ひえとりソックスお店 utatane

くつしたの重ね履きで温かくナチュラルな暮らしへ

Utataneの電話番号

冷えとり靴下/天然繊維/シルク 人気冷えとりソックス通販専門店


冷えとり関連の記事

「冷え」ているから「食べすぎる」!?食事のバランスが冷えを起こす


こんにちは。
ひえとりソックスのお店 utataneの高橋です。

この記事をご覧になろうとしているあなたは、「冷えとりと食事」についての情報をお探しなのではないでしょうか。この記事では、「体(冷え)の仕組み」「食べすぎと冷え」「冷えとりに効く食事」「経験者のオススメの食事~①ショウガ湯、②人参ジュース、③小豆入り玄米」について解説していきます。

もし、このようなことを知りたい!お探しなら、是非この記事を最後まで読んでみてください!あなたの疑問や知りたい情報をまとめていますよ。悩みや疑問を解決するために、活用していただけたら幸いです!


冷えと食事は、関係があった?「冷え」ているから、「食べすぎる」



「冷えとり」に悩んでいると、外側から治そうと考えがちですよね。例えば、「カーディガンを羽織る」「お風呂に入る」など思い浮かびます。でも、「冷え」は「身体の内側(内臓)」からきているって、知っていますか?

「これが本当の「冷えとり」の手引書」進藤義晴・進藤幸恵 引用より



東洋医学の古典には

「草根木皮(そうこんもくひ):漢方薬など、これ小薬」
「鍼灸、これ中薬」
「飲食衣服、これ大薬」

が、あります。要するに、「治療法・健康法の中で【飲む・食べる・着ることなど日常生活を正しくすることが、最大の薬】ということ」

「なんだ、こんなこと?毎日やっているよ」と思いますよね?

でも、「正しく生活しています」と胸を張っていえるでしょうか。どんな技術や知識・薬より、「正しい生活が何より大事」だと、進藤義晴さんは訴えています。私も、今までの生活を思い返すと、「冷え」を呼ぶ生活をしていたなと反省しました。

ここから、「冷え」と「食べすぎ」の関係を紹介します。始めに、「冷え」の仕組みについて、簡単に解説しますね。

進藤義晴さんの上記の本から、引用しています。


「体には「自然治癒力」があり、常に正常に戻ろうとする力を秘めている」
「自然治癒力で元に戻ろうとしているのに、それを邪魔する要素=「冷え」があると戻れない」

「邪魔なもの(冷え)をとり、後は体に備わっている力にまかせればいい」


すなわち、「冷え」をとれば、病気などの症状は、自然に「治る」ということです。すごく「シンプル」だと思いませんか?自分の体に、治る力があると思うと、勇気が出てきます。

もう少し補足しますと、「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」は、ご存じですか?「常に頭が涼しく、足元は温かくすること」が、体にとって良い状態のことです。

体の上半身は、重要な臓器(心臓・肺・肝臓・消化器(膵臓・脾臓)・腎臓)脳も24時間常に働いています。これにより、頭や胴体は、発する熱によって温かい。しかし、内臓が少ない下腹部・足元は、いつも体温が低く冷えている。

東洋医学では、「陰陽2種の気が、体内を循環していれば、健康!循環が乱れて滞ると病気になる」考えです。「陰の気は下から上に上り、陽の気は上から下へ下る」性質をもっています。

陰の気は、冷たいところが好き・陽の気は、温かいところが好き!足元が、冷たくて、上半身が温かいと、陰の気が上がらず、陽の気が下がらず、気が巡らなくなる。気が巡らないことは、血が巡らないことと同じことです。

こうした「体の上下の温度差」の状態が、「冷え」です。「冷え」の状態が、悪化すると「病気」の症状が出てくるようになります。いかに、「冷え」が恐ろしいものか、わかりますね。

次に「食べすぎ」は、良くない理由は食べすぎると「悪玉コレステロール」が増える・「血中コレステロール値が上がることで、「血液が粘っこくなる」コレステロールがたまると、血管の壁が厚くなって通り道が狭くなり、血の巡りが悪くなる。そして、末梢まで血液を送るためには、血圧を上げる=高血圧にもなるわけです。

進藤義晴さんは「病気のほとんどは、食べすぎが原因」で起こると語っています。

私たちが何気なく毎日とっている食事は、見直す必要がありそうですね。「食べすぎ」にならない注意点は、

①よく噛んで食べること
ろくに噛まないで食べると、せっかくの栄養が十分に体に入らない

②早食いしないこと
早食いすると、なかなか満腹にならず、多く食べてしまう

③食事をする時は、食事に専念すること

「ながら食べ」は、内臓にいくはずの栄養が、テレビやスマホを見ていると、頭にいってしまうそうです。つい忙しく食べてしまう習慣は、やめた方がいいですね。

進藤義晴さんによると、「冷え」は「食べすぎ」に関わっている。冷えて、消化器が調子を崩すと、「食欲が狂って、たくさん食べたくなる」んだとか。

調子が悪い時ほど「ドカ食い」するのは、このためですって!身に覚えがある方は、多いはず!私にも、当てはまり言葉も出ません。ストレス解消に、ドカ食いなんて、今すぐやめた方がいいでしょう。

食事は、よく噛み「腹八分目」を心がけると、体が正常に戻り、無理なく食べすぎがおさまります。私も、「腹八分目」を実践していますが、「どうしても食べたい」欲求が出てこなくなりましたよ!


冷えとりに効く食事とは・・・



http://education-lab.starbrain.jp/blogs/post16918/

あなたは、「マクロビオティック」という食事法を知っていますか?歌手のマドンナさんや欧米などのスーパーモデルが良い食事法だと話題になりました。

でも、「マクロビオティック」は、日本人の桜沢如一さんが提唱した食事法です。石塚左玄の「食物養生法」と中国の「易」の陰陽を組み合わせた「玄米菜食」自然に則したものですよ!「マクロビオティック」の基本理念は3つ!

①一物全体(いちもつぜんたい)・・・ひとつのものを丸ごと食べる

②身土不二(しんどふじ)・・・暮らす土地の旬のものを食べる

③陰陽調和(いんようちょうわ)・・・すべてのものに「陰」「陽」があり、陰陽のバランスがとれた状態=中庸が重要

体にも、食事やすべてのものに「陰」「陽」が関係していることがわかりましたね。>もう少し「陰陽」について、詳しく説明します。

食べ物には、

①体を冷やす食べ物(陰性)上に上って伸びる・熱帯地域で採れる食材は、体の熱を下げる働きがある・・・きゅうり・なす・トマト・果物など

②体を温める食べ物(陽性)地中に向かって伸びる・寒い地域で採れる食材は、体内を温める働きがある・・・にんにく・人参・ごぼう・かぼちゃ・じゃがいもなど

③中庸なもの・・・陰陽のバランスをとる:穀物・海藻類・豆類など



上記を知れば、「冷えとり」には、体を温める食材を積極的にとれば良いことが分かりますね。ただ、体を温めたいと、偏りがちはオススメしませんよ。何事にも「バランス」が必要だと覚えておきましょう。


冷えとり経験者がオススメする食事は・・・



私が、効果があった食事を3つご紹介します!

①ショウガ湯
②人参ジュース
③小豆入り玄米

①ショウガ湯
朝目覚めて白湯を飲んだ後に、飲んでいます。材料は、「すったしょうが」「はちみつ」「お湯」「シナモンパウダー」の4つです。

全てを混ぜて飲むと、体が温まりますよ!是非試してみて下さいね。

②人参ジュース
材料は「人参1本」「レモン4分の1」「りんご4分の1」「水200ml」をミキサーで混ぜて、朝食前に飲んでいます。体の細胞が元気になってきて、1日快適に過ごせますよ!

③小豆入り玄米
毎日、米ではなく、「小豆入り玄米」を土鍋で炊いて食べています。玄米は水でふやかしたり、土鍋で炊くと蒸らしたり、と手間はかかります。

ですが、冷えが和らぐ・腹もちがよい・便通スムーズ・肌がキレイになる・良い睡眠がとれるなど、メリットが多いので、続けていますよ。

小豆は、女性にとって必要な栄養分がたっぷりあるので、入れると「赤飯」のような味わいが楽しめます!私は、若杉友子さんのレシピで作っています。「長生きしたけりゃ肉は食べるな」の本を参考にして下さいね。

「陰陽を取り入れた【食養】について」や「冷え」についても、わかりやすく解説していますよ。



私は3つの方法で、以前より「冷え」が和らぎました。参考にして頂けたら嬉しいです。


まとめ



「冷え」と「食べすぎ」などで食事には、密接な関係がありました。「冷え」は、あなたが食べたものから、きていると言っても過言ではないですよ。

「陰陽」の食養にも、気をつけて、バランスよく食事を楽しみたいですね!体に「入れる(食べる)」の重点を置くのではなく、「出す(排便)=毒出し」をしてから、「食べる」を意識することが、体にとって調和がとれる状態です!きっと、体も、心も軽くなることでしょう。

あなたの「冷え」が楽になって、「温かい生活」が過ごせますように。この記事が、「冷えとりの食事」の参考になりましたら、幸いです。

コメントする

名前

URL

コメント

新規会員登録

お客様からの商品評価レビューはこちら

税込8,000円以上送料無料

Q&A

Twitterのアイコン facebookのアイコン Instagramのアイコン

utatane Amazon店

utatane Yahoo店

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休業日

お問い合わせ:平日10時~17時まで
(電話に出られないこともございますのでその際はメールをお願いします。)
土日祝日は定休日です。
※午前9時までのご入金確認で
当日出荷になります!

tel:03-3866-8188
cellphone:090-9155-0662
mail:info@utatanestore.jp

オーナー紹介

当店のHPをご覧いただきありがとうございます。


私自身20代後半に体の不調が出てきたことをきっかけに偶然本で冷えとり健康法に出会い、いままで続けてきました。
今では頭痛や生理痛等解消でき冷えとりのすばらしさを実感しています。
ですがそれと同時にまだまだ冷えとり用のアイテムが少ないと感じており以前仕事で関わりのあった国内ニット工場にお願いして2014年からシルク等高品質素材を使ったニット製品の企画、販売を始めました。企画と販売を1人で行っているため色々と至らない点があるかと思いますが冷えとりを実践する女子たちのために一生懸命がんばっています!


冷えとり健康法を実践されている皆様により安心で着心地良い商品を提案させて頂ければと思っています♡


ブログでは新商品のご案内や再入荷、時々プライベートなこと等随時更新しています。よろしくお願いします!


プロフィール
紀子
1982.10.09生まれ



店長日記はこちら >>

冷えとりのキーワード

冷えとりQ&A

冷えとり関連の記事

絵解説



めんげん体験談

めんげん体験を募集しています。
>>こちらへ

ページトップへ