」ことも重要です。





その他の冷えとりポイント




この季節は、呼吸法を意識することで肺を潤すこともできます。


鼻から息を吸って、肺の毒を出すようにしっかり息を吐く。


丹田を意識して腹式呼吸でやるとより効果的です。



実は、秋は気を高めて体質を改善する絶好の季節。


秋を迎えると、夏に緩んでいた身体が締まり気が満ちてくると同時に、頭の動きが活発になって感受性が豊かになります。


だからこそ秋は、心と身体を統一するのにピッタリの季節なのです。


深い呼吸とともに、肺の毒出しだけではなく、ばらばらになった頭と身体が調和していきます。深呼吸なら、時間も場所も選ばずに簡単にできますよ。





まとめ




秋の冷えは気温の寒暖差や空気の乾燥から生じるもので、咽喉や鼻、気管支などの呼吸器と皮膚に影響を受けやすくなっています。



そんな秋の冷えとり対策は、定番の半身浴、靴下の重ね履き、足湯といった「頭寒足熱」以外にも、乾燥が苦手な肺のための水分補給が大事になってきます。



また、この時期は肺を潤わせる秋の旬な食材をおすすめしていますが、食べすぎは冷えのもとなのでこれまで通り腹八分目にしておいてくださいね。


さらに、秋ならではの気を満たして頭と身体を調和する深い呼吸法で、冷えとりの効果を実感してみてください。


秋バテを乗り越えて秋の肺の毒出しをしっかりしておけば、次にやってくる冬の腎臓の毒出しが楽になりますよ。


冷えとり実践中におすすめの飲み物について

冷えとり実践中におすすめの飲み物




冷えのある方は夏にはエアコン、冬には外気温と一年中つらいものです。


今回はその冷えをとるためにお勧めの飲み物を紹介します。




冷えがある、とは


特に決まった病名がある訳ではありません。


しかし、手足の先が冷えるので、なんとかならないかとお医者さんに相談する人もいらっしゃると思います。


冷えとり的には上半身と下半身の温度差のことを「冷え」と呼んでいます。


これは東洋医学的な根拠のない考え方だ、と思われるかもしれませんが、
西洋医学でも冷え性は手足の先などの末梢の血液障害であるという意見が多くなっています。



末梢の血液障害がおこる病気としてはわかりやすいもので言うと糖尿病などがあります。

まずはそのような病気がある場合にはその病気を治すことが一番なのですが・・・


治療と同時に冷えとりを取り入れていけるといいと思います。



また、一見健康だと思われる人でも冷えは存在します。


この場合には自律神経の調整不良による血管運動神経障害が原因になっていると言われています。


自律神経の調整不良は女性ホルモンのバランス異常、ストレス、ダイエットにより発生しますが、そのほかの原因もあるかもしれません。



実際に冷えがある人では体の中心部の体温(上半身)と足先の皮膚温では6~9℃の差があります。


また暖かいと感じる温度が高い(温度感覚閾値【おんどかんかくいきち】)ことも知られています。


<参考資料> 尾形優 他:冷え症の生理学的メカニズムについて―循環動態および自律神経活動指標による評価― 日本看護技術学会誌 2017 年 15 巻 3 号 p. 227-234 https://doi.org/10.18892/jsnas.15.3_227



冷えとりと飲み物




暖かい飲み物を飲むと「体が温まる」と感じるので、冷えの症状が取れることがあります。


のどが渇くと飲み物が飲みたくなりますが、コップ一杯の水を飲むだけでその渇きは解消します。


実際に必要な量の水分ではなくても、のどに水が通過するとその信号が脳に伝わり渇きが癒されるのです。


また炭酸水は炭酸の刺激によって体温を下げることが分かっているので、冷え性の人はあまり飲まない方がいいでしょう。



<参考資料> 講演会:―水分補給のサイエンス― 講演2「水分補給の生理学メカニズムと熱中症の予防」鷹股亮 講演記録 http://www.ilsijapan.org/ILSIJapan/BOOK/Newsletter/Water-2-NL_1006.pdf 高木 絢加 他:炭酸水による口腔への刺激が深部・末梢体温に及ぼす作用―Sham-feeding (偽飲) による口腔内刺激を用いた評価― 日本栄養・食糧学会誌  2014 年 67 巻 1 号 p. 19-25 https://doi.org/10.4327/jsnfs.67.19


 

白湯【さゆ】


白湯とは文字通り水を沸かしたものです。インドの医学アーユルヴェーダ沿った健康法をされている方にはなじみのものですね!


白湯は、飲むことによって全身の血流が改善することが知られています。


これは、白湯がのどを通ることによって「暖かい」という快感が脳に伝わること、胃が刺激されることによって副交感神経系が刺激されて血管が広がること、
首の血管が暖められることにより脳が「暖かい」という快感が先に立ち、足先からくる「寒い」という不快感が抑えられるという働きによるものです。



朝食前に飲むことによって、白湯の効果が増すと言われます。


これは、睡眠中は絶食、絶飲状態であるので目覚めの時には脱水状態であること、体内時計にスイッチが入るという二つの理由からです。


目覚めの際には脱水状態にあってもあまりのどが渇いたという気持ちはわきません。


これは副交感神経が高まっているためです。副交感神経は体を休めて、疲労を取るために働いているので「渇き」のような不快感で目が覚めないようにその不快感を抑えているためです。


体内時計は一日の初めにリセットされます。リセットするための刺激は光が一番といわれていますが、飲みものを飲むことによってもリセットされることが知られています。



<参考資料>
山王丸靖子他:若年女性の冷えと食および生活習慣との関連 日本食生活学会誌 2016 年 26 巻 4 号 p. 197-204 
https://doi.org/10.2740/jisdh.26.197
佐々尚美 若齢女性における冷え感の改善に関する研究 : 冬期における暖める部位の検討
人間と生活環境 2010 年 17 巻 2 号 p. 49-55
https://doi.org/10.24538/jhesj.17.2_49



 

ハーブティ


ハーブティはハーブを煎じたものです。

ですからこの場合の「ティー」は、日本語の「茶」の意味とは異なります。



ハーブとは本来「人に役立つ植物で茎が気にならず柔らかく開花後は朽ちる植物」と定義されています。


アイタデやあるアルカネットのように染め物に使われるものやセンブリなど漢方薬の生薬になるもの、
カモミールの様に欧州で体の調子を整える代替医療に用いられるものなどスパイス(香辛料)に比べて広い範囲をカバーしている言葉です。



日本では欧米で代替医療として認められている植物をさすことが多いようです。


ハーブを現在でいう代替治療として用いた歴史はとても古いものです。紀元前3000年前のシューメールにハーブを使った記録が残っています。


お腹の調子が悪い時に飼い犬が雑草を食べることを考えると、ハーブを人間が使う事は本能に基づいたものかもしれません。


白湯でも冷えを取る効果があるので、人への直接効果が知られているハーブを煎じたハーブティはさらに冷えとりに効果があります。


ハーブティの体に良い成分は医薬品のように一つのハーブに一つの成分という訳ではありません。



様々な成分がハーブには含まれています。その成分はハーブティに染み出て、消化管から吸収されて体内で働きます。


また、揮発性の成分では香りとして鼻の神経を刺激して、脳に届き作用を示す場合もあります。


いくつもの成分が含まれていますが、医薬品の様に即効性は少ないと考えられていますが、成分がお互いに影響しあって作用(相互作用)を強くしている可能性があります。


(当然逆の場合も想定できますが、各成分の相互作用に関する研究はほとんどありません。各ハーブとしての評価があるだけです。)


ハーブティをよりよく楽しむためには、実際に手元で栽培することをおすすめします。

新鮮な香りが楽しめるからです。

この香りは栽培することによってしか手に入れることはできません。


ですが、忙しく、栽培している時間のない人がハーブティを楽しむためにはドライハーブは役に立ちます。


また、いろいろなハーブを楽しむためにはドライハーブの方が簡単です。


一般的にハーブティは苦みや個性的な香りがします。

そのため苦手だという人もいますがその場合には、甘みのあるハーブのリコリスやステビアをブレンドするのもお勧めです。


また甘味料として有用な成分が含まれているはちみつを使ってみるのもいいかもしれません。

せっかく自然の恵みをいただくのですから、人工甘味料は避けた方がいいでしょう。


砂糖も完全に精製した白砂糖はあまりお勧めできません。

果物の力を借りるためにジャムを使う方をお勧めします。


<参考資料>
山元奈美 他:ハーブの日常生活への利用―特にハーブティについて
日本調理科学会誌 2016 年 49 巻 5 号 p. 333-336
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/49/5/49_333/_article/-char/ja
阿部 又信:連載講座 イヌ・ネコの基礎栄養 (2)食性、思考、食事の摂取量など ペット栄養学会誌 1999 年 2 巻 2 号 p. 70-77
https://doi.org/10.11266/jpan1998.2.2_70




ルイボスティー


ルイボスティーは一般的なハーブティとは異なり、その製造過程に発酵という手段が一つ入っているのが特徴です。


もともとは南アフリカのセダルバーク山脈の高地に生息するマメ科植物から作られたものです。



古くから先住民のあいだで薬用飲料として飲まれていました。

美しい紅色が特徴で第二次世界大戦のときに紅茶の品不足の代替品として普及しました。


日本に輸入され始めたのは、1990年代からでタンニン含量が低く、
カフェインが含まれないこととミネラル(鉄、マンガン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛、銅)が含まれることで、今注目を浴びています。


(カルシウムやカリウムはお茶(ウーロン茶、玄米茶、番茶、紅茶)にも含まれています。)



ルイボスティーは最近の研究で抗酸化作用があることが示されています。

ルイボスティーに含まれるポリフェノールがその作用を示していることが実験室的に明らかにされています。


ルイボスティーに含まれているポリフェノールが抗酸化作用を示すことが明らかになっても、ルイボスティーを引用した場合の抗酸化作用を示すかどうかは、人で引用した場合に抗酸化作用が示されるかどうかで初めて明らかになります。


ルイボスティーの抗酸化作用は人でも確かめられていますが、SODが上昇するという点は実際の抗酸化作用と矛盾する場合があるので、気を付けることが必要です。

【抗酸化作用とSOD】

人間が生きていくためには、酸素を肺から取り入れて細胞内に届けてエネルギーを創ることが必要です。


しかし、そのエネルギーを作る過程で過酸化酸素というものが作られます。



過酸化酸素は白血球が細菌を殺すときに用いることから毒性のある物質であることが分かります。


細胞内でエネルギーを算出した時に余分にできる過酸化酸素はSOD(Superoxide dismutase)という酵素で無毒化されます。


これは人間の体のホメオスタシス(恒常性)を保つための仕組みの一つです。


そのため、SODが増加すると言うことは体内の過酸化酸素の量が増えていると言う事です。



したがって、SODを増やす物質が必ずしも体内の酸化状態を改善しているのではなくて、促進している場合があるので注意が必要です。




ルイボスティと冷えとり

冷えとりに対するルイボスティのメリットは以下の通りです。



・暖かい飲み物であること。


・ミネラルはストレスを耐える力を高めるので、自律神経系の乱れに対して抑える方向に動きます。


・カフェインは交感神経系が優位する作用があるので、取りすぎないことがお勧めですが、そのためにカフェインを含まないルボスティがお勧めです。


・過酸化化酸素を抑えることによって、血管の老化が抑えられる可能性があるので、ルボスティの抗過酸化作用はその助けになります。


・ルボスティの鮮やかな紅色はそれを見るだけでもリラックスできます。



<参考資料>
人見英里他:ルイボスティー(Aspalathus linearis)の抗酸化性 日本食品化学工学会誌
1999 年 46 巻 12 号 p. 779-785
https://doi.org/10.3136/nskkk.46.779
ルイボスティー
日本SOD研究会 ルイボスティー特集
http://www.sod-jpn.org/pdf/rooibos.pdf



冷えとりと飲み物まとめ



冷えは末端の体温が下がることによって生じます。

その温度調節には脳が大きな役割を果たしています。


飲み物はのどを通過することによって、信号を脳に送ることから暖かい飲み物を飲むことにより、温感は脳から末端まで広がることから暖かい飲み物には冷えとりに適しています。


リラックス効果も同じように脳からの信号で末端の体温を上げる効果があります。

暖かさとリラックス効果からハーブティをお勧めします。


ハーブティ以外ではルイボスティーもお勧めです。

ルイボスティーはお茶とは違いカフェインを含まないので、寝る前に飲んでも大丈夫です。


抗酸化作用を持つという説もありますので、肌の老化などが気になる場合にはルイボスティーを飲んでみるのもいいかも知れません。


◎シルクを長持ちさせる方法とは?

 

シルクを長持ちさせる方法とは?洗濯・管理・お手入れ・修復方法のご紹介




シルクは18種類のアミノ酸を含むたんぱく質で構成されたとってもデリケートな天然繊維です。


なので、普段身に着けている衣類と同じように洗濯機でジャブジャブ洗ったり、天日干しで乾燥したりしてしまうと、ゴワつき、変色、破れなどの原因となります。


そこで今回は、冷えとりに欠かせないシルク製品を長持ちさせるポイントをご紹介します。




シルクの正しい洗濯方法



Utataneで取り扱っているシルク製品は基本的にご自宅で手洗いが可能となっていますが、なかには洗濯ができない製品もあります。


洗濯をする前に必ず「洗濯表示」をご確認ください。



自宅で洗濯ができる場合

桶に張られた水に手が入っている洗濯表示が描かれています。40℃以下の水で手洗いが可能です。


自宅で洗濯ができない場合

桶に張られた水に手が入っている洗濯表示に大きな「×」が描かれている。残念ながらご自宅での洗濯ができません。




正しい洗濯手順


①洗い桶に20℃前後のぬるま湯を張り、おしゃれ着専用の洗剤を溶かして洗い液を作ります。


②洗濯をするシルク製品を裏返し、洗い液の中を泳がせるように両手で優しく左右に振ります。


汚れがひどい場合は軽く押し洗いしてください。どうしても汚れが落ちないときは、広げた洗濯物を手のひらに乗せて柔らかなスポンジで上からポンポンと優しく叩くように落としていきましょう。



③洗剤が残らないようにしっかりとすすぎます。


すすぎを行う際も20℃前後のぬるま湯を使用してください。


洗濯中のときと同じようにぬるま湯の中で泳がせるように両手で優しく左右に振りながらすすぐのがポイントです。お湯を取り換えながら3回ほどすすぎましょう。


④しっかりすすいだら、クルクルと丸めて手のひらに乗せて軽く水を切ります。


ギュッとひねるように絞ってしまうとシルクがダメージを受けてしまいます。


まだ水分が残っていると思いますので、乾いた柔らかな大きめのタオルを使ってタオルドライを行います。


⑤タオルドライ後、直射日光の当たらない風通しの良い日影で平干し用ランドリーネットを使って乾かしましょう。




シルクを長持ちさせる管理方法


洗濯後のシルク製品は、湿気が少なく風通しの良い涼しいところで保管するのが望ましいとされています。


直射日光のあたる場所や湿気の溜まりやすい場所に保管してしまうと変色や虫食いの原因となります。



洋服タンスやクローゼットなどで保管するときは、必ず防虫剤を使用するようにしてください。


ただし、防虫剤を直接シルク製品の上に乗せてしまうと薬剤によるシミができてしまうのでシルク製品の上に柔らかな布をかぶせ、その上に防虫剤を置きましょう。


また、シルクは非常にデリケートな素材ですので、上に積み重ねる収納やタンスの扉を頻繁に開閉するなどの行動は控えることもシルク製品を長持ちさせるポイントです。




普段のお手入れ方法


直接お肌に触れないシルク製品は、毎日洗濯しなくても基本的には問題ありません。


ですが、大気中に含まれる埃やゴミ、汗や角質などの汚れが付着したまま放っておくとシミ・汚れの原因となります。


洗濯をせずに保管するときは、織目に沿って柔らかなブラシを滑らせて埃やゴミを払い落したあと、直射日光の当たらない風通しの良い場所で平干しにしてしっかり乾燥させてから収納してください。


汗ジミなど目立つ汚れがある場合は、固く絞った柔らかな濡れタオルで汚れを叩いて落としたあと、すぐに手洗いして汚れを翌日に持ち越すのを防ぎましょう。




ゴワつき始めたシルクの修復方法


間違った洗濯やお手入れが原因でシルクの光沢感が失われゴワゴワした肌触りになってしまった場合、
「アモジメチコン (ジメチコン)」=シリコンを含むシャンプーとリンスを使うことでシルクの光沢感や肌触りを修復することができます。


シャンプーを溶かした20℃前後のぬるま湯に裏返したシルク製品を10分間浸け置き、しっかりとすすぎます。


その後、コンディショナーを溶かしたぬるま湯に5分ほど浸け置いたらよくすすいで脱水し、直射日光の当たらない風通しの良い日影でしっかり乾かしましょう。


シルクは人間の髪の毛に近い素材ですので、シャンプーとコンディショナーを使うことで光沢感と質感を元の状態に近いところまで修復することが可能となります。



※但し、シルク製品が好きな方はシリコンフリーのシャンプーを使用されている方が多いと思いますし、化学物質がNGの方にはおススメできませんのでご注意ください・・・




まとめ

冷えとりアイテムとしてシルク製品を日常使いしている人にとって、ほかの繊維と比べてデリケートで扱いにくいと感じるかもしれません。


ですが、シルクの特性を理解し正しく扱うことでシルク製品を長持ちさせることができます。


utataneではシルクに関する取扱いや冷えとり健康法に関するサポートを行っています。


お気軽にご連絡ください。



info@utatanestore.jp




夏こそ冷えとり! 季節ごとの冷えとり対策は万全に[夏は心臓と消化器の季節]

 

夏こそ冷えとり! 季節ごとの冷えとり対策は万全に[夏は心臓と消化器の季節]




じわじわと蒸し暑い日が続く今日この頃。汗ばむことが多くなってきましたね。
そんな暑い日の続く夏に、こんなことはありませんか?

・身体がだるい、重い
・暑いのに手足が冷える
・疲れがとれない
・ぐっすり眠れない
・お腹がもたれやすい、夏バテ
・肌トラブルが増えた
・イライラすることが多い


こういった不調の原因は、実は身体の「冷え」にあることが多いのです。
「夏なのに冷えなの?」と思ってしまうかもしれませんが、夏は湿度による冷え、
薄着やクーラーなどによる冷え、冷たい食べ物や飲み物による冷えなど、思いのほか冷えることの多い季節。


特に女性は、暑さをしのぐために軽装になると同時に、腕や脚の露出が多くなりがち。
なので、手先や足先が冷えている状態になりやすいのです。

そうなると血液やリンパの流れが悪くなり、ひいては各臓器の機能も低下することとなってしまい、
胃もたれや便秘、さらには生理痛や生理不順などの婦人科系の辛い不調までもが起こりやすくなってしまうのです。


そんなことにならないためにも、季節ごとの特徴と身体の仕組みをしっかりと理解し、季節にあった対策をとることが大事になります。


■身体の仕組み



冷えとり健康法は、東洋医学の考え方を基本としています。

内臓を、「肝、心、肺、脾、腎」の5つと「胆のう、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦」の6つの五臓六腑とし、互いに支えあいながら身体の全体のバランスをとっています。

また、それぞれの臓器には毒出ししやすい季節があるとしています。

夏は心臓の毒出し季節です。心臓の毒は汗となって出てきます。

夏は暑い分、どうしても裸足になったり薄着をしやすいのですが、しっかりと冷えとりをしてたくさん汗をかくようにしてください。

冷えとりでは、「毒を出し切ると症状は終わりになる」と考えられています。
夏に汗をかいて毒出せずにいると、冷えにより体に疲労物質が溜まりやすくなります。

そして秋になり涼しくなった途端毒だしが始まり、風邪などで体調を崩しやすくなるといわれています。

夏にいっぱい汗をかいて深いところまで毒を出ししっかりと冷えとりしておけば、秋からの冷えとりが楽になりますよ。

冷えとりでは、出てきた毒は抑えずに出しきるのがよいとしています。

最初はベトベトした汗が出てきますが、冷えとりをしているとサラサラとした汗になってきますよ。

また、夏は消化器(胃・脾臓)の毒出しの季節でもあります。
消化器系は湿気に弱いため、夏は消化器系の機能が低下してしまいます。

そのため、夏バテで食欲がない、胃腸の具合がよくないなどといった症状がでてきます。
食欲のないときは、無理に食べなくても大丈夫です。ちょっと物足りないなという腹八分目くらいが実はちょうどいいのです。

こんなときにおすすめなのが、そうめんや冷や麦、麦茶などです。
特に麦茶は、汗をかいて失われたミネラルをすばやく補給することができる優れもので

麦には、むくみを改善してくれるカリウムや、血液をさらさらにしてくれるピラジンが含まれています。


さらに、肝臓に溜まりがちな中性脂肪やコレステロールを下げて肝機能を改善する働きのあるGABA(ギャバ)が含まれているので、
心臓の毒を受けている肝臓の薬になり、肝臓の働きをよくしつつ心臓も助けてくれます。


このように、内臓は冷えの毒を任せ合う関係も持っているため、冷えの毒で弱っている臓器が負いきれない毒は、支えあう関係にある別の臓器が分担してくれるようになっています。

内臓の毒は時に生死に関わるので、代わりに皮膚や手足など思わぬ場所に症状が出ることもあるんですよ。

それぞれの臓器は、体調だけではなく、感情や心の乱れなどとも関係しています。

夏は暑くてとかくイライラしがちで、心に余裕がなくなることの多い季節。
この時期に、他人への思いやりに欠ければ心臓に、自分さえよければという利己的な態度でいれば脾臓に、とそれぞれ影響しやすくなるそう。

なので、心身の健康を考えて暑くても心穏やかに過ごせるようになりたいもの。
次に、そんな夏の心身の不調を冷えとりで乗り切る方法を紹介します。


■冷えとりで夏を乗り切る方法




1)腹八分目




さらに暑いからといって、冷たい食べ物や飲み物をとることが多くなる季節でもあります。
そのため夏は、消化器系の働きが鈍くなり消化不良をおこしてしまうことも。

消化器系の機能が低下すると、身体は消化器系を守るために「もっと食べて消化器系を働かせよう」と脳に指令を出します。その結果、食欲が増し、食べ過ぎることになります。

すると食べたものを消化しようとそこに血液が集まってしまうので、末端がますます冷えるという悪循環に。

口内炎、歯ぐきの炎症、吹き出物などは、食べすぎのサイン。
食べすぎると冷える、冷えると食べすぎるということがわかっているので、
夏バテではなくても食事はいつでも腹八分を目安によく噛んで食べることをおすすめします。



2)半身浴



消化器系は湿気に弱いとされています。さらに暑いからといって、冷たい食べ物や飲み物をとることが多くなる季節でもあります。

そのため夏は、消化器系の働きが鈍くなり消化不良をおこしてしまうことも。

消化器系の機能が低下すると、身体は消化器系を守るために「もっと食べて消化器系を働かせよう」と脳に指令を出します。その結果、食欲が増し、食べ過ぎることになります。

すると食べたものを消化しようとそこに血液が集まってしまうので、末端がますます冷えるという悪循環に。

口内炎、歯ぐきの炎症、吹き出物などは、食べすぎのサイン。
食べすぎると冷える、冷えると食べすぎるということがわかっているので、夏バテではなくても食事はいつでも腹八分を目安によく噛んで食べることをおすすめします。


2)半身浴

「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがありますか?これは、「頭は冷やして足は温める」という冷えとり健康法の基本です。

一般に、普通の生活で上半身と下半身の温度差は5℃もあると言われています。

この下半身の冷えが、血液やリンパの巡りを悪くし、不調や病気につながる原因ともなるのです。
このとき、下半身の温度を上げるのに一番効果的なのが「半身浴」です。足湯も半身浴も、身体の芯から温まってきたなと思うまでゆっくりじっくり温まるのがポイントです。

のぼせないように、ときどき頭に水をかけたり、首を冷やしたりするといいでしょう。

半身浴をするほどまとまった時間がとれないときは、足湯がおすすめ。バケツなどにちょうどいいかなと思うくらいのお湯を入れて30分以上つかります。
足湯も面倒…というときは、湯たんぽを使うという手もあります。湯たんぽは、遠赤外線効果が高く、じんわりした暖かさが続く陶器製がおすすめですよ。


3)クール枕・熱とり枕

寝苦しさを感じずに朝までぐっすり寝たいときにおすすめです。

頭を冷やすことで、上半身と下半身の温度差を緩和させることができます。
寝汗もあまりかかず、汗で冷えることもないので、寝苦しい夜にはおすすめです。

また、頭だけではなく、手首、耳の下、脇の下を冷やすと、頭に流れる血液の温度が下がって過ごしやすくなります。

手首は上半身のてっぺんとされ、特に右手の方が効果が出やすいと言われています。


4)服装



夏のファッションは素足にサンダルが定番。
でも、冷房のきいたオフィスや室内、移動中の乗り物でもエアコンが効いていて、知らず知らずのうちに足元が冷えてしまいます。
こんなとき、一番簡単にできるのが靴下の重ね履き。

靴下には排毒・吸毒、抗菌作用もあるシルクがいいです。
その上に重ねる靴下は、保温性・放湿性に優れたコットン、リネン、ヘンプ、ウールなどの天然繊維のものがおすすめです。

また、足、特にふくらはぎは、冷えやすく固くなりがち。そして、冷えて固くなった足はただでさえ血流が滞りがちです。

靴下の重ね履きだけではなく、足元が冷えたときにさっと履けるレッグウォーマーもおすすめ。

特に絹のものは薄くてかさばらないので、持ち運びにも便利です。

マキシ丈のワンピースなどは、レギンスやレッグウォーマーを隠してくれるだけでなく、風を通して熱が出ていきやすくなるようゆったりとしたデザインでとってもオシャレ。

冷えとり女子の夏の定番ファッションのひとつですね。

素材は肌に優しく、汗や身体から出る毒素を吸い取ってくれる天然素材のものがいいでしょう。 冷えの毒は、特に仙骨、尾骨、肛門のまわりから出ることが多いので、このあたりを締めつけないゆったりとした服装を心がけましょう。


■まとめ



冷えとりは季節ごとに特徴があります。

夏でも「冷え」対策は身体を温めること。体を温めてあげると、リンパや血液の流れがよくなって冷えを防ぐことができます。

体温が上がると、免疫力、自然治癒力も高まって冷え体質が改善されます。
腹八分、半身浴、靴下の重ね履きなどの下半身を温める冷えとりファッションで今しっかり冷えとりをしておけば、秋からとても楽になりますよ。

暑い夏の今だからこそ、冷えとりを習慣にしてあなたも不調知らずの体質になりましょう。


冷えとり専門店のutataneのレギンスを履いて足を温めよう



こんにちは。
冷えとりソックスのお店Utatane高橋です。


足の冷えにお困りではありませんか?足先が冷えて痛い、ジンジンする、なんだか頭も痛いし、生理のときは体調が優れないなど 女性は特に悩みがたくさんあると思います。


調子のいい日は月に何日あるのか・・・・数日ですよね。今回は、そのような足の冷えに悩み、 冷えとり健康法を実践している方に読んでいただきたい内容です。


冷えを軽減する方法には半身浴や適度な運動、保温性のある靴下などさまざまありますが、 その1つに「utataneの冷えとりレギンス」というアイテムがあります。こちらは冷えとり靴下と合わせて是非履いて頂きたい商品です。


これからその「utatane冷えとりレギンス」について解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。


※冷えとり健康法は半身浴+冷えとり靴下重ね履きが基本ですのでシルクレギンスはあくまでプラスアルファ―のアイテムのご紹介となります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


体の仕組み



「utatane冷えとりレギンス」の効果を解説する前に、まずは体の仕組みを学んでおきましょう。 体の仕組みを理解しておくことで、足の冷えの原因や「utatane冷えとりレギンス」への理解も深まります。


足の血液の流れや役割について



日常生活において足は非常に大切な役割を担っており、人間は毎日足を使って立ったり座ったり、歩いたり走ったりしています。


よく使われる足だからこそ、その分血液が必要です。心臓はいつもポンプのように動いており、温かい血液を足へと送り込んでいます。 この血液には酸素や栄養がたっぷりと含まれており、足はそれをエネルギーとして使っているのです。


心臓から届く血液があるからこそ、足を動かすことができ、結果的に足は温かい状態になります。足に届いた血液は心臓まで戻らなければなりません。


足の血液を心臓に戻す役割は、第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが果たしてます。 ふくらはぎの筋肉が収縮することで筋肉がポンプのようになり、足の血液を心臓へと戻してくれますので ふくらはぎは足の血行に欠かせない存在なのです。




リンパの流れや役割について



足には血管のようにリンパがたくさんあります。リンパとは、毒素や老廃物の除去、免疫の役割を担う管のような器官です。 簡単に言い換えるならば、足のお掃除屋さんとも言えます。


両足のリンパ系はつま先から足を上がっていき、股関節を通りすぎてお腹で1つの管となります。 そしてまたお腹を上がっていき、左静脈角と呼ばれる場所へ行きつきます。左静脈角とは首のつけ根の左辺りの所で、リンパはそこで毒素を排出します。


このリンパ系のおかげで足の毒素が排出され、健康な状態を保つことができています。



足が冷えるとなぜいけないのか?



では、足が冷えるとなぜいけないのでしょうか?足が冷えている状態というのは、心臓が温かい血液を足まで送り出せておらず、 血流が滞っている状態といえます。


血行が悪いと足先が冷え、ジンジンするような感覚が生じます。また、血行が悪いとリンパの流れも悪くなります。 リンパは毒素の排出や免疫に関わるので、リンパの流れが鈍くなると足先が痛くなったり、 頭痛や生理痛が悪化したりするなど全身的な体調不良の原因にもなります。


このように、足の冷えはさまざまな体調不良の原因となるのです。



冷えとりレギンスの効果



 

足の冷えは万病の元だということがわかりました。そこで当店で冷えとり靴下とともにお勧めしているのが、「utatane冷えとりレギンス」です。 なぜ「utatane冷えとりレギンス」が足の冷えに効果があるのかというと冷えとり靴下重ね履き併用することで高い保温性があるからです。


「utatane冷えとりレギンス」は天然シルク100%でできており、足首から下腹部までを優しく覆ってくれます。 刺激の少ない薄手素材となっており、足首のところに若干フィット感があるためオールシーズン重ね履きできます。


シルクの特徴についてはこちらの記事で言及しています。

【 ⇒ シルク素材の特徴 】


ズボンの下に重ね履きすることで空気の層ができ、じんわりと足を温めてくれます。 足を温めるということは、血行が改善してリンパの流れも良くなるので、冷えとりアイテムとして優れています。


また、レギンスが足首から下腹部までの下半身全体を包み込んでくれ、 皮膚が弱い方や化学繊維のパンツなどを直に履きたくない方は1枚インナーとして履いて頂くと気持ちよく快適に過ごせます。


以上のように、「utatane冷えとりレギンス」が冷えとり健康法のアイテムのひとつとしてお役に立つと思っています。



まとめ



体の仕組みから「utatane冷えとりレギンス」について解説していきましたが、いかがだったでしょうか? 「utatane冷えとりレギンス」の高い保温性が足を温めてくれる上に、下半身を常に半身浴の状態に保てるような役割を果たしてくれます。


「utatane冷えとりレギンス」は天然シルク100%の優しくも丈夫な素材でできており、 もちろん足の冷えがない方にもおすすめの商品です。気になった方はぜひ購入を検討してみてください。


シルク100%のレギンスはこちらから確認できます ⇒ 【 商品はこちら 】

冷えとり健康法は効果があるの?

こんにちは。

ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。


私自身も「冷えとり健康法」をして効果を感じ、多くの人に実践してほしいと、 冷えとり健康法の記事を配信したり、自分が納得いく靴下やインナーを販売する形で広めていく活動をしています。


たとえば、このような商品ですね。




【冷え取り健康法とは?】進藤義晴先生が推奨している健康法で、冷えが色々な病気を起こす原因となるため、冷えを解消しようとする方法です。


多数の書籍を書かれており、方法としては、

  • 半身浴
  • 靴下の重ね履き
  • 食べ過ぎない

がメインとなります。私の周り(知人・友人、お客様)は実践されて効果を感じ 色々な症状が改善されたと報告を受けていますが、中には効果が出ない人もいらっしゃいます。



なぜ、効果を感じる人と感じない人がいるのか?



私は医者ではないので医学的な知識は乏しく、また冷えとり自体東洋医学に属するものなので効果を立証するようなエビデンスはありません。 しかし自分の体で7年程度試した(実験した!)結果続ければ効果はあると感じています。


では、なぜあまり実感しない方がいるのでしょうか。


これは、私が直接冷えとりをされた方にお聞きしたことですが、効果を感じない人は、 単純なことですが半身浴・靴下の重ね履きを毎日続けることが出来ず、途中で止めてしまう方に多いです。


また、冷え取り健康法を実践すると改善する前にめんげん(好転反応)というのがだいたいどなたでも起き、一時的に体調が悪くなったりするので、 「この方法をやってから体調が悪くなった」「続けるのが怖い」と止めたい気持ちが高まり、止めてしまう方が多くいらっしゃいます。


私が主催している「冷えとりチャレンジ企画」というのがあります。 そこでは、冷えとりのアドバイスと靴下を提供して、冷えが改善するか試していただいたいのですが、一人の方は10日前後、 体調を崩されてしまいました。


連絡が途絶え、こちらから連絡をしたところチャレンジ企画を止めたいですと申し出がありました。


私はこの症状がめんげんだなと感じていたので、「もう少し頑張ってみませんか?これは、めんげんの可能性があるので少し継続してみましょう。」と伝え 、重症感はなさそうだったため続けていただくことになりました。


その後どうなったかというと、体調も改善し、冷えを感じることは少なくなってきたようでした。 このように効果を感じないとおっしゃる方は、効果が出ないと早めに判断して止めている方に偏っていると感じています。



効果を実感する人の特徴



ダイエットでも同じことをしていても成功する人・しない人がいるのは、 私はどれだけ、ダイエットという行為を無意識下でできるかが成功の鍵を握っていると思っています。


人間は普段、意識的に決断をしているのは5%しか無く、残り95%が無意識に決断をしていると言われます。 殆どが無意識に行っていることで、逆に言えば、たったの5%しか意識的に決断を下せないとも言えます。


意識的に決断していることはどのくらいありますか。


家のこと、子供のこと、仕事のこと、人間関係のこと。たぶん1日に目一杯、意識的に決断をしていると思います。 現状にダイエットや冷えとりなど意識的な決断をする事項が増えたらどうなると思いますか。


「そんな余裕がない・・・」と頭がパンクしてしまうと思います。キャパオーバーなヘトヘトな状態で意識的な判断なんてできないですね・・・ だからこそ、ダイエットや冷えとりの内容を「無意識で決断できる領域に移動をしてあげる」ことが必要になります。


もっと簡単に考えるとなんか気持ちいいな、という感覚を持つようになると自然に生活の中に取り入れている、という感覚になると思います。 毎日ルーティーンに加わる感じですね。


そもそもお風呂に入るという行為は冷えとり以前からしていたと思いますのでそれを半身浴に変えて頭寒足熱を意識するだけ。 冷えとり靴下は素足で寝ている方には最初面倒に感じますが、シルクの靴下を履いた時の感覚が気持ちよすぎて毎日履きたくなり、 自然に日常に取り入れることができます。(私はそうでした。)


冷えとり健康法に興味を持った方は少なからず、どうにもならない不調があったり薬や病院では症状を繰り返すので意味がない ということをすでにお分かりになっている方がほとんどだと思います。


普段から長続きしないと感じている場合でも、「今度こそ体の不調を根本的に治すぞ!という意気込みで、まずは1ヶ月間程度頑張って続けてみてください!


※<注>重症感のある症状が出た場合には病院などに行き適切な処置を行って下さい。


冷えとり健康法は、どんな効果があるのか?



冷えとりをすることで、冷え性やその他の例えば、生理痛、アトピー、花粉症などは改善するのでしょうか。 冷えとり健康法を実践して効果が出た方の意見を見ていきましょう。



「足が軽くなった気がする」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足がむくむ。足が重く、足から気持ち悪さが全体に伝わり気持ち悪くなる。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:靴下の重ね着、家にいる時も履く。ゆっくりお風呂に浸かる。ストレッチ

●実践されどのような効果がありましたか:

ストレッチを定期的にすることで足が軽くなった気がする。風呂上りにストレッチすることが習慣化することになった。 また、やり方やより効果的な方法を意識的に調べるようになった。自分の体の硬さを知るきっかけになり、体を柔らかくしたいと思うようになった。
YouTubeも健康サポート系の動画をお勧め欄に出るようになるため、自分の生活を意識するようになってきた。 健康を意識する頻度が増えると、必然的に自分の食事にも気をつけるようになってきた。


「夜冷えを気にせずにぐっすり眠れるように」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:夏場でもつま先が冷え切って、なかなか作業ができなし。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:腰だけつかる半身浴。絹の靴下の重ね履き。冷えない食事を食べる。

●実践されどのような効果がありましたか:

腰だけ使う半身浴というのを聞いて、お風呂場で実践をしてみたら、 短時間だけでものすごい汗が出て、夜冷えを気にせずにぐっすり眠れるようになって楽になった。

新陳代謝も上がったのか、肌の調子もよくなった。 たくさん眠れるようになったからか、朝起きた時にも、つま先の冷えがそこまで気になることが少なくなった。

冷えないようにショウガをたくさん入れたり、食事や冷えを取るといわれているお茶に気を遣ったからか、 普段の体温が少し上がった。


「肩こりや腰痛も軽くなりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:冬はいつもしもやけになります。 寒くて、指がかじかんでしまい、字が書けません。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:食事にて、生姜を毎日取り入れるようにしました。靴下の重ねばきをしました。

●実践されどのような効果がありましたか:
風邪がひきにくくなり、免疫力がついたと思います。足の冷えが少し改善されて、睡眠の質が良くなりました。

寒くて、ウィンタースポーツに行くのに気が重かったのですが、しもやけがひどくならずに、楽しめるようになりました。 寒くて行動するのが億劫だったのが、意欲的に行動できるようになりました。

職場が寒かったのですが、厚着しすぎる事なく過ごせるようになり、肩こりや腰痛も軽くなりました。 そこからくる頭痛も軽減されたと思います。


「疲れが取れないこともなくなり」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:50代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:疲れやすいのに、夜は足が冷たくなってなかなか眠れませんでした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
30分ぐらい半身浴を行い、冬でも汗をかくこと。
5本指ソックスを含め、3枚の靴下を重ね履き。夏でも冷たいものは極力避けて、常に腹八分目を心がけました。

●実践されどのような効果がありましたか:

夜寝る時に、足がポカポカするようになりました。 また普段、なかなか汗をかかない体質だったのが、少しウォーキングをしただけで、かなり汗ばむようになりました。

そのおかげか気分もスッキリ。朝起きた時に疲れが取れていないこともなくなり、仕事も最後までしっかり頑張れるようになりました。

新しいことを始めようかなという意欲も湧いてきました。無駄に厚着をするも必要もなくなり、 夏のクーラーもそのままでへっちゃらです。


「長年不妊でなやんでいましたが」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:代謝の悪さ。恐らくそれらが原因で長年不妊に悩まされた。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
半身浴やホットヨガ、靴下などで末端を温める、食事改善等

●実践されどのような効果がありましたか:

冬場は足が氷のように冷えて寝辛かったのですが、だんだんと末端が冷えなくなり、ぐっすり寝れるようになりました。

また、代謝が良くなったおかげで、今までは夏場でも汗が中々出なかったのですが、汗がでるようになりました。気持もスッキリしました。

代謝が良くなったので、痩せやすくなった気もします。 あとは、長年不妊でなやんでいましたが、冷えが改善され代謝が良くなったからか、その後妊娠をし、子供を授かることができました。


「生理痛が少しだけだけど改善した」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足の先まですごく冷えて、夜寝ることができなかった。生理痛も重たかった。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

食事の改善で、和漢食を中心にした。体をひやす食べ物(果物、砂糖、夏野菜など)は少なめにした。冷たい飲み物はやめて、温かい飲み物に全て変えた。

●実践されどのような効果がありましたか:

実践して、半年くらいで足の冷えが改善されて夜の寝つきがよくなった。冬場はブランケットを足に追加していたが、それがなくなった。

寝つきがよくなったことで、夜熟睡できる時間が増えて、朝も気持ちよく起きることができるようになった。

毎回3日近く腹痛と下痢で悩まされた生理痛が少しだけだけど改善した。生理痛が改善することで、 生理中のトイレ回数も減って仕事のパフォーマンスもよくなったので、職場のお局様に嫌な顔をされることが減って嬉しい。


「冷えやのぼせの症状が改善」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足元が特に冷え、いつも冷たかったです。
また、足元が冷えているせいで、頭の方はのぼせてしまい、顔が真っ赤になったりしていました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

靴下の重ね履きをしました!綿、絹、の5本指を重ね、その上からまた靴下を履くというものです。 また、食事の改善をしました。陰の食材はとらないように、陽の食品を積極的にとるなどしていました。

●実践されどのような効果がありましたか:

対策をして、冷えやのぼせの症状が改善されたことで、冬場が怖く無くなりました。

いつもキンキンにつま先が冷え、顔は火照って暑くて、辛かったので……。 身体の方は、冷えが改善されたことにより浮腫んだりもしにくくなり、代謝も上がったように感じます。汗をかきやすくなりました。

やはり、身体の調子がいいと心も明るくなります。 冷えの症状が強いと、 何となく鬱々とした気持ちになっていたのですが、調子が良くなったことにより、性格も明るくなったようなる気がします!


「生理痛が改善され」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:40代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:生理痛が一番ひどく、他に腰痛や風邪のひきやすさ、頭痛も悩みでした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

絹と綿の靴下の重ねばき、温めた手て冷えた箇所をなで温める、お灸をする、布ナプキンにする、腹巻きをする。

●実践されどのような効果がありましたか:

実際に冷えを意識してとっていこう!と決めてから意識が身体にむいたこともあり、 症状は急には改善されませんでしたがそれでもじわじわとお腹の冷えが気にならなくなってきたり、 生理痛が改善され頭痛、生理痛薬を飲む回数が減っていき今ではたまにしか飲まずに済んでいます。

ですので気持ちも前よりは随分と楽になり、でかける際も薬を忘れると不安なので外出前のチェックは 財布、携帯、薬、と用心していたくらいだったのが今ではそこまで常に不安ということもなくなりました。



「毎日続けることで良いことばかりです」

----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:
夏場の暑い時期でも足先、手先が冷えていました。クーラーをつけると更に冷えてしまって、常に靴下を履かなければいけない状態でした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

半身浴を行いました。半信半疑で始めた半身浴でしたが、毎日続けることで冷えが改善されました。冷えが改善された今も半身浴を続けています。

●実践されどのような効果がありましたか:

半信半疑で続けた半身浴でしたが、毎日続けることで良いことばかりです。 半身浴は体のしんからあたたまります。そして、今まで汗をかける体質ではなかったのですが、半身浴をすることで汗をかけるようになりました。

こんなに汗がでることに自分でも驚きです。半身浴にはリラックス効果もあるので、 のんびりゆっくりと半身浴することでスッキリします。代謝もよくなり、冷えも改善されました。冷えがなくなった今でも半身浴はやめられません。


「冷えずにこれまた快適に過ごせるようになった」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:50代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:がくがくブルブルとなることがたまにあった。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:まず半身浴から始めて、身体の芯を温めようとした。
●実践されどのような効果がありましたか:

以前は布団からも出るのが億劫だったが、初めてからは外気に触れてもそれほど温度差を感じず、なかなか快適な時間を送れるようになった。

また靴下など履けたり着れたりするものはすべて二重に履いているおかげか、 なかなか体が冷えずにこれまた快適に過ごせるようになった。また時間がある程度あるときは半身浴を心がけるようになり、 身体を芯から温めようとした結果、無駄な時間が少なくなり、ご飯も朝昼晩ととても美味しく食べれるようになった。


「体の冷えがなくなったことで体が軽く感じられ」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:20代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:足先の冷えがひどく、夜なかなか眠れなくて悩んでいました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:日中靴下の重ね履きをすることと、半身浴をしました。
●実践されどのような効果がありましたか:

日中靴下の重ね履きをすることで、足先の冷えが気にならなくなってきました。 以前は足先が冷えすぎて痛みを感じていたのですが、そのようなことがなくなり、生活がしやすくなりました。

また、半身浴をすることで体が内側からポカポカしてきて、夜寝るまで体が温かいのが実感できました。 体の冷えがなくなったことで体が軽く感じられ、アクティブに生活できるようになりました。

今までは休みの日に家の中で過ごすことが多かったのですが、冷えが完全されてからは積極的に外に出たいと思うようになりました。


「夜にスムーズに寝れるようになりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:冷え性が年々ひどくなり、夜、寝る前に足が冷えてしまうと絶対に寝れなくなり悩んでいました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

湯船にゆっくりとつかること。お風呂から出たあとは、足が冷える前に靴下を履くこと。冬は2枚履き、夏は1枚履きで、足を締め付けないゆるゆるの靴下を履く。

冷え予防のヨガをする。生姜湯を飲んだり、生姜をなるべく食べるようにしたり、根菜類など体を暖めるものを食べる。

●実践されどのような効果がありましたか:

対策をするまでは、一度足が冷えてしまうと絶対に眠れなくなり、こたつの中で足を暖めたり、もう一度お風呂に入って足を暖めたりと、大変でした。

しかしお風呂からの靴下で、足の冷えが改善され、夜にスムーズに寝れるようになりました。

対策をするまでは足が冷えたらどうしよう不安になったり、冷えてしまったあとは寝れずに睡眠不足になったりと、しんどかったですが、 靴下を履きだしてからは冷えがなくなり、不安もなく、睡眠もしっかりとれることで心も体も楽になりました。


「いつも冷たかった下半身が全然冷えてない事に気づきました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:お尻、太もも、足がいつも冷たくて困っていました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
  • 入浴剤をいれて半身浴
  • 根菜を積極的に食べる、スープを1日1回飲む
  • 生野菜を控える、小麦粉を控える、白米を控える
  • 生姜入りのお茶を飲む
  • マッサージと適度な運動、ストレッチ
  • 5本指ソックスの上からニットの靴下を履く
  • お腹までの毛糸のパンツ

●実践されどのような効果がありましたか:

始めたばかりの時はあんまり効果が実感できませんでしたが、冷え以外の面で体調は良くなりました。 夜ぐっすり眠れるようになったり、体を動かすのが苦じゃなくなりました。 スープを毎日飲んでいたので、食後は体が温かかったのですが、1時間もしたらすぐにお尻が冷えてしまっていたのを覚えています。

ところが1ヶ月を過ぎたくらいの時だったと思うのですが、急に体が軽く感じるようになり、いつも冷たかった下半身が全然冷えてない事に気づきました。 前までは夏でもひやっとしていた足先に温もりがある事に気付いて自分でもびっくりしました。


「薬が手放せなかったのですが、薬はほとんど飲まなくなりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:生理痛がひどく毎月悩まされていました。また、肩こりもありひどいときには肩こりからくる頭痛がありました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
  • 4枚の靴下重ねばき、レッグウォーマー
  • 浴槽に浸かること、半身浴
  • まごはやさしいの食事
  • よく噛んで食べ、腹8分目で終える

●実践されどのような効果がありましたか:

生理痛はまだあるものの、寝込むほどでなくなりました。生理の重さ自体も軽くなり、毎月悩まされる事はなくなりました。 薬が手放せなかったのですが、薬はほとんど飲まなくなりました。

肩こりもまだ少しありますが、頭痛を起こすほどのひどい肩こりは改善しました。 自分で食事や生活を変えたことで体調が良くなったので、自信につながりました。体が軽くなったことで、 気持ちも軽くなったような気がします。

特にゆっくりお風呂に使ったり、絹の靴下を履いたりするのはとても気持ちよく、 体にとって気持ちの良いことが大事なんだなと気付かされました。


「運動後の疲労の蓄積があまり気にならなくなった」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:就寝時の足先の冷え、血行不良による肩こり。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:
  • 靴下の重ね履き
  • 足用カイロ
  • レッグウォーマー
  • マッサージ機
  • 適度な運動

●実践されどのような効果がありましたか:

血行不良が改善し、肩こりの症状が随分良くなった。肩こりが改善され、仕事の効率も良くなったように感じ、 ポジティブに仕事と向き合えるようになった。

足のマッサージを頻繁にするようになったため、マッサージすることが習慣付けされ、運動後の疲労の蓄積があまり気にならなくなった。 (冷えとりによる効果なのか、単純にマッサージをしたことによる効果なのかは不明)

運動することを心がけるようになり、生活リズムや食生活も自ずと改善された。


「以前より怠さや冷えも緩和され、気持ちも楽になりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:20代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:もともと冷え性でした。夏であっても、足先と指先に冷えを感じ、冬は痛みを感じるほどでした。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

私が行ったのは、半身浴と重ね靴下履きと、食事を少し香辛料を使った料理を多く取るようにしたことです。
●実践されどのような効果がありましたか:

上記の項目を、行ってから変化を感じ始めるにはかなりの時間がかかりました。 夏は、ある程度緩和されそこまで悩まず生活ができました。

しかし、冬はかなり厳しく、夏ほどの満足感は得られませんでした。 でも、諦めず続けた結果、完治までは行きませんが、ある程度苦しまずに治っております。

体も基礎体温が上がったのか、以前より怠さや冷えも緩和され、気持ちも楽になりました。 まだまだ、気を抜くと危ないですが、これからも前向きな気持ちをもち、実践していきたいと思います。


「血行が良くなったのか、肌の調子も良くなり、頭痛や肩こりが減りました」
----------------------------------------------------------------
●性別:男性
●年齢:30代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:頭痛・肩こり・不眠・疲労がたまりやすい・肌荒れに悩んでいました

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

「冷えは足元から」とよく聞くので靴下の重ね履きと、体を冷やす物を極力食べないよう意識した食事の改善を行いました。
●実践されどのような効果がありましたか:

血行が良くなったのか、肌の調子も良くなり、頭痛や肩こりが減りました。 肩こりの減少により、肩こりからくる眼精疲労もわずかながら改善されるという効果もありました。
また、自律神経の回復にも効果があったようで、寝つきは以前に比べ良くなったと思います。体が温まる事はもちろんですが健康的な生活を 送っているという意識から心の調子もよくなり、 憂鬱な気分で毎日過ごしていた日々から前向きな事を考えることができるようになりました。


「いつも35度台の体温が36度台になるようになりました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:40代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:子宮筋腫があったことと、そのため妊娠しにくかったです。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

  • 朝起きたら白湯を飲む。
  • お水はなるべく常温で飲む。
  • 靴下の重ね履きをする。
  • 湯舟につかるなどです。

●実践されどのような効果がありましたか:

いつも35度台の体温が36度台になるようになりました。自分でも体が以前より温かくなってきたのを感じます。 それから生理の症状が改善されました。

子宮筋腫による典型的な生理の症状がなくなりました。もともとそんなに不快ではなかったのですが、生理の変化はうれしかったです。 しもやけも以前みたいになりません。

寒くていつも肩がこっていたのもなくなりましたし、湯たんぽつかっての睡眠もなくなりました。 気分がよいので今でもできることは続けています。


「徐々にではありますが、足先の辛い冷えが改善されました。」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:40代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:根っからの冷え性で季節に関係なく足の先が冷たくて、特に冬場は冷えで痛くなるほどの症状に悩まされていました。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

・半身浴
毎日一時間半は行い、冬場はバスソルトを使用しました。 入浴中に500mlのペットボトル2本以上を必ず飲んで、発汗作用を高めました。

・靴下の重ね履き
2枚とも綿100%の靴下を重ねて履きしました。 綿100%はサラサラして気持ちが良いだけでなく、汗を吸ってくれるためです。 下は五本指の靴下にしました。

・食べすぎない
食べすぎると体の動きが悪くなるため腹八分目を心掛けました。

・食事の改善
食事はお味噌汁やスープなど温かいものから摂取するようにして、食事中は体温と免疫力を上げてくれる温かい緑茶を飲み、食事のメニューには生姜やネギを多く使うようにしました。 サラダは体を冷やすので避けて、温野菜して食べました。
ちなみに上記以外に試した方法です。

・貼るカイロを使用
効果的に温めるために、体の「首」と呼ばれる部位、首の後ろ側、足首、手首に貼りました。

・体のストレッチやヨガ
スポーツジムやヨガ教室に通い運動して、血の巡りをよくしました。 そして自宅でも、手足を上にあげバタバタさせて血流を良くする運動や、軽いストレッチを朝晩行いました。


●実践されどのような効果がありましたか:

上記記載の健康法を行ったことにより徐々にではありますが、足先の辛い冷えが改善されました。 実施期間は半年ほどで、本当に少しづつの改善でした。

冷え性が改善されたことにより免疫力が上がったと思われ、毎年冬場には寝込むほどの酷い風邪を引いていましたが、風邪を引いても重い症状にならず、インフルエンザにも感染しませんでした。 そして少し体を動かすだけで軽く汗をかく体質になり、冷え性が改善されてから3ヶ月間で体重が2.5キロ減りました。

冷え性の改善策のみを実施しただけでダイエットもでき、一石二鳥でした。

重い冷え性だと気持ちが沈みがちになり、体の動きもスムーズにいきませんが、改善されてからは朝の目覚めが非常に良くなり 「今日も1日頑張るぞ」と気持ちも前向きになれました。

そして長年の夢であったサーフィンを始めることができ、休日には夫と一緒に冷たい海の中で楽しんでいます。 本当に嬉しいことばかりです。


「特に、足の冷えが改善されました」
----------------------------------------------------------------
●性別:女性
●年齢:40代
●実践する前にどのような症状で悩まされていましたか:手足の冷え、頭痛、朝起きた時にスッキリしない。

●冷えは改善されましたか:改善した

●どのような対策をされましたか:

  • ぬるい目のお湯での半身浴。
  • 足を冷えないようにする。
  • 腹八分目にしておく。
  • 食事を野菜を中心にした和食を取るようにした。

●実践されどのような効果がありましたか:

ぬるい目のお湯の半身浴をして、体が芯から温まったような気がします。特に、足の冷えが改善されました。 あと、肩こりも軽減され、ゆっくりとお風呂に入る事により、リラックスできるようになり、眼精疲労も軽減した感じがします。

あと、頭痛が何日か続く日があったのですが、それも良くなりました。頭痛がする日があっても、何日も継続することは無くなりました。 食事を見直す事によって、お通じも良くなり、体が軽くなった感じがします。やってみて、正解だったと感じます。

これからも、無理ない程度に実践していこうと思っています。


➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖


以上、冷えとり実践者さんたちにアンケートをしてみた結果となります。
回答にもありましたが、冷えとり健康法もすぐに効果がでるというよりは、続けることで徐々に効果が出てくるように思います。 また、症状の改善や体の変化は100人いれば100通りあり皆さん違いますのでその事を頭の片隅に置いて実践していただければと思います。

私が取り扱っている冷えとりグッズもありますので興味があれば。

【 ⇒ 商品をみる 】


ヒートテック系やモコモコの靴下では、冷えとりできない理由


こんにちは

ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。



冷えとり健康法の創始者である、進藤義晴さんは、冷えは万病の元とおっしゃるように冷えが改善すれば、
健康上の問題はほとんど解消するように思っています。


嘘だと思うような、白髪問題、薄毛問題も。


冷えとり健康法と聞いて皆さん思い浮かべるのが「靴下の重ね履き」ですね。そして、「肌に接する部分は、シルク(絹)にすること」色々な書籍やサイトで言われていますが、なぜ、天然素材のシルク(絹)なのでしょうか。



近年、ファストファッションがブームになり、その中でもユニクロから毎年のようにヒットアイテムが生まれています。ヒートテック、エアリズムなど凄く大衆のニーズを汲み取った素晴らしい商品だと思いますが、冷えとりを長年している方から見れば、化学繊維の素材を使用した肌着はなぁ・・・と少し敬遠してしまいます。



なぜ、化学繊維の素材を敬遠してしまうのか。

今回は、身につける素材(天然素材・化学繊維)の重要性について知って頂きたいと思いますので、
気になる場合は、最後まで読み進めてください。



以下、書かれている内容です。


●冷えとりには「毒をためない素材」が必要

①植物繊維

②動物繊維

③再生繊維

④半合成繊維

⑤合成繊維


●冷えとりには天然素材が必要

①特徴

②通気性

③吸湿性(吸毒)

④放湿性(排毒)


●【参考】愛用する「絹」素材のおすすめアイテムは?

②絹のレッグウォーマー

③絹の腹巻



冷えとりには「毒をためない素材」が必要




冷えとりは、下半身を温かくすることで、上半身と下半身の温度差を無くし血液の流れを良くする事というのは、ご存じだと思います。


そのために必要な事として、靴下の重ね履き、暖かそうなものを着用すれば良いと、イメージすると思います。


確かにヒートテックやモコモコの靴下、裏起毛のスパッツを着用すれば温かいような感覚にはなりますが、肝心な毒素が体の外に出ず、体内に押し戻してしまいます。


過去の私も同じで、素材のことは気にかけず、温かそうな洋服を選んでいました。


しかし、冷えとりには、何枚重ねるという重ね着した枚数よりも着る服の素材が何か?ということが最も重要となります。進藤義晴さんの本を引用して、説明します。



私たちの体は、いつも少しずつ、『毒』を出しています。そうやって、「病気」を防いでいるのです。皮膚の表面でも『毒出し』が行われるので、皮膚呼吸を妨げないような衣服を身に着けることが、肝心です。冷えをとる服装のイメージは「富士山」

①「下半身」を重ね履きして、足元を温めます(常に)・背中の下部
②ゆったりとした、体を締めつけない服装
③天然素材を身に着ける


裾野に植物が生い茂り、頂上は裸でいる「富士山」のイメージです。

書籍:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴・進藤幸恵
発行元:PHP研究所
発売日:2011年11月
引用ページ:冷えとり実践法「衣・食・住」88ページ


進藤義晴さんや冷えとりを推奨する方の書籍では、身につける素材は天然素材をおすすめしています。では、どのような天然素材を着用したら良いのか。




冷えに良いのは、「天然素材」?毒が溜まらない素材とは!




化学繊維の洋服でイメージしやすいのはユニクロでいうと体を温めるヒートテックです。どのような素材が使われているかというと、レーヨン、アクリル、ポリウレタン、ポリエステルを組み合わせて作られています。


人工的に作られた化学繊維の服とは逆に、植物や動物の毛を元に作られた天然素材のものもあります。


「冷えとり専用靴下」の記事でも解説しましたが、人間が日々体内の毒を外に出す生命活動をするうえで、毒出しを促す「素材」と促さない素材があり、化学繊維は毒出しを促さないのに対して、天然素材は排毒、吸毒(シルク以外は排毒ができない)ができる素材なため、冷えとりには天然素材を使用することが絶対条件です。


もう少し、進藤義晴さんの言われている言葉をみていきましょう。自身の書籍でこのようなことをおっしゃっています。




絹・綿・麻・毛など天然素材を選びましょう

化繊は毒の排出を妨げます。かぶれる人がいますが、それは化繊を身につけているから皮下に毒がたまり、それを出そうと炎症を起こしているためです

また、体を締めつける服装も、皮膚からの毒出しを妨げます。血管が圧迫されると循環が悪くなるので注意してください。衣服は常に体と「不即不離(ふそくふり)」になるような、ゆったりとしたデザインのものが良いでしょう。

安い化繊の服を着て体調を崩すより、良質な天然素材を着て快適に病気を防ぎましょう:


引用元:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴
発行元: PHP研究所
発売時期;2011/10/18
対象ページ:P90


素材の種類



「天然素材」
人工的に作られたものではない繊維・化学的な加工がされていない

①植物繊維:植物が主とした、天然なもの:綿・麻
②動物繊維:動物を主とした、天然素材:絹・羊毛・カシミヤ


「化学繊維」
人工的に作られた繊維

③再生繊維:綿やパルプを化学的に作り変えた繊維
 レーヨン・キュプラ・ポリノジック

④半合成繊維:天然物質と化学物質を混ぜて作られた繊維
 アセテート・トリアセテート・プロミックス

⑤合成繊維:石油が原料の合成繊維
ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリ塩化ビニル・ポリウレタン

などがあります。私の経験でも進藤先生がおっしゃることが合っているなと思うことがあります。


以前は寒い時期にユニクロのヒートテック「極暖」や「超極暖」を愛用していました。確かに熱がこもり温かく感じますが、これを着る必要があるのは氷点下~℃とかの地域で外で活動する時間が長いという条件下限定だと思いました。


そのまま外から室内に入ると汗がどっと出てしまい体温調整も難しくなります。


温暖化が進む日本では以前よりも冬の寒さがないため、また室内は暖房器具もありますのでこのような化学繊維による熱の封じ込めは必要ないように思います。


今考えてみると、ヒートテックやエアリズムは、体にピッタリとくっつき、汗をかくけれど、汗がなかなか引かない悪循環でした・・・


進藤義晴さんの言葉をかりると、「皮下に毒がたまった状態」でした。いつも、体が苦しいような感じ。肌に触れるインナー類は天然繊維にすると気持ちよさも実際の体への負担も格段に変わります。



冷えとりには天然素材が必要



服の素材の特徴からも、冷えとりには「天然素材」が必要不可欠な理由について解説します。


――――――――――――――――――――――――――

「天然繊維」の特徴
絹:保湿性がある・吸水性がある・肌触りが良い・光沢がある
綿:吸水性がある・放湿性がある・強くて丈夫・熱に強い
麻:吸水性がある・乾きやすい・汚れが落ちやすい・強くて丈夫・光沢がある
毛:保湿性がある・吸水性がある・弾力性ある・乾きやすい・燃えにくい

弱点:シワになりやすい・シミになりやすい・摩擦に弱い・縮みやすいなど

「化学繊維」の特徴
強くて丈夫・熱に強い・摩擦に強い・変形しにくい・シワになりにくい など


――――――――――――――――――――――――――

天然素材の中でも絹は優秀で、保湿性があり、または通気性もあるので長時間履いても蒸れることはありません。尚且、体内から出る毒素を吸い出し、更には排出もしてくれる素晴らしい素材です。


なぜ、ここまで素晴らしい機能が備わっているのかというと、絹の元になっている繭(まゆ)の特性を知るとで見えてきます。


絹は、蚕(かいこ)がはき出したタンパク質で、できた天然素材です。蚕は、60時間をかけて「繭玉(まゆだま)」を作ります。繭玉から取れる絹糸の長さは「1200~1500m」にもなります。


その長さに、驚きますね。


また、繭玉は、幼虫が外敵に襲われないように、紫外線や湿度からも、幼虫を守っているのです。そして、繭玉の「タンパク質」が、人間に一番近いタンパク質だから、人間の体に優しい繊維と言えるのです。


だから、吸水性(吸毒)と保湿性があり、「夏は涼しく、冬は温かい」素材なんですね。


映画「南極物語」に出演した俳優の高倉健さんも、劇中に「シルクの下着」を着用して、その温かさに感激したと伝えられています。


冒険家の植村直己さんも、南極冒険には、シルクニットの下着・マフラー・手袋など「シルク」ずくめで、寒さから身を守ったほどです。南極の極寒でも、絹は寒さから守ってくれるなんて、本当に心強いと感じました。


このように絹には、冷えをとるために必要は「温め」「吸毒・排毒」が備わっているからこそ、冷えとりを推奨する方、医師の方が肌に直接あたる素材に絹をおすすめしているのです。


私も日頃から、絹素材の肌着を着用するようににしています。靴下、インナー類。素材の効果というのも意識していますが、着用した人しか分からない、ヌクヌクした肌触りやサラサラした肌ざわりが病みつきになります。


進藤義晴さんの本で推奨されていた5本指靴下の履き方も、素材について深く知らない方からすれば、あまりしっくり来ないかもしれませんが、素材の特徴を知ると、大きく共感できると思います。



①絹の靴下:吸水性(吸毒)がある
②綿の靴下:吸水性(排毒)がある
③絹の靴下
④綿の靴下


引用元:「これが本当の冷えとりの手引書」
著者:進藤義晴
発行元: PHP研究所
発売時期;2011/10/18
対象ページ:P96

蚕が幼虫を守るために、作り出す絹に感謝して、いつも絹を身に着けて毒を外に出していくことが理想です!



【参考】愛用する「絹」素材のおすすめアイテムは?



冷えとり靴下やインナーは基本中の基本なので省き、それ以外のアイテムを紹介します。


①絹レッグウォーマー

②絹の腹巻


「天然素材」の絹が体に良いと聞いても意外に身近に無かったり、高価なイメージを持たれると思います。私も冷えとりを本格的に始めるまでは、絹についてよく分かっていませんでした。


そんな中冷えとりを行っていく中で「下半身を温める」ことを、第一に考えて、「靴下の重ね履き」「シルクレギンス」を欠かさず身に着けています。


ふくらはぎは、下半身の血流を、上半身に戻すポンプの役割をしていますから、重点的に温めています。私の場合は、冷えで、ふくらはぎがいつも冷たく固かったんですが、シルクレッグウォーマーをするようになり、夕方になると出てくる強い冷えが、治まりました。


また、人間はお腹の下にある「丹田(たんでん)」が、体の中心です。丹田が、冷えていると体がつらくなるので、常に温めた方が良いと思いシルク100%の腹巻を1年中するようになりました。


こちらは化学繊維と違い素肌に着けられることや、熱がこもらず自然な温かさが感じられることが利点です。種類が、豊富なので、あなたに合うものが、見つかると思います。



まとめ



今回は素材について解説してみました。冷えとりと着用する素材には密接な関係があり、今現在、化学繊維の靴下を着用している場合は、天然素材、特に絹の靴下を着用してみてください。


きっと1日履いただけで、天然素材の効果が分かると思います。私のお店でも絹素材の商品を取り扱っていますので、温かさ・肌触りを体験していただけたら、嬉しいです。


素材の特徴を活かして、「冷え」を取り除く生活を手に入れて下さいね。



私のお店でも絹素材の靴下、インナーを取り扱っていますので、興味のある方は御覧ください。


●シルク(100%)素材の冷えとり靴下
https://www.utatanestore.jp/SHOP/201933/list.html




●シルク100%の冷えとりレギンス
https://www.utatanestore.jp/SHOP/67500/67705/list.html


この投稿をInstagramで見る

ここ数年、 ・ 様々な美容法、健康法に触れる中で、 #40代の冷え は絶対大敵と感じてしまうようになってから ・ ・ 夏場の冷え性対策は、より万全に👍 ・ ・ 今年の夏は、しっとりと心地よい肌触りの オーガニックコットン天竺ガーゼ100% シルクレギンス【@utatanestore 】を ・ ・ ファッションに取り込みながら 健康美人を意識中💓 ・ ・ 流石はシルクレギンス✨ 肌触り抜群なのに通気性抜群、通気性、保温性 既に手離せないww ・ ・ #tops…#lefuacloset @lefua.closet #leggings…#utatanestore @utatanestore ・ ・ 美容と健康は紙一重なのでw 身体を整える事にも気を使いたいと思いますw ・ #ひえとりソックスの店 #冷え性 #冷え性対策 #冷えとり改善 #冷え性改善 #冷えとり生活 #冷えとり健康法 #健康美人 #アラフォー美容 #オーガニックコットン #天竺ガーゼ #pr #紫の美活記録 #レギンスコーデ #大人女子 #冷え性対策グッズ #大人レギンス #紫のファッション記録

Yukari Saito(@saito.yukari)がシェアした投稿 -



●シルク100%の冷えとりインナー
https://www.utatanestore.jp/SHOP/67500/list.html



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休業日

お問い合わせ:平日10時~17時まで
(電話に出られないこともございますのでその際はメールをお願いします。)
土日祝日は定休日です。
※午前9時までのご入金確認で
当日出荷になります!

tel:03-3866-8188
cellphone:090-9155-0662
mail:info@utatanestore.jp

オーナー紹介

当店のHPをご覧いただきありがとうございます。


私自身20代後半に体の不調が出てきたことをきっかけに偶然本で冷えとり健康法に出会い、いままで続けてきました。
今では頭痛や生理痛等解消でき冷えとりのすばらしさを実感しています。
ですがそれと同時にまだまだ冷えとり用のアイテムが少ないと感じており以前仕事で関わりのあった国内ニット工場にお願いして2014年からシルク等高品質素材を使ったニット製品の企画、販売を始めました。企画と販売を1人で行っているため色々と至らない点があるかと思いますが冷えとりを実践する女子たちのために一生懸命がんばっています!


冷えとり健康法を実践されている皆様により安心で着心地良い商品を提案させて頂ければと思っています♡


ブログでは新商品のご案内や再入荷、時々プライベートなこと等随時更新しています。よろしくお願いします!


プロフィール
紀子
1982.10.09生まれ



店長日記はこちら >>



めんげん体験を募集しています。
>>こちらへ

冷えとりのキーワード

冷えとりQ&A

冷えとり関連の記事

絵解説

ページトップへ