ひえとりソックスお店 utatane

くつしたの重ね履きで温かくナチュラルな暮らしへ

Utataneの電話番号

冷えとり靴下/天然繊維/シルク 人気冷えとりソックス通販専門店

♡utataneは冷えとり靴下の通販ショップです。

当店で取り扱っている商品は冷えとりを実践しているオーナー自らが企画し
顔の見える国内工場でじっくり編立て、縫製された安心のオリジナル商品です!
ひとつひとつの形・素材にこだわり、冷えとり靴下のほかに
化学繊維を入れないお肌にやさしいシルク、オーガニックコットン素材の
インナーも取り扱っております。
「冷えとり健康法」を本格的に、かつ楽しく行っていただけるものづくりをしています♡

冷えとりのキーワード

冷えとり靴下の履き方

冷えとり靴下の履き方

冷えを持っている体は、色々な不調を引き起こします。
冷えを改善する為に温かいものを食べたり、厚着をしたりといろいろ工夫しているのに、なかなか体の芯から温まらないという方におすすめなのが冷えとり健康法です。
冷え取り健康法は、元お医者さんである進藤義晴氏が東洋医学の観点から考え出した、「万病を治す」健康法で、半身浴+天然繊維の靴下の重ねばきが基本となります。
そこで、効果的な冷えとり靴下の履き方をご紹介します。

【効果的な冷えとり靴下の履き方】

♥シルクとコットン(またはウール)の靴下を交互に履く

1枚目は5本指のシルクの靴下を履き、2枚目は5本指のコットンの靴下を履きます。
3枚目、4枚目は先の丸いシルクの靴下、コットンの靴下を交互に履きます。
ウールの5本指、先丸も取り扱っておりますのでお好みで素材を選択してください。

♥シルクがもたらす効果

シルクは保温性があり、体の排毒を促し、発散させる効果があります。

♥コットンがもたらす効果

コットンは、湿気を吸い取る効果があります。

♥シルクとコットンを交互に重ねて履く理由

シルクで保温をし、湿気、毒素、老廃物を放出させます。
そのシルクから放出された湿気をコットンで吸収することで発散される効果が高まり、汗で足が冷えることを防ぎ、体温を下がりにくくします。

穴が開いた靴下

冷えとり靴下を履くと靴下に穴が開くといいます。
早い人で、一晩のうちに穴が開いてしまうことがあるそうです。
穴が開く理由は、シルクが排毒しているからとされています。
靴下が破れる場所によって、どの内臓に毒素が溜まっているのかわかるのです。

・親指・・肝臓、消化器官
・人差し指・・大腸、肺
・中指・・心臓、小腸
・薬指・・胆のう、肝臓
・小指、かかと・・生殖器関係、腎臓、膀胱

冷えとり靴下を履き始めると自然治癒力が高まり、毒素をたくさん出すことができるようになるそうです。
冷え性の自覚が無いけどなんとなく体がだるいという小さな不調がある方にも、冷えとり靴下はおすすめです。

コメントする

名前

URL

コメント

お客様からの商品評価レビューはこちら

新規会員登録

税込8,000円以上送料無料

Q&A

facebookのアイコン Instagramのアイコン

ピックアップ

腹巻1分丈ショーツ新発売

新登場!オーガニックコットン生理用ナプキン

4足重ね履きセット
冷えとりのキホン!
4足重ね履き靴下

カレンダー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

お問い合わせ:平日10時~17時まで
(電話に出られないこともございますのでその際はメールをお願いします。)
土日祝日は定休日です。
※午前9時までのご入金確認で
当日出荷になります!

tel:03-3866-8188
mail:info@utatanestore.jp

オーナー紹介

当店のHPをご覧いただきありがとうございます。


私自身20代後半に体の不調が出てきたことをきっかけに偶然本で読んだ冷えとり健康法を続けてきました。
長期戦になりましたが今では頭痛や生理痛等解消でき冷えとりのすばらしさを実感しました。
ですがそれと同時にまだまだ冷えとり用のアイテムが少ないと感じており以前の仕事関連の国内ニット工場にお願いして2014年からシルク等高品質素材を使ったニット製品の企画、販売を始めました。企画と販売を1人で行っているため色々と至らない点があるかと思いますが冷えとりを実践する女子たちのために一生懸命がんばっています!


冷えとり健康法を実践されている皆様(と自分のため!)により安心で着心地良い商品を提案させて頂ければと思っています♡


ブログでは新商品のご案内や再入荷、時々プライベートなこと等随時更新しています。よろしくお願いします!


プロフィール
ノン
1982.10.09生まれ


blog


店長日記はこちら >>

めんげん体験談

めんげん体験を募集しています。
>>こちらへ

ページトップへ