ひえとりソックスお店 utatane

くつしたの重ね履きで温かくナチュラルな暮らしへ

Utataneの電話番号

冷えとり靴下/天然繊維/シルク 人気冷えとりソックス通販専門店


冷えとり関連の記事

冷えとり健康法を実践するとめんげんが起きる

こんにちは。 ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。


冷えとり健康法を実施すれば、色々な体の症状は解決すると身を持って経験していますが、中には冷えとり健康法を実施して、症状が悪化したからやめてしまったという方も多くいらっしゃいます。


冷えとりは、嘘だ! 冷えとりでは、体調が改善しなかった。


と思って諦めている方をみると、その過程を耐えることで、徐々に体調は良くなるというのを知っているから本当にもったいなく、悲しい気持ちになります。 今回は、冷えとり健康法を実践して体調が悪化してしまった!という方に見てほしい記事になります。



冷えとりを始めると起きる「めんげん(好転反応)」とは?



冷えとりをして様々な不調や病が治っていく過程で、一時的に症状がひどくなったりすることがあり、このことをめんげんといいます。


よく聞く言葉では、「好転反応」と同じ意味合いです。 めんげんは100人いれば100通りあると言われますが、悪化したからと言って我慢できずに薬を飲んでしまうと、せっかく体が出したがっている毒をまた押し込めてしまいます。

また、恐怖心がある場合は薬を服用してもいいので、冷えとりをそこですぐにやめることなく続けていくのがいいと思います。

めんげんが出た場合は、「あぁ、いま毒出てるな~。」とポジティブに考え、半身浴と靴下の重ね履きを強化し、自然に治していけば、今後その症状が出ることがなくなってきます。


ただ、初めての方にとっては、「このまま症状が悪化したらどうしよう・・・」と不安になるかと思いますので、私が今まで冷えとりで関わった方たちのめんげんをご紹介したいと思います。



わたし高橋のめんげん反応



・non 31歳 (冷えとり開始時期:2012年9月ごろ)

① 歯茎が同時に3か所腫れ、膿む。同じ時期に割れるような頭痛に。
歯科医に、疲れやストレスと言われましたが頂いた抗生物質は飲まず 半身浴と靴下で3日くらいで治りました。


②何年も、鼻周りや眉間が何かに反応して真っ赤にただれたりすることを 繰り返し、そのたびにステロイド系で治していました。


薬を止めてから半年後くらいで眉間がぼろぼろになってきてファンデーションが 全然のらない日もあるくらい・・・それがある日ズルっと皮がむけてから だいぶ症状が減りました。


③あるとき股関節に掴めるようなシコリができ、さすがに婦人科に行きましたが 婦人科系に異常なく、
2センチの脂肪の塊とのことで小さくならないと言われましたが 薬は飲まず1週間ほどでほぼなくなりましたので、何かの毒だしをしたのだと 思っています。


④わきの下に3と同じような大きいシコリが突然出てきて驚きましたが 毒だしだと思い、冷えとりを強化したことでなくなりました。


⑤生理痛がひどかったため薬を常用していたのですが、それを止めて半年で ほとんど痛みが消え、ストレスが激減しました。


⑥以前に中毒のように食べていた飴が全然食べたくなくなりました。


⑦気づいたら、最近は肩こり・偏頭痛がなくなっています。 (どのように毒が出たのかは、わからない)


⑧朝起きた時の顔と体のむくみが減少。


⑨食べ過ぎた日や、不規則な生活をしていると、半身浴のときに 太ももを中心に、びっくりするほどの湿疹が出てくる。


「肌の調子がよくなる。(同じ基礎化粧品を使用しても肌への効果が高まる。)
その他細かいことはもっといろいろありますが、からだは薬や病院に頼らなくても 自分で治せる力を持っているということを実感しています。


私はまだまだ、毎日冷えとりを実践して毒を出してながら「出せるからだ」を目指します。



ある日のこと

―――――――――――


今回出ているめんげんがしつこくてしつこくて、毎日お風呂でごしごし掻きますがしぶとく、居座っています。
くるぶしのほうが特にかゆくて、でも痛い、というかんじになっております。何でしょう、かかとやくるぶしは腎臓や膀胱の毒だしのようなので・・・


毎回汚いものを失礼いたしますが、冷え取りする前も後も、このような症状になったことがないので、恥ずかしがらず、出てきたものはお見せしたいな、と思ってるんです。足首から下が本当に毒だしスポットだとわかります。





ある日のこと

―――――――――――


わたくしいま足の甲にめんげんが出ているのですね・・・あぁ、か・ゆ・い!しかしかきたいときはかく(血がでてもいいの)、薬をぬらないという教えの通りにして、毒だししております。。

こんな感じになってます!こんなときは、靴下の量を増やそうと思います~





ある日のこと

―――――――――――


私は今めんげん爆発中です。。暑くてバテている割には食欲がおさまることはなく、ついのでついつい素足で過ごしてしまい・・・ ということが続き足には真っ赤な湿疹が放出中!


見た目はよろしくありませんが、「毒だしのペースがはやいなあ。」という風にいい方向に考えながら(そして乱れた生活を反省しつつ・・) 真夏まっただ中の冷え取り生活頑張っております。





―――――――

今後また深い部分の毒出しがあるかもしれませんが、現状は気象の変化による頭痛、生理前の不調が少しある、というくらいで めんげんを乗り越えることで螺旋階段を登っているかのように体調は良くなっていきます。



みんなの「めんげん」体験



カナコさん 32歳 2014.1月~ひえとり開始。



月経痛:月経前日から鎮痛剤を飲む月経痛もち。ひえとり開始月の月経から薬要らずに。以後無痛でしたが、夏になり日中靴下を履かなくなり、 また痛み出したので月経中は着用するようにしました。

膀胱炎:2ヶ月目に膀胱炎になりレバー状の血の塊が続きました。


仕事に差し支えるので、抗生剤を飲みましたが、あまりつらい感じはありませんでした。
アトピー:ひえとり開始とともに、ステロイド塗布を思いきってやめました。半身浴で汗をかくと痒くなりますが、汗がひけば痒みは落ち着き、 傷がすぐ治ります。皮膚はゴワゴワ→脱皮→スベスベを繰り返します。


シルクタンクトップ、シルクレギンスのおかげか、膝裏と腰の色素沈着目立たなくなりました。


食事:お肉を食べて発疹、ラーメンを食べて口が痛くなったり。口内炎、口が痒くなったり、
まだ食べようかなって思ったときに胃が悪くなり、ストップかけれるようになりました。


口の痛みや痒みは、ひえとり強化でいつの間にか治まりました。

インナーや靴下の変化:ウール4枚目の足裏が大きく破けた。シルクレギンスの股部分が破けた。
シルクタンクトップのワキ部分に次々と穴が空いています。



「頭痛がひどくなって蕁麻疹がでた」


―――――

         
●性別:女性
●年齢:40代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:毎朝白湯をのむこと。絹と綿の靴下をそれぞれ5本指と丸と合計4種類の靴下を毎日履くようにしました。
●症状が発生したタイミング:3ヶ月から半年
●症状:頭痛、蕁麻疹
●具体的なめんげについて:

元々冷え性で、手足の先やお腹がとても冷えていました。便通も悪くて、体をあたためるために冷えとりをはじめました。

はじめてから少しずつ手足の冷えはとれて体調がよくなりました。 頭痛がひどくなって蕁麻疹がでたときも、事前にめんげん反応が出ることは知っていたので、やっとめんげん反応がきた!と嬉しくなりました。


頭痛と蕁麻疹は二週間ほど続きましたか、これを乗り越えればさらに体調がよくなると思うと乗り切ることができました。



「二か月たった頃から体に倦怠感があらわれました」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:50代
●結果:冷えとりで冷えは改善しなかった
●実施した方法:半身浴 食事療法
●症状が発生したタイミング:2ヶ月から3ヶ月
●症状:倦怠感 皮膚のかゆみ
●具体的なめんげについて:

もとはただの冷え性で汗も余りかかず、基礎代謝も悪い体質でした。半身浴を続けてしばらくは体調もよく、汗もよくかくようになりました。

一か月後から食事もバランスの良い食事をこころがけるようになりました。二か月たった頃から体に倦怠感があらわれました。

お風呂疲れだと余り気にしなかったのですが、しばらくして胸や背中にかゆみを感じるようになりました。

お風呂に入りすぎて乾燥したのかと思い、半身浴は止めてしまいました。食事だけは今でも気を付けています。 あれは乗り越えなければならない試練だったと今、初めて知りました。特に精神面では辛くはなかったですが、根気がないから止めた感じです。



「今度は両足のすねに湿疹がでて」


―――――――――――――――――          
●性別:男性
●年齢:30代
●結果:冷えとりで冷えは改善しなかった
●実施した方法:半身浴、食事改善
●症状が発生したタイミング:3ヶ月から半年
●症状:腹痛
●具体的なめんげについて:

半身浴が習慣になったころ、おしりや腰に湿疹ができはじめました。腰の湿疹が落ち着くと、今度は両足のすねに湿疹がでて、かいて、かさぶたができて……を繰り返し、見た目はひどかったのですが、「毒だしキター!」と思い、かゆいときは遠慮せずがんがんかきました。



「眠気がありました」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:40代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:食事を温かいものを摂るようにしました
●症状が発生したタイミング:1ヶ月未満
●症状:眠気
●具体的なめんげについて:

冬場どれだけ服を着ても寒さを感じていたのでできる限り冷たいものを食べないという冷え症の体質改善を行った結果、なぜか眠気がありました。

眠気はあまりにもひどく1日中寝てしまっていることもあるため温かいものを食べるのは私の体には合わないのかと悩んでいましたが、回数を重ねるごとにめんげんは感じなくなっていき、最終的には冬でも冷えをそれほど感じない体質になっていました。



「めんげん時期になると日常的に腹痛に見舞われるようになり」


―――――――――――――――――          
●性別:男性
●年齢:40代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:冷たいものはなるべくとらず夏でも温かい飲み物を取るように心がけました
●症状が発生したタイミング:3ヶ月から半年
●症状:下痢
●具体的なめんげについて:

生まれたときから体が弱くアレルギー体質なので、アレルギーを少しでも緩和する目的ではじめました。

自分の出来そうな温かいものを常に取るという冷え取りを実施したのですが、めんげん時期になると日常的に腹痛に見舞われるようになり凄く辛かったのですが、それが過ぎるとアレルギーが少しずつ改善し始め、今では花粉症にも悩まされないような体になりました。



「おしりや腰に湿疹ができはじめました」


―――――――――――――――――          
●性別:男性
●年齢:30代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:腹八分目や体温遠上げる食材を取ったり、靴下の重ねばきや半身浴30分、筋トレを行った。
●症状が発生したタイミング:1ヶ月未満
●症状:下痢や腹痛が主
●具体的なめんげんについて:

半身浴が習慣になったころ、おしりや腰に湿疹ができはじめました。腰の湿疹が落ち着くと、今度は両足のすねに湿疹がでて、かいて、かさぶたができた。

足のすねの次は、顔に痛みを伴う吹き出物が出た。原因不明の腹痛があり、なんだろうなぁと思いながら昼食を食べ、午後の仕事をしていると、だんだん腰が痛くなってきて、座っていられなくなりました。肩や膝、足首などの関節が痛みだし、熱がでてきたように感じましたが、なんとか仕事を終え帰宅。体温をはかってみると、38度を越えていましたので湯たんぽを入れ、白湯を飲んで寝ました。



「生理不順で生理痛もひどかったです」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:30代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:半身浴、靴下の重ね履き、食べ過ぎない、砂糖・コーヒー断ち、冷たいものを食べない
●症状が発生したタイミング:1ヶ月未満
●症状:頭痛、便秘、体のだるさ、めまい、蕁麻疹、イライラ
●具体的なめんげについて:

夏場でも手足の冷えがあり、風邪をひきやすかったり、疲れやすく、体力もありませんでした。また、生理不順で生理痛もひどかったです。妊活を意識するようになり、テレビで見た冷えとり健康法を始めました。


始めてから一ヶ月経たないうちに、便秘、頭痛、体のだるさやめまい、蕁麻疹、ささいなことでイライラするなどの症状がありました。もともとそのような不調はなかったので不安になり、イライラするし、だるいのでコーヒーや甘いものが欲しくなり辛かったです。


ただ、めんげんについて知っていたので、この時期を乗り越えれば良くなると信じて耐えました。だいたい2?3週間は続いたと思います。 始めてから2ヶ月目頃には辛かった症状はなくなりました。その頃には手足の冷えも改善されて、平均体温もあがりました。以前より疲れにくく、生理不順もなくなり、体調を崩すことも減りました。



「信じて続けることにしました」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:20代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:絹や綿の靴下を常に履くことと、半身浴を毎日すること
●症状が発生したタイミング:3ヶ月から半年
●症状:湿疹
●具体的なめんげについて:

冷えとりを始めてから三か月ほどで、足首を中心に湿疹ができるようになりました。 普段あまり肌荒れはしないので、何かにかぶれたのかと思いましたが、 なかなか改善しないのでとても不安を感じていました。

念のため皮膚科にも行きましたが、結局原因はよく分からずじまいでした。 ただ、他に体調が悪いということはなく、冷えも軽減されてきている実感があったので、 信じて続けることにしました。

あまり気にしないように過ごしていると、 だんだん湿疹が目立たなくなってきて、 身体全体が軽くなったのが分かりました。



「冬には肌荒れもだいぶ治まりました」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:50代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:半身浴、靴下の重ね履き、食べ過ぎない、砂糖・コーヒー断ち、冷たいものを食べない
●症状が発生したタイミング:1ヶ月未満
●症状:咳、体のかゆみ
●具体的なめんげについて:

元々、手足の冷えがひどく、指先の感覚がマヒするような感じになったりしていた為、 取り組んでみました。

気管支、肌に影響が出ましたが、もともとその箇所が弱かったのであまり気にはしません でした。が、かゆみがけっこうひどく、かいてしまうので肌荒れに繋がってしまい、 背中はとくにボロボロでした。

やめたほうが楽な事は明らかでしたが、夏のうちになんとか改善できればと思い、 毎日ベビーパウダーで対処し(パウダーがしみる痛みのほうがかゆみよりマシで、 その刺激でかゆみがやわらぐので)頑張ったところ、その年の冬は、 いつもより指先が痛くならず、また寒いと騒がず過ごせた気がします。

冬には肌荒れもだいぶ治まりました。



「今は体内にあった毒が出ている」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:30代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:靴下の重ね履き、陰性食品をできるだけ摂らない
●症状が発生したタイミング:2ヶ月から3ヶ月
●症状:倦怠感、イライラ
●具体的なめんげについて:

以前から仕事のストレスによるイライラがあり、 冷え取りをしたことで悪化したのを感じました。

気の持ちようだと考えて、今は体内にあった毒が出ているのだと思い、 やり過ごしました。



「体温も少し上がり、体が軽くなった気がします」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:40代
●結果:冷えとりで冷えは改善した
●実施した方法:靴下重ねばき、半身浴
●症状が発生したタイミング:1ヶ月未満
●症状:大量の汗をかく、下痢
●具体的なめんげについて:

昔から冷え性で、冷えからくる肩こり、頭痛で長年悩まされてきました。 何とかしたいと悩んでいた時、冷えとりを知りました。

冷えとりをしだしてから、末端は冷えるのにのぼせて汗が吹き出すように流れたり、 お腹を下すようになりました。

体調不良だと思っていたら、それはめんげんという好転反応だと教えてもらい、 その事を聞いてから、気持ちが前向きになり、しばらくすると体調面も少しずつ 回復してきました。

すっかりよくはならないですが、体温も少し上がり、体が軽くなった気がします。



「ぐっすりと眠れるようになりました」


―――――――――――――――――          
●性別:男性
●年齢:50代
●結果:睡眠が深くなったような気がします。
●実施した方法:まず足元をと思い、靴下を買って対処しました。
●症状が発生したタイミング:半年から1年
●症状:不眠
●具体的なめんげについて:

もともと冷え性で睡眠に入るまで時間がかかっていましたが、 対処を始めてしばらくするとぐっすりと眠れるようになりました。



「薬をのまなくてもよくなりました」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:30代
●結果:改善した
●実施した方法:絹、綿素材の4枚重ね靴下。レッグウォーマー。レギンスの着用。湯たんぽ
●症状が発生したタイミング:2ヶ月から3ヶ月
●症状:背中とお腹のかゆみ
●具体的なめんげについて:

酷い冷え性で、足がいつも冷たくて不快でした。生理の時には生理痛が酷く、薬飲んでいました。 まず、冷えとりをしたことで足の冷たさが緩和されました。靴下のほどよい暖かさが合っていたようです。

しばらく続けていたところ、身体のかゆみが現れました。めんげんのことを知っていたので、かゆみを我慢して冷えとりを続けました。 お風呂で暖まりながら、絹の生地で身体をこすってかゆみを和らげていました。

しばらく続けていたことで、かゆみはおさまり、生理痛も緩和され、少し痛みはあるのものの薬をのまなくてもよくなりました。 順調に妊娠、出産もできました。



「続けていれば冷えに悩まされずに済んだのでは無いかと後悔しています」


―――――――――――――――――          
●性別:女性
●年齢:20代
●結果:改善しなかった
●実施した方法:40度の熱いお湯に毎日30分浸かりました。又、マッサージに週一回通いました。
●症状が発生したタイミング:2ヶ月から3ヶ月
●症状:湿疹
●具体的なめんげについて:

元々足先が冷たく冷えに悩まされていました。冷えとりを実施してから2カ月で湿疹がでるようになりました。 蕁麻疹が出るのが辛くて冷えとりを途中で断念してしまいました。

根気よく続けていれば冷えに悩まされずに済んだのでは無いかと後悔しています。


―――――――――――――――――


以上、私を含めた冷えとり実践者さんのめんげんをまとめてみました。 ぜひ、症状が悪化したから止めるのではなく、すこし我慢して実践してみてください。


その先にきっと体調が良くなった自分に出会えるはずです。


utataneでも冷えとりグッズを販売していますので、気になる方は御覧ください。


【 ⇒商品はこちら 】

コメントする

名前

URL

コメント

新規会員登録

お客様からの商品評価レビューはこちら

税込8,000円以上送料無料

Q&A

Twitterのアイコン facebookのアイコン Instagramのアイコン

utatane Amazon店

utatane Yahoo店

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休業日

お問い合わせ:平日10時~17時まで
(電話に出られないこともございますのでその際はメールをお願いします。)
土日祝日は定休日です。
※午前9時までのご入金確認で
当日出荷になります!

tel:03-3866-8188
cellphone:090-9155-0662
mail:info@utatanestore.jp

オーナー紹介

当店のHPをご覧いただきありがとうございます。


私自身20代後半に体の不調が出てきたことをきっかけに偶然本で冷えとり健康法に出会い、いままで続けてきました。
今では頭痛や生理痛等解消でき冷えとりのすばらしさを実感しています。
ですがそれと同時にまだまだ冷えとり用のアイテムが少ないと感じており以前仕事で関わりのあった国内ニット工場にお願いして2014年からシルク等高品質素材を使ったニット製品の企画、販売を始めました。企画と販売を1人で行っているため色々と至らない点があるかと思いますが冷えとりを実践する女子たちのために一生懸命がんばっています!


冷えとり健康法を実践されている皆様により安心で着心地良い商品を提案させて頂ければと思っています♡


ブログでは新商品のご案内や再入荷、時々プライベートなこと等随時更新しています。よろしくお願いします!


プロフィール
紀子
1982.10.09生まれ



店長日記はこちら >>

冷えとりのキーワード

冷えとりQ&A

冷えとり関連の記事

絵解説



めんげん体験談

めんげん体験を募集しています。
>>こちらへ

ページトップへ